大三郎のヤバe全曲解説

 

カニコーセン)(以下カニ)この度はニューアルバム完成おめでとうございます。

 

麗しの大三郎)(以下大三)ありがとうございます。

 

カニ)ロックバンドCRウミモノガタリ解散を経て、はじめてのソロアルバムですが、CR解散のいきさつを教えて頂けますか。

 

大三)メンバー同士の性格のウイッチとでも言うのでしょうかね、そんな感じです。

 

カニ)ウイッチとは?

 

大三)意見が合わないというか、すれ違いというか。

 

カニ)それはウイッチではなくて、不一致ではないでしょうか。

 

大三)とにかくメンバーとは上手く行かなくなっちゃったんです。

 

カニ)ファンの側からするとバンドメンバーすごく仲良さそうに見えましたけどね、特にリードギターのチャボ助さんとは。

 

大三)まあ仕事ですから、チャボ助とは一番仲が悪かったですよ。

 

カニ)チャボ助さんと云えばロックンローラーっぽい破天荒なエピソードには事欠かない方ですが、具体的にどんなところが嫌だったんですか。

 

大三)人の気持ちを考えないというか、俺の家族の悪口とか凄く言ってくるんですよ、なんかいつも上からモノ言ってくるというか、そのくせ居酒屋で注文取るときとか、全然店員さんに声かけれないというか、凄く声小さくて気づいてもらえないから、いつもドラムのドン助が店員さん呼んでくれて、ドン助はいい奴だったんですけど、一昨年の台風で、、

 

カニ)多摩川に流されちゃったんですよね、、

 

大三)ドン助がいればチャボ助と俺ももう少し上手くいってたのかもしれないんだけど、、あの台風が俺たちを滅茶苦茶にしちゃいました。チョチョリーナでしたっけ?

 

カニ)ベースの卍丸さんとはどうだったんですか?

 

大三)あいつは顕正会入っちゃったからね。

 

カニ)今はそちらで随分頑張っておられるみたいですね。

 

大三)まあ卍丸は生い立ちがキツとこもあって。

 

カニ)どんな風に?

 

大三)あいつ生まれが富良野なんだけど、小学3年までキタキツネに育てられたんだよね。

 

カニ)よく小学校入れましたね。では今回のアルバムのことについてお聞きしたいのですが、テーマとかはありますか?

 

大三)テーマなんかないよ、全部その場凌ぎ。その方がロックっぽくない?コンセプトアルバムとか言う奴いるけど、横文字言いたいだけかなっていつも思う。

 

カニ)では曲ごとに聴きどころとか、解説等ありましたら教えて頂けますでしょうか。

 

大三)オッケー、ロックンロール。



 

1.知らない爺ちゃんに捧げる着地しないバラッド


バンド辞めてソロになって、弾き語りのライブしだして気づいたことがあるんだけど、ロングスカート履いてヘアバンドしてる弾き語りの女の子は必ず故郷のおばあさんに曲を捧げるんだよね。あと内股半ズボン丸メガネの山下清みたいな格好で弾き語りしてる男の子は大抵おじいさんのこと「じーちゃん」て歌うの。そんでおばあさんのことは「ばっちゃん」とか「ばっちゃま」とか言うの。は?って思うんだよね、「ちゃま」って何?小林よしのり?って思うの。ただそれだけ。ロックンロール。

 

 

2.コロナにキスミー


俺が高校一年の時の担任の先生が、おばさんの国語の先生で、その頃で多分50才中頃とかだったと思うんだけど、瓜実型の平安顔に白粉塗ってるような見た目の人で、太宰治のことは「ダザイ」、宮沢賢治のことは「ケンジ」、紀貫之のことを「キノ」って偉人たちをことごとく呼びつけにする人だったのね。次の年になって別の高校に移ったんだけど、お別れの朝礼の時に、その先生が体育館の舞台の上で「今日で皆さんとはお別れですが、最後に皆さんにこの言葉を贈ります。プリンセスプリンセスと言うロックバンドを知ってますか?プリンセスプリンセスの歌の中に、こんなフレーズがあります。

 

“ドキドキすること、ヤメラレない”。

 

5年間どうもお世話になりました、さようなら、、、、」みたいな感じの挨拶だったんだけど、そのフレーズはプリンセスプリンセスじゃなくて、リンドバーグなんだよね。だから今度は俺が先生に贈ろうと思って作ったのがこの曲です。

 

 

3.オーバー(過剰)


19歳の時に三軒茶屋のパン屋でバイトしててさ、そこの先輩は大学卒業してからもバイトやりながらアマチュアでバンド続けてるような人で、休憩室で音楽の話とか色々教えてもらってたのね。その先輩が「はっぴいえんど」いいよって言うからレコファンでCD買って聴いたりしてたんだけど、ある日先輩のライブがあるからって西荻窪かどこかまでライブを見に行ったら、その先輩のバンドの名前が「懐中時計」だったわけ。バンドのサウンド的にはペドロ&カプリシャスだったんだけど、なんで「懐中時計」なんだろうな?ってずっと考えてたの。で「はっぴいえんど」と「懐中時計」って文字数が同じだなって気づいて。まあ文字数で言えば「坂東英二」とも同じなんだけど。そうゆう歌。

 

 

4.ラララにできない

 

