年末おすすめライブご紹介

毎年12月はライブが他の月に比べて多めなのですが今年も10本あります。どれも見て欲しいのですがワンマンライブとか師匠と一緒にするやつとか、お客さん来てもらわんと困る系も何本かあるので、それ中心に見所などを日付順で紹介しときます。

12月6日金曜日

今年を振り返りワンマン@北浦和居酒屋ちどり

 

最近は関東でライブするとき殆ど居酒屋ちどりでさしてもらってて、なんか気ぃ使わんでエエというか、店主のちどり君が年下やから自然な敬語で喋ってくれるし、僕もタメ口で平気やし、なんかそんな感じでちどりです。ライブの内容はまだちゃんと決めてませんが、辞めたブログの代わりに今年あったことや思ったことを喋りながら、間で曲挟む感じにしようと思います。金曜日やので東京で仕事してる人とか時間的に厳しいかもですが、一人でノロノロ喋りながら演る感じだと思うので、途中からでも是非いらしてください。前回8月にちどりでした時はお酒辞めてピリピリした精神状態でしたが、今はお酒も飲むし、そんなにピリピリせず割と朗らかですので安心してください。いうて急に喋らんくなったりいきなりキレたりしたらごめんなさい。まぁそれはそれで見てて滑稽かもなのでよろしくお願いします。

 

◆12.6(金)今年を振り返って

場所)北浦和居酒屋ちどり

出演)カニコーセン

時間)OP19:00 / ST19:30

料金)1000円と注文

 

12月14日土曜日

メヒカブレ師匠と2DAYS1日目@神戸コマヤ

 

東京の堀川師匠のバンド、メヒカブレスタンダードが1年かけて録音したCD『メヒコ 大地に立つ』の完成記念ライブ神戸編です。ちょうど夏のまだ私が精神的に調子悪かった頃に師匠から録音した全曲を送ってもらって、布団に寝転がりながら通して聞いたら涙が止まらなくて、あれでしばらくは胸のつかえが取れて楽になれたように思う。私が師匠に出会ったのは24年前で、なんかその頃も私は今と同じように意味不明な生き辛さを感じてたけど、師匠の歌声にやっぱり泣いて気持ちを楽にしてたようなことが度々あった。あの頃から自分は精神的に成長してないから今も弾き語りとかしてて、43才になった今、師匠の歌詞とか聞くと良い悪い両方の意味で昔と変わらない青さが残ってて、自分の年相応な感覚に引っかかりを感じるとこもなくはないけど、師匠の凄いところは良いも悪いも全部含めた“それしかない”自分自身を正直に歌で表現し切るとこだと思う。覚悟というか諦めというか潔さというか。それは録音の中でも感じるし、けどライブで歌う姿を目の当たりにした方が何の説明も要らんというか、とにかくあの人がライブで発するエモーションはなんかヤバくて、私の中の黒くモヤモヤしたもんを一瞬どこかへバーーーって吹き飛ばしてくれる。そうゆう体験が私には何度かある。単に私が堀川フリークなだけかもしれないけれど(歌い切る)って感じを師匠以外のミュージシャンで私はあんまり見たことがない。見てると説明のつかない涙が溢れ出てくる。多分この日のライブでも師匠はめちゃくちゃ一生懸命歌うやろうし、多分それを見て泣くんだろうなと思いながら、これ書いてる今も目に涙が滲んでます。いろんな人がCD『メヒコ 大地に立つ』に推薦文を書いてて、師匠のホームページで見れますので参考にしてください。

 

→ アルバム『メヒコ 大地に立つ』に寄せられたコメントをご紹介ページ

 

ほんでこの日は高知の浜口寛子さんが師匠のバンドのサポートとライブで参加してくださいます。

浜口寛子ホームページ

◆12.14(土)メヒカブレスタンダードCD発売ライブ

場所)神戸コマヤ

出演)メヒカブレスタンダード / カニコーセン

ゲスト)浜口寛子

時間)OP18:30 / ST19:00

料金)2000円(飲食持込自由)

 

 

12月15日日曜日

メヒカブレ師匠と2DAYS2日目@元町お好み焼きさか田

 

翌日も師匠と神戸でライブします。趣向を変えて前日のライブの打ち上げを昼間にしながらライブも見てもらう感じになります。ライブは師匠の別ユニットていうか、一人でやるバージョンのアントニオバンドレスの歌を中心にやってくれはるそうです。持田香織もタクシーで口ずさんだという名曲「なごり時計」はアントニオバンドレスでの作品で、他にも「シマウマ」とかやばい名曲たくさんあるのですが、師匠がたまに仕事中の私に電話してきて、百万本のバラの替え歌のアイデアや、唱歌:秋の夜長と秋野暢子の健康ダイエットを掛け合わせた曲のアイデアを電話口で歌って聞かせてくれるだけで、なぜか師匠はあんましアントニオバンドレスを人前でやりたがらない。もし私が師匠ならアントニオバンドレスをメインにライブしたりR-1のオーディション受けたりするのに。関西でアントニオバンドレスの曲を聞けるのはこれが最初で最後かもなので、気になる方は是非聞きにきてください。ちなみに師匠はフリッパーズギターとかと同年代で、見た目とか生き様はぜんぜん違いますがパロディーセンスとかサンプリング感覚とかは渋谷系の彼らと共通してると思います。こういうの時代性ていうんですかね。

