コブログ280

4月8日月曜日。遅番。次男は新年度始まって登校。長男は休みなのでコタツでゴロゴロ。春休み中、息子らが家にいてぜんぜんシコれず性欲が溜まってるからなのか、嫁さんが女やという理由で見てるだけで朝から興奮したりして、けどシコれんし、なのでガス台と換気扇のフィルターを掃除する。重曹が掃除にもつかえるいうのをちょっと確かめとこかないうのが本当の理由。たしかに重曹でこすると油とれてる感じもする。けど最終的にはマジックリンを使う。

 

掃除のあとライブのチラシをつくる。チラシに使えそうな写真ないかなと本棚見てたらヒロミックスの写真集があり、嫁さんこんなん嫌いそうやし、たぶんわしが古本屋で買うもんないときに適当に買ったものだと思うけど、はじめて中身を見てみる。なんかケチャップがベチョベチョになってる写真とか90年代っぽいなと懐かしく感じる。映り込んでる街の景色が古くて、平成も最初は昭和だったのがよくわかる。

仕事の休憩時間にカンプリへコピーしに行く。チラシばっか作ってないで新しいCD作らんと貯金減るばっかし。ライブは元町スペースオーの平日3時間シリーズのいっかんです。喫茶ポエムでわたしの性年表したんが3〜4年前やので、まだ見てない神戸の人おられたら是非よろしくお願いします。

仕事のあと前日のライブのお礼云いにのぞみ青果へ行く。最近、お酒が入ってないとぜんぜん人と会話する気が起こらないので、吞み屋での会話を円滑に始めるために、吞み屋さん行く前にまずコンビニでキクマサ買って、1PAC呑むようにしている。この日はその後のぞみ青果で瓶ビール2本呑んで泥酔し、また帰りにコンビニ寄って1PACとチキンカツサンド喰いながら帰宅。サンドイッチの食パンが歯と歯の間にめっちゃ挟まる。

鉄道の忘れ物市みたいなんで、傘とか売ってるのは判るんだけど、ベルトが大量に売られてるのをよく見かけ、車両にベルト忘れるってどういう状況なんやろと思うが、こうゆう状況かな。

 

4月9日火曜日。早番。次男に5年生のクラス替えどうだったか聞くと、近所の仲のええ子らと一緒になれたみたいで喜んでいた。長男は中学校の入学式。わたし自身の中学校の入学式のことなんて写真とかも残ってないので忘れてしまったが、詰め襟の学ランぶかぶかで着てる長男を見ながら、わしもあの頃はこんなに幼かったんやな思った。中学行ったらもうほとんど大人みたいな気分で居たが、それは田舎ヤンキーな土地柄がそうさせてたようにも思う。

 

昼休憩散髪にいく。田島ハルコさんが刈り上げしてるの格好ええなと思たので、プラージュのおばちゃんに刈り上げ頼んだら、大介花子みたいな髪型になってしまった。もうなんでもいい。

 

仕事終わって自宅に戻ると長男が中学校でもろてきた教科書の束に名前を書いていた。明日から毎朝20分読書の時間があるらしく、晩飯のあと長男が朝読む用の本を買いにツタヤの本屋に行った。わたしはお酒を呑んでしまってたので、本屋へ向う車は嫁さんが運転してくれたのだが、途中の交差点に差し掛かるとき黄色信号で右折の車とぶつかりそうになり、わたしや息子らが「危ねえ」「危なかった」とか騒いでると、嫁さんが「なんかムカついてきた」と怒りをあらわに

ツタヤの本屋に併設して輸入食品を売ってる店があり、着くなりそこで配ってる試飲の珈琲飲んで怒り治める嫁さん。次男がわたしの側に来て「おかあちゃん毎回あれ楽しみにしてんねん」と教えてくれた。

