コブログ275

桜の開花予想を見てたら神戸は4月6日くらいが満開らしい。サンデー5時までライブが4月7日なので桜見るのにもちょうどええ頃かもしれないです。雨降らないでほしいです。

3月25日月曜日。遅番。仕事の帰りし、神戸駅の構内に近づくと誰かが叫んでる声がして、なんかヤバそうな人おるんかな思ったらスウェット上下のお兄ちゃんが青のプラスチックのメガホンでハイロウズ調のアメージンググレイスを絶唱していた。こういうヤバい人に出くわすと私はじっと見てしまう癖があるので(見るなよー見るなよー)と心の中でとなえつつ、でもチラっとだけ見てもうたら、スエットの人は私の方を見ててバッチリ目が合う。絡まれたらマズいし、歌ってる邪魔してはいけないので、直ぐに目をそらして逃げた。

3月26日火曜日。早番。嫁さんが晩飯に作ってくれたトマト煮みたいなんがめっちゃ旨かったので、勢いついて何回もおかわりし、気が付くと腹が割れそうに苦しい。「腹が苦しい、調子のって食い過ぎた」とか云いながら洗いもんしてると、嫁さんが「きっとヘビもたまご丸ごと飲み込んだあとそう思ってんだろうね」と云うていた。よく肥えてる割りにはすぐ腹一杯になり、年齢とともに飯喰ったあと腹がこなれるまで時間がかかるようになってきた。寝る前にアマゾンのビデオでファーゴ観る。アメリカ人はあんま野菜喰わんでも健康そうやなぁと観てて思った。

3月27日水曜日。ライブで仕事休み。春休みの息子らは宿題もないので朝からゲームばかりしている。わたしは昼過ぎまでダラダラ過ごし、そのあと電車で京都のネガポジへ向う。阪急電車の車窓から見えた公園の桜はチラホラ咲き始めていた。温かくなって来たので、子供を連れて電車で出掛ける人も多く見かけ、愚図ったり叫んだりしてる子供もいた。なだめてるお母さんは大変そうだったけど、子供が愚図る時期もあっと云う間に終わってしまい、いつの間にかスネ毛ボーボー。

ライブハウス着いて16時半から音チェックさしてもらい、わたしが丁度終わる頃に対バンのジャップカサイくんがお店に入ってきた。ジャップカサイくんと会ったのが初めてで、舞台の上から遠目に観たら髪の毛がモジャモジャしてて(もしかしてクオーターとかなんかな)と思い「ジャップカサイくんのジャップは日本人云う意味?」と私が質問すると、そう云う名前の韓国エステがあったらしい。そのあと別の対バンの男の子も来て「カニコーセンです、よろしくお願いします」と挨拶したら、挨拶返してくれたのだけど声が小さく名前が聞き取れず、スマホでライブの出演者をもっかい確認したら、たぶん小西大樹くん。

 

ネガポジでライブさしてもらうんが1月末のゴミやな、カニコーセン」以来だったので、一応はその続きみたいにした方がウケるんかなと思って、戦闘モードの曲順を用意してきたのだけど、リハで耳に飛び込んできた小西くんの曲が素晴らしく、なんか自分がその場しのぎのネタでライブの出番をこなす感じがとても恥ずかしく思えてきて、曲順入れ替えたりした。

リハ終わって開演時間まで2時間くらいあるので、どうやって時間つぶそうか思いながら、とりあえず銀行にお金下しにいく。西院の駅前にレンタルサイクルがあったので、とくに何処へ向うあてもないけど取り敢えず自転車を借りる。

路面電車の線路に沿って進めば嵐山に着くのかなと思って、ゆるゆる自転車をこぐ。住宅地の細い道を通ってると、若いお父さんと小学1〜2年くらいの男の子が、家の前でサッカーの練習をしていた。このお父さんはちゃんと夕方5時に終わる仕事をしてるんなや、けど5時に終わって30分ほどで今のこの状態いうことは勤め先もわりかし近いんやろか、とか想像しながら自転車で蛇行続ける。

京都は碁盤の目のように道が巡らされてる、みたいに教科書で習ったがが、いま通ってるここがどこなのかぜんぜん判らないほど道が蛇行しまくって、行き止まりとかも矢鱈ある。お城に攻め入られにくくする為に、わざと迷路みたいにしてるんだろうか。それか教科書的にはこのあたりはもう京都とカウントされないんだろうか。

散歩の目的地がないので遠くに見えた給水塔へ向ってみる。

 

団地かと思って近づくと京都帝酸と云う会社だった。住宅地をグネグネしてる最中、どこからかゴムの焦げたような臭いと、酢酸臭が漂っていたが、たぶんこの工場からだと思う。住民からの苦情とかないんだろうか。それかもしかして、そんな臭は実際漂ってなくて、わしの鼻の穴から発せられた臭いをわしで嗅いでるだけだろうか。

ほんとに行き止まりが多く、スマホの地図を見ながら進むことにする。蛇塚古墳いうのが地図にあったのでなんとなく向ってみた。

 