 

アントニオバンドレスの2012年のライブ映像がYOUTUBEにありましたので参考にご覧なってください。

◆12.15(日)メヒカブレ打ち上げ&ライブ

場所)元町お好み焼きさか田

出演)アントニオバンドレス(メヒカブレの堀川) / カニコーセン

時間)OP14:30 / ST15:00

料金)投げ銭&オーダー

 

師匠とのライブ&打ち上げが多分17時とかに終わって、ちょっとダラダラしてるうちに師匠が東京に帰る新幹線の時間になると思うので師匠が帰ったのを見計らって、カニコーセン今年を振り返る&師匠2DAYSを振り返るを一人でやりたい思うてます。

 

さか田

12月19日木曜日

今年振り返り系ワンマンライブ@紀伊田辺Acoustic Life

 

ブログが無くなったので自分の近況をわざわざ青春18切符乗り継ぎで加古川から5時間かけて紀伊田辺まで出向いて喋り、翌朝始発でまた5時間かけてかけて加古川に戻り自宅に荷物だけ置いて仕事行くという熊野古道歩いてナチの瀧に打たれるんよりもだいぶんキビい伝書鳩的苦行ライブ。でもまあ紀伊田辺の無邪気なおっちゃんらの顔見れたら往復移動の10時間のうちの1時間分くらいは楽に感じるかもなだけど、残った9時間はPHP文庫電車の中で読んで勉強の時間に回します。紀伊田辺以外のとこからも頑張って見にきてください。下水臭くてええ街です。

 

◆12.19(木)歌・お喋り・反省・そしてDANCE

場所)紀伊田辺Acoustic Life

   和歌山県田辺市湊13-11

出演)カニコーセN

時間)OP19:30 / ST20:00

料金)2000円(1呑込)

 

12月21日土曜日(昼の部)

銭湯脱衣所ライブ@千鳥橋千鳥温泉

 

この日は昼夜ダブルヘッダーでお昼の部は大阪の此花区にある銭湯「千鳥温泉」さんでライブさしてもらいます。ブログを読んでおられた方とかはご存知かもですが、千鳥温泉さんはカニコーセンで鏡広告出してるお店です。鏡広告の話はデイリーポータルZの記事にもなってます→ 銭湯の鏡に広告を出した話  ライブは銭湯の営業が始まる前の脱衣所でやります。入場料の中に銭湯の入浴代も含まれているので、ライブ後しばらく呑んだり喋ったりして、それから銭湯入って帰るいう流れです。当日の営業時間中(14時半〜23時)は入浴券使えますので、ライブ後一旦出かけて夜また銭湯に戻ってきて入浴することも可能です。食べ物の持ち込みは大丈夫なので、千鳥橋の商店街で弁当買うてきて食いながらライブ見てください。飲み物は千鳥温泉で買ってください。アルコール類も揃ってます。近くにシカクというインディーズ書籍等を扱ってる楽しい本屋さんがあるので、せっかく千鳥橋まで来たのだから行ってみてください。マジ新しい感性に出会えるお店です。

 

◆12.21(土)入浴付ライブ

場所)千鳥橋 千鳥温泉(自転車湯)

出演)カニコーセン

時間)OP11:45 / ST12:15 / 入浴14:30〜23:00

料金)入浴料込1000円(食べもの持込OK:呑みもの×)

 

 シカク

 

千鳥温泉

12月21日土曜日(夜の部)

今年振り返りライブ@京都サロンド毘沙門

 

千鳥温泉で風呂入って湯冷めしながら電車で京都まで移動し、夜は京都のサロンド毘沙門で今年振り返りライブです。確か今年4月に自宅で1回目の事件を起こした翌々日くらいがサロンド毘沙門のライブやって、あの時めちゃくちゃ取り乱したのを振り返ると、ずいぶん私も落ち着いたと思います。まあ家族やライブに来てくれる人や一緒に飲みに行ってくれる友達や愚痴を延々聞いてくれる仕事場のパートさんのおかげだと思うけど、自分だって自分なりには加藤諦三の本読んで頑張ったとは思う。なんかそんなん振り返りながらのライブです。春夏とカウンセリングによく通ってましたが、あれはカウンセラーの人が信用できる人やという考えの上で安心してベラベラ喋りながら心を整理するいう行為なのかなと思いますが、サロンド毘沙門のサッカさんもライブに集まってくれるお店の常連さんも私にとっては安心できる人やので、逆有料カウンセリングみたいな感じで自分のことをベラベラ喋りながらライブさしてもらおうと思います。

