コブログ290

4月10日金曜日。仕事2連休もろて東京遠征。朝6時前に起きてライブの仕込みと荷物の準備と洗濯もんして出発。バス停で加古川行きのバスを待つが時間になってもぜんぜんバスが来ない。わたしの他に理容専門学校のデカい黒カバン担いだ女の子がウンコ座りでバスを待ってて、その子も何となくバスが来ないのが心配になって来たのか、不意に「ぜんぜんバス来ないっすね」と話しかけてくる。ほんでどちらともなく時刻表を確認すると時間15分間違えてて、二人で「ええ〜〜〜」とズッコける。なんかノリのええ子やった。

新大阪で新幹線に乗り換え。大きなキャリーカバンとギターケースを持ってたので、網棚の置けそうなスペースを探していると、後ろの席のサラリーマンの人が自分の荷物をズラして私の荷物が置ける様に親切してくれた。ライブの料金回収ボックス用に大きい竹ザルも持ってたのだが、わたしの隣りの60才中頃のおばちゃんが竹ザルに反応し「懐かしいな、子供のころ田舎に住んでてよく使った」と話しかけてきた。竹ザルについてを入口にしておばちゃんの昔ばなしを聞き始め、約5分後「旦那と離婚したいけど出来ない」みたいな話題に移行。ちょっと興味あるなと思って相槌と合いの手を続けたら、おばちゃんは自分の家庭のことをどんどん喋りだし、岡山に娘家族、東京に息子家族、孫可愛い、息子筑波大学出たあと役所勤め、息子10才の時に当時珍しいパソコン買い与える、旦那の両親の介護10年、義理のお母さんが死ぬ前に云うてくれた「ありがとう」に救われた、けど旦那から「お前が介護したから親が早く死んだ」って云われる、旦那から「お前は金で買われた女(結納のこと)だ」と云われる、お墓どうしますかね?逆に若い人の意見も聞きたい、どうします?等々、東京駅に着くまでの3時間弱、ずっとおばちゃんの話を聞くことになり、新幹線乗ってる間にパソコン作業やるつもりでいたのに、ぜんぜん出来なくて段取り狂い、ちょっと焦る。新幹線が東京駅に着いて別れる際、おばちゃんから「家族や親戚にも云えてないことだけど、誰か知らないあなたやから云えた」みたいなこと云われる。多分わたしへのサービスで云うてくれてるお礼の台詞だと思うけど、まあ自分のこと喋り出すとどんどん云うてまう感じ、わしもあるし、今日のライブはまさにそれすんのかと思ったら、はたしてお金取って観てもらう感じでええもんやろかと、一瞬不安になった。

 

東京駅付いたあと、ライブで使う写真を撮りに三軒茶屋へ移動。野球部の寮を脱走して最初に住んだ風呂無しアパートの現在の状況をまず見に行く。商店街を歩いていると、道の真ん中でウォークマン聞きながら出鱈目英語の洋楽絶唱してる若い女の子が居て、たぶんちょっと気がふれてる感じなのだけど、東京の人はみんな優しいから、誰もその歌ってる女の子を咎めることもなく、居ないものとして通り過ぎていた。そんなん見てると、わたしはニヤニヤが止まらなくて、ニヤニヤしながら歩いてると、大学生くらいの男の子から白い目で見られてるのに気付き、ニヤニヤは一旦中止。住んでた風呂無しアパートのチェック終わって、駅の反対側のSEIYUも訪れ、写真撮って回った。

 

三茶のあと東中野の住んでたアパートもチェックしに行く。そのついでに失踪した友達の上田くんが住んでたサティアンみたいなアパートも見に行った。

すげえやばい雰囲気。

 

なんか中央線の線路に近い行き止まりのこの一帯は、昔からちょつと如何わしい場所で、向かいのアパートでは女の人が中国系の集団に拉致監禁されてニュースになったてこともあった。ほんで自分の住んでたアパートチェック済んで、予約してた恵比寿のカプセルホテルにチェックインするつもりで居たけど、時間がなくなり渋谷の貸し会場へ直接向う。

渋谷駅西口ガード下の山形と云う居酒屋があった場所。そういえば、行きしの新幹線のおばちゃんも山形の人だったな。居酒屋の山形は立ち退きで無くなり、近くの渋谷川沿いも再開発みたいな感じで随分綺麗に変っていた。浮浪者のおっさんが寝てた場所には誰でも憩えるベンチが並んでて、サラリーマンがぼんやり座ってたりしていた。

去年の年末、加古川の貸し会場で性年表のライブしたとき、セッテング〜客入れ〜ライブ〜撤去まで、ほとんど全部一人で遣って、なんか楽かもなと思い、今回の東京のライブも同じ感じで一人で遣ってみようと思ってたのだけど、やっぱ考えが甘かった。始めて使う場所で、舞台の位置決めとか、椅子の列べ方とか、照明の当て方とか全部その場で考えながらやってやり直してを繰り返し、別室から椅子や机運んだりするとかもバタバタ1人でやってたら、あっと云う間に開場しなければいけない時間になり、リハーサルぜんぜん出来てなくて、やっぱ1人で全部やるんまだ無理だと覚った。

どれくらいお客さん来るか予想がつかず、もしかしたら立ち見とかあるかもなと心配してたけど、用意した30席くらいが丁度埋まる感じでうまく行った。けどライブはいろいろ失敗した。ライブ後の片付けの時間を40分くらいと考えてたのだが、準備に掛かった時間から逆算すると、レンタル終了の時間に収めるのがちょっと厳しい気もして、ライブ中もちょいちょいそんなこと考えてたから、集中出来てなかったように思う。けど結局はお客さんに片付け手伝ってもらって、ぜんぜん時間に余裕もって終われた。手伝ってくれた皆さん、どうもありがとうございました。

 

ライブ後の打ち上げは、サラリーマンがぼーっとしてた渋谷川沿いのゾーンで立ち飲み。ライブ終わってホッとして良く喋った。

打ち上げ解散後、恵比寿のカプセルホテルにチェックインする。さっきまでめっちゃワイワイしてたのに、急に寂しい感じなってきて、とりあえず恵比寿駅の回りブラブラしに行く。

もう終電終わってる時間やったけど、金曜やから屋台村みたいなとことかめっちゃ人でごった返してて、さすが東京だけあって人々の鬱憤も相当なもんやと感動した。そんな感じの東京遠征1日目でした。

 

10日ほどライブ空きますが、元町でわたしの性年表5%増強版やりますので、良かったら見に来てください。なんかここ最近の寂しいモードがえらく長引いていて、皆さんのお札カンパなどでなんとか紛らささしてください。どうぞよろしくお願いします。