友達から大黒摩季と藤原紀香がワイン飲んでるだけのYOUTUBEが面白いよって勧めてもらって見たんだけど、それ見てたらなんだか世の中に失望しちゃって。以降ノイローゼになるわ、家庭崩壊しかけるわ散々な目にあってさ。で結局最後はオフコースに救われる自分が居るなって気づく感じのロッカバラード。

 

 

5.スピードラーニング


東京で夜間の大学に通ってたんだけど、昼間はバイトして、夕方バイト先から大学まで歩いて行く途中に結構高級なマンションとか建ってて外国人とかも結構住んでる場所があったのね。そんでそこを歩いてたら白人の5歳くらいの男の子が道端で一人で遊んでて、大きなおもちゃのライフルの銃口を俺の方に向けて「パキューン、パキューン」とか言ってくるの。で周りには人気もないし、なんか一人ぼっちで遊んでて可哀想だなと思ったから、その男の子の遊びに乗ってあげたの。ライフルに打たれたフリして両手で胸押さえながら「やられた〜〜〜」って歩道に倒れ込んだりしたんだけど、パッとその子見ると完全に素に戻っちゃってて、凄い真顔で俺のこと見てんの。で「パァッキュー!(FUCK YOU)パァッキュー!」て大声で叫びながら力一杯中指立てて、そのまま走ってどっか行っちゃったんだけど、ショックでしばらくその場から動けなかった。なんで日本人てだけでいつもこんな目に会わなくちゃいけないんだろうって。 

 

 

6.メリケン粉のRock N' Roll


よくサイゼリアに行くんだけど、ミラノ風ドリアとペペロンチーノ以外注文したことがないのね。ていうか大体はミラノ風ドリアをおかずにしてペペロンチーノを食べるスタイルなんだけど「俺、炭水化物しか食ってねえわ、、、あと水と、、」って怖くなっちゃったことがあって。次の日に車乗っててラジオ聴いてたら、モンゴルの遊牧民は乳製品しか食べないよみたいな話をしてて、なんか結構あれでホッとしちゃったとこある。

 

 

7.風呂上がりのコーヒーゼリー


実家の兄が京都の大学行くのにアパートで一人暮らし始めて、ある日スーパーで丼みたいに大きな容器に入ったコーヒーゼリーが安売りしてたから買って帰ったらしいんだけど、食べるとすごく塩っぱくて、おかしいな?安売りだからかな?と思って賞味期限見ても普通だし、心配になって病院に行ったら肝臓がすごく悪くなっちゃってて、ついでにちょっと躁鬱病みたいなことにもなってて、結局大学辞めて実家に帰って来たんだけど、まああんまり親の言うこと聞きすぎると体にも心にも良くないよって歌。

 

 

8.夕日がまぶしい


尼崎のFさんに2000円もらってFさん用に作った曲。加藤諦三先生の本を読むとさ、心の中に怒りを溜めすぎると病むよっていつも書いてあるんだけど、じゃあどうすりゃいいかはあまり書いてなくて、なんかそーゆーの凄い不親切だなって考えだしたら加藤先生に対する怒りがどんどん湧いてきちゃって、でもどうしたらいいかは本に書いてなくて、するとどんどん怒りが心の中に溜まっちゃって、なんかすごく残念な気持ちで作った歌です。

 

 

9.友達がほしい


高校生の頃よく圭修(清水圭と和泉修の漫才コンビ)の深夜ラジオを聞いてだんだけど、多分その頃はまだJリーグ始まったばかりだったからラモス瑠偉が結構活躍してて、圭がラモスと仲良しだってことラジオで自慢げに話してるんだけど、その時の修の相づちが妙に寂しく聞こえたんだよね、まだ少年だった俺には。だから和泉修がベイブルースの高山トモヒロとケツカッチン結成したときは本当に嬉しかった。

 

 

10.導く方へ


前に高円寺の円盤レコードで「創作」っていう本を買って読んだんだけど、それは円盤のご主人がどこか地方の古本屋か古道具屋で見つけた、どこの誰だか全然わからない或る青年の日記帳まるまるの内容で、青年は小説家になりたいと思いながら親や知り合いに金を借りてパチンコし、酒を飲み、かといって人生を持ち崩して酷く落ちぶれていく感じでもなく、たまに知り合いのツテでバイトに行ったり、そうゆう知らない青年の毎日が言葉少なに淡々と記されてあって、読んでるうちに気持ちがどんどん塞がってくるんだけど、なんで塞がってくるかと言えば、その青年は自分だからだなと気付いたんだよね。

 

 

11.昨日のままで


19歳のとき、生まれて初めて世田谷公園で路上ライブしたんだけど、投げ銭用に開けてたギターのハードケースに公園で遊んでた子供が石や砂をどんどん入れてきて、だけど子供たちすごく楽しそうにしてるから怒るに怒れなくて、結局その場で泣いちゃったみたいなことあって、俺のロック人生において路上ライブはあれが最初で最期だったね。もう一生やらない。

 

 

大三)だいたいそんな感じ。

 

カニ)麗しさん、解説ありがとうございました。CDたくさん売れるといいですね。

 

大三)正直、サブスクとかやりたいよね。

 


 

11曲入り500円

 

ライブ会場と通販サイトで販売中です。

ライブ → / 通販 →