長男が本を探しに来たんと同じように、近所の同級生がお母さんと本を探しに来ていた。ジャンルの指定とかもないらしく、どの本にするか決めあぐねてたので水木しげるの本を長男に薦めたがスルーされた。近所の子は又吉直樹の火花を手に取ってたが面白く読めるんだろか。結局嫁さんの勧めで原田マハ云う人の本とニーチェのエエ言葉集みたいなのを買っていた。ニーチェとか学校持っていったら、何イキってんねん、てヤンキーにどつかれへんか心配。

 

わたしは高校3年まで1冊の本も読んだことがなく、読書感想文書くときも殆ど本を読まずに書いていた。高3で部活が終わった時点でまだ女の子と付き合った経験がなく、本とか読むのも女子から好感もたれる要素かなと思ってとりあえず本屋に行ったが、何読んだええのか全く判らず、松下幸之助の自伝みたいなん買うて読んだらぜんぜん面白くなくて、その後もPHPの自己啓発本みたいなんを面白くないなと思いながら読みつづけ、それが私の人生における読書の始まりだったので、やっぱ初体験の相手悪かったらセックスに対してええ印象持たれへんみたいな感じで、わたしの読書嫌いも始まり方が悪かったせいかなと思ったりする。中学始まってすぐ読書の習慣を身につけさす授業あるのてええなと思う。

4月10日水曜日。遅番。散髪した私の頭を、洗面台の鏡越しに見て嫁さんが「カサゴみたいだね」と問題発言。家族が夫々出掛けたあと、半月ぶりくらいにシコる。これまでならシコる間隔が半月も開けばめちゃめちゃ感動的な気分で空射精してたように思うが、なんか歳のせいか体に疲れが溜まってるせいか、いまいち盛り上がりに欠ける。無料エロ動画に頼り過ぎてるフシもあり、積極性と創意工夫が最近ちょっと足りてなかったなと省みる。

 

仕事のあとカルチア食堂へチラシ持っていく。お店に入ると、お店の仲間内の男の子が呑んでて、もうすぐ子供が生まれるんですと教えてくれた。赤ちゃん生まれてくるにあたり、なんか買うといた方がええもんとかありますかね、みたいな話になり思い返すと、長男が生まれたときは何も判らず余計なもんばかり買い過ぎた感がある。ベビーベッド用の蚊帳を買ったが殆ど使わなかった。赤ちゃんの鼻水吸い取るホースみたいなんも買ったが上手く使いこなせず、鼻が詰まってたら口で息をするので、なくても問題なかった。あと哺乳瓶を煮沸消毒するやつとかも最初何回か使っただけで、次男の時などは最初から普通に食器洗うスポンジでゴシゴシ洗って何も問題なかった。前もって買いそろえるとロクなことなくて“いま必要”ってなってから、ホームセンターへ買いに走るのがいいと思う。12年前に比べて今は宅配ショッピングも充実してるし何も心配なさそう。

 

あしたは心斎橋の串カツ!アガッタ!で投げ銭ライブがあります。わたしトップバッターです。串カツ喰いながら呑めるの楽しみ。

◆ 4.12(金)アガッタ!フライデーライヴ

場所)心斎橋 串カツアガッタ

   大阪市中央区東心斎橋2-1-15 八千代会館B1

出演)Heyyoung / カニコーセン / 元今里チャンス

時間)OP19:00 / ST20:00

料金)投げ銭(1回)&オーダー

 

明々後日は西成で昼間のライブ。予約まあまあ貰てますが、まだまだいけます、受付中です。こちらにお名前と人数をお送りください。→ こちら

◆ 4.14(日飯田華子&カニコーセンのツーマンショー「発芽」

場所)西成 釜晴れ

   大阪市西成区萩之茶屋2-7-5

   080-1438-2702

出演)飯田華子(ダンボール紙芝居:東京) / カニコーセン(嫁さんと)

時間)OP13:00 / ST14:00

料金)予約2000円 / 当日2500円