家々が犇めきあってる中にいきなり古墳が現れる。古墳をぐるっと巻くように道があるのが面白い。それ以外は何も面白くない。陽も暮れてきたのでネガポジに戻ることにする。

 

住宅地を行きながら、こんなに人が沢山住んでるけど、みんな何処に務め行ってんのやろうかと考えてたのだが、京都はお寺とか以外にも工場が沢山あるんだなと云うのが、今回ウロウロしてわかったことです。あんまり早くライブハウスに戻り過ぎると、話し相手が居らなくて孤独感増しそうなんで、開演時間ギリギリに戻る。

ほんで開演。1番目、小西大樹くん。難しいコードを沢山使ったいい曲ばかりだった。この曲にシティポップっぽいアレンジでバンドとか多重録音とかの音を重ねられたら、めっちゃ格好よくなりそうだと思ったが、自分ひとりで出来ることって限られてるから、バンドやってない私たちは色々諦めて弾語りするしかなく、それが悲しいところ。いや、諦めるというよりは、面倒くさがってるだけなのかもしれないから、地道にメンバー探すなり、宅録するために色んな楽器上手くなるいうふうには一応していきたい。

2番目、ジャップカサイくん。民謡のお囃子とかをサンプリングして、重たくない感じのオカしなダンスミュージックを演奏していた。わざと拍子をズラしたりしてる分、ノリにくい感じにも思ったけど、いろんな聞き方が出来て面白いんかなと思った。90年代の流行りとかの影響で自分などは矢鱈とベイスにとらわれてドラムはスイングしてなきゃノレんみたいに考えがちだけれど、最近は民謡のカラカラしたDJとかも流行ってるみたいだし、こういうのがナウいのかもしれん。ていうか弾き語りのおっさんがベイスだビートだと何をごじゃごじゃ云うとんじゃ。

3番目、水津樹さん。自分のライブの準備で見れず。でもライブのあとハッピー巾着袋を買うてくださいました、ありがとうございます。 最後わし。小西くんの演奏良かったから頑張らなな思ったけど、今更頑張れるん大きい声で歌うことくらいしかないから、とりあえず大きい声で歌いました。師匠の曲やったりして、まあまあ楽しくやれた。

差し入れでキクマサを計4PACいただき、帰り2時間弱の電車道で3PAC吸い上げ、気絶する感じ自宅に戻り寝る。

3月28日木曜日。早番。深夜のキクマサ3PACがでんでん抜けておらず、朝もなんだか楽しい気分ではあるが吐きそうでもあるので朝飯抜いて仕事に行く。昼頃にはちょつと治ってきて、稲荷市場に新しく出来たカレー屋さん「ニューヤスダヤ」へ昼飯食いに行った。

居酒屋の銘店ヤスダヤさんが閉店して、そのあと何が出来るのかなと期待高まるなか、ヤスダヤの屋号を半分引き継ぐ感じにしてるのがイイなと思う。店内はヤスダヤさんの間取り残しつつお洒落に改装されてました。マスターにお伺いしたところ、現在も改装中であり、一生改装中みたいな感じっす、とのこと。

カレーを食べ終え「お店の外の写真撮ってイイすか?」とマスターに聞くと、どうぞどうぞとのことで、外から写真を撮らせてもらう。しばらくするとマスターが表に出てきて「傘立て撮りました?」と呼ぶので見に行くと

内臓みたいな傘立てがあった。この傘立てを自慢の傘立てみたいに紹介するところが可愛いなと思った。傘かけてるから、傘立てじゃなくて、傘掛けやけどね。

カレーのついでに稲荷市場跡を見に行く。しばらく来てなかったけど、また随分とさっぱりしてしまっていた。

市場があった場所に建ったマンション。細長い。稲荷市場を根城にして地上げとかにも抵抗してた四門くんがこのマンションの屋上にプレハブ建てて住んでるとか云う伝説やったら面白いのにな。

一応ここにアーケード的なもんがありましたよの名残としてトタンが残されている。もしくは構造上重要なトタンなのかもしれない。

ものすごい建増し感。アジアっぽい熱を感じる。

 

観光でエジプト行ってスフィンクの代わりに三階建てのコレあったらエジプト文明最高なんやけどな。

みいつけた!のコッシーは高校時代ヤンキーしてて、その頃付き合ってた彼女の名前は順子。今は地元でスナックやってる。

ママゴトも21世紀だからだいぶ進化遂げてて、地上げ済みの更地で無人島0円生活ごっこしてる子がおる。

稲荷神社の前に開放的な焼肉屋さんも出来てた。真っ赤なドアに営業時間とかがマジックで手書きされてて良い感じだった。

仕事場戻る途中、コンビニでコーヒーとブラックサンダー買い、路上にてデザート気分味わう。天気もええし、あったかなってきたし、おっちゃんらも野良犬みたいにジャレあってるし、パーフェクトワールド。

 

路上呑みの先輩ら。これが人生の答えだ。

 

スペインでいうところのバール。エスプレッソとかもシバける。

 

不寛容とか閉塞感とか全然感じない空間。こないだ職