コブログ281

桜の花びらが風に散ってアスファルトにベチャベチャくっ付いて汚い。

4月11日木曜日。早番。昼休みアートビレッジセンターとニューヤスダヤにライブのチラシ持っていって、ヤスダヤーでカレーとチャイよばれる。

フジツボとかラホツ的なもんを見ると鳥肌立つ。鳥肌立つけどじっと見てまう。

 

仕事のあと元町へライブのチラシ配りにいく。まず汎芽舎レコードでチラシお願いしてレコード観る。レコードの棚パラパラめくって判る名前がクインシージョーンズしかなく、クインシージョーンズのレコード1枚買う。そのあとスペースオーに行く。チラシお願いしてお酒一杯呑んで帰るつもりしてたけど、たまたま出くわしたリーテソンくんと喋ってるうち、気が付くと焼酎3杯呑んでもうてる。

そのあとお好み焼きさか田さんにチラシ持っていく。さか田さんでも瓶ビール1本くらいに納めて、自宅戻ってライブの仕込みするつもりでいたけれど、スペースオーで3杯呑んだ時点でもうどうでも良くなってしまってて、さか田さんでもずるずる呑んでまう。呑んでると仕事帰りの佐藤さんと三宗くんのお姉ちゃん来られて、もうなんかわし楽しなってもうてるのだけど、何回もおしっこに行った事とサービスで出してもろたカルパス喰うてめっちゃ旨いわ思たまでの記憶しかない。

4月12日金曜日。早番。たまたま運よく6時ごろ目が覚めて、ライブの用意してないの思い出し、けど取り敢えず風呂入る。台所に行くと長男の弁当を嫁さんが作っていた。長男が高校卒業するまで6年間と、次男が同じく高校卒業するまでの期間合わせてこれから8年間、嫁さん毎日早起きして弁当作るんか。嫁さんは仕事と家事とPTAの役とベースとコーラスとせなアカンことが朝から寝る間際までずっとあって、せなアカンことする担当大臣やな、それと比べて自分はカニコーセンしながらお酒呑んでお金使いまくって、せんでエエことする担当大臣やわ、とか湯船に浸かりながら思う。風呂の中で昨日の晩のこと、さか田さんで呑んだあといつどんな感じで自宅に戻って寝たのか、思い出そうとしてもぜんぜん出て来ない。呑んだ次の日「記憶ないっすわ」とか云いつつ、実はうっすら憶えてたりして、きまり悪いから記憶ない」とかスカして云うてる場合もないことないけど、最近は全身麻酔したあとみたいに空白で、そんなんなってまう呑みものってマジで毒やと思う。仕事に出掛けるとき財布を見たら120円しかなく、一瞬息子らが財布から金抜いたんちゃうやろかと疑ったが、たぶんお金がなくなるまで呑んだんだろう。ていうか昨晩さか田さんで会計をした記憶もないから、ほんとにちゃんとお金足りてたのだろうか。神戸駅についたらやっぱり自転車いつもの場所に止まってなくて、へんなとこに止めてたけど見つけれて良かった。

 

仕事のあと串カツアガッタでライブさしてもらいに心斎橋へ行く。心斎橋の駅からアガッタまで飲屋街を歩く。金曜なので人通りもまあまあ多い。ときどき体型大きい若い男の人みかけ、そのたび「半グレやろかと怖い目で観てまう。太腿の筋肉とか異様に発達してて前蹴りされたら息止まるやろな。7時前にアガッタ着くと和歌山からライブ見に来てくだすった2人組みの若い女の子が、お店開くのをお店の前でじっと立って待っていた。たぶん全然混まないと思うから、開演時間ちょうどに来ても問題ないでと思ったけど、お気持は嬉しかったです。ありがとうございました。

 

ライブは3組で私がトップバッター。カウンターだけの串カツ屋の隅っこで、ごそごそライブしてる感じが自分で面白かった。2番目はキリングマネーズの玉木さん。心機一転「元今里チャンス」と名前を変えてはった。ソウルフルな歌い方がかっこ良かった。名前をやっぱり玉木英雄にもどそうかな云うてはったけど、ぜったい元今里チャンスの方がいいと思う。3番目はヘイヤングさんとトランペットの南さん。わたしは「やぎあきこのおまんことかは平気で歌えるけど、キープオンムービンとかは口にするのは恥ずかしく、でもヘイヤングさんキーポン!」て云いきってまうんや〜とか思いながら聞いてた。話も上手な方で面白かった。

 

ライブの後そのままアガッタで呑む。物販片付けてたら、ライブ終わってから串カツ食べに来た中南米系の女の子が、英語でハッピー缶バッチ1個買ってくれて嬉しかった。神戸のDJひろしげさんが仕事帰りにライブ見に来てくだすって、新快速の終電、三宮まで一緒に帰った。話してたら「きょう発売日やったんすよ」と云いながら、ディスクユニオンの袋から思い出野郎Aチームのレコード出して見せてくれた。わたしもユーチューブやけど思い出野郎Aチームよく聞いてる。ちょっと悲しげな歌詞とキラキラしたソウルバンドの伴奏にめちゃくちゃ励まされる。しょうもない生活が音楽で輝きだすみたいなこと、生活がしょうもないからこそ音楽の有り難みが増すみたいなこと、希望っていうんですかね、そういうのってちゃんとあるかもなって気分になれる曲、聞いていただきましょう、思い出野郎Aチームさんで「ダンスに間に合う」どうぞ。

加古川駅着いてホームからエスカレーター降りたとこで、酔っぱらいが吐いたゲロを、係のおっちゃんが項垂れながら掃除していた。やっぱアルコールが一番ひとに害もたらす。

4月13日土曜日。遅番。長男の中学校の教科書やら制服やら体操服やらその他もろもろの持ちもんが増え、ほんで小学校で使ってたもろもろの要らんもんがまだ片付けれておらず、ちょっと改めて棚とか整理しつつ家の模様替えをせななと焦るのだが、わたしの独断ではやれないし、なので連休中にみんなでやることになった。日取りが決まると気持がスッキリする。土曜やけど嫁さんは仕事に出掛けていった。明日もライブで午前中から夜まで大阪行くし、掃除機かける暇もなさそうなので、ライブの準備は明日の朝することにして、ざーっと掃除機してから息子らが昼喰う焼飯とラーメン用意して仕事出かけた。

 

あしたのお昼に釜ヶ崎のお店で段ボール紙芝居の飯田華子さんとライブさしてもらいます。いつになくライブの予約が私のとこに届いてまして、今朝お店に確認しましたら定員30人くらいの予約21名とのことでして、まだ少しお席ありそうなので良かったら見に来てください。カニコーセンが先に50分演奏して、そのあと飯田華子さんの紙芝居があります。呑みながら紙芝居観るの私も楽しみです。前売り予約希望の方は こちら に(お名前・枚数)書いて送ってください、ヨロシクお願いします。

 

◆ 4.14(日飯田華子&カニコーセンのツーマンショー「発芽」

場所)西成 釜晴れ

   大阪市西成区萩之茶屋2-7-5

   080-1438-2702

出演)飯田華子(ダンボール紙芝居) / カニコーセン

時間)OP13:00 / ST14:00

料金)予約2000円 / 当日2500円