 

◆12.21(土)今年を振り返って

場所)京都サロンド毘沙門

出演)カニコーセン

時間)OP19:00 / ST19:30

料金)1000円+呑みオーダー

 

 

サロンド毘沙門 

12月27日金曜日

カレー&ディジュリドゥライブ@神戸ニューヤスダヤ

 

あんまり外でカレー食べたりすることなかった人生ですが、今年ニューヤスダヤが出来てからはニューヤスダヤでキーマカレーばっか食うて完全に中毒になってまいました。カレー屋さんでお酒呑んだことないんですがヤスダヤさんにはカレー屋のアテいうのがちゃんと沢山あって、そんなんつまみながら呑むいう体験をされてみてはいかがでしょうか。もちろんカレーも食うてください。ライブは投げ銭なので、まあ僕がなんかやってるのをBGM的に眺めてもらえたら有難いです。お店がある西出町の雰囲気も面白いですよ。ちょうど世間的には仕事納めの日っぽいんで知らない街までハメ外しにいらしてください。

 

◆12.27(金)ニューイヤーロックフェス

場所)大衆スパイス酒場ニューヤスダヤ

   神戸市兵庫区西出町2丁目17-18

出演)カニコーセン / ディジュリドゥあいださん

時間)OP18:00 / ST19:00

料金)投げ銭&The呑み喰い

 

 

ニューヤスダヤ

12月30日月曜日

豊田道倫みのようへいカニコーセン激突ライブ@北堀江FUTURO

 

豊田さんからツイッターのDMでライブの誘いもらった前日が、三宮で某フォークの大御所みたいな人と対バンやったのですが、なんかもう疲れてもたというか、嫌になったというか、弾き語りとかマジ辞めよかなとちょっと思ってて、ちょうどそのタイミングで豊田さんから連絡来たからあまりに起死回生で、思わず仕事場で一人泣いてもうた。あまり普段から音楽聞かなくて、ライブハウス以外のインディーズ的なミュージシャンのことも、春一番みたいな界隈もカニコーセン始める前は何も知らないし興味もなくて、今やってる日本のミュージシャンの中で昔から自分が好きで知ってるミュージシャンてパラダイスガラージくらいだと思う。

 

パラダイスガラージ:豊田道倫

20代中頃にバイトしながら大阪の北区で一人暮らししてて、その時によく聞いてたCD。このCDの中の主人公みたいに自分の周りは女の子がいなくて、それが結構聞いてて辛かった。何やかんやいうてSEX出来てるやん、幸せもんやん自分、思いながらCD聞いていた。天神橋筋6丁目にくると痩せるいうのはどういう意味なのか、女とヤリまくるということなんだろうかとか、CDの中の豊田道倫に何かと嫉妬しながら、それでも友達がこいつしかいないみたいな気持ちでこのCDにしがみついていた時があった。豊田さんの曲は暗い現実を妙に明るく歌ってるのが割と多くて「毎日にオナニーやってるよーう!」とか朗らかに歌える感じが女にモテるのかなと、その頃CDを聞きながらよく分析していた。たしか3曲めのボートに乗ってという歌の途中で女の人っぽい声のコーラスを聞こえてきて、その途端自分は絶望的な気持ちになったけど、よく聞いたらその声はボイスチェンジャーで変えた豊田さんの声っぽく、ホッとしたのを思い出す。それくらいあの頃の自分は女を求め、女に飢えていた青春時代だった。まあ今もあんま変わらん気持ちで生きてるけど。

 

今年は今までの人生の中でも一番節目というか、家族にもしんどい思いをさせたし、自分もしんどかったし、まだ今も問題は解決はしていないけど、けど自分的には何となく上手くやれそうな気も少しはしてて、何とか家族の役に立てるんじゃないかとようやく思える余裕も出てきた。あとまあ今年1ヶ月あるけど、最後のこの日のライブで何かしら今の自分を表現出来たらと思います。

 

◆12.30(月)MT presents みんなの願いがかなう夜に

場所)北堀江 FUTURO

出演)豊田道倫 / みのようへい / カニコーセン

時間)19:00

料金)2500円+呑みもの

 

おまけ

 

 

年内はライブでカニコーセン2020カレンダーを無料で配ってます。

 

お歳暮トートカバン(400円)も年末だけの販売です。

 

カニコーセンジャンパー(6000円)の販売をご希望の方は予めご連絡いただけると助かります。→ お問い合わせ ジャンパーのサイズ等詳細は通販サイトでご確認ください。→ 通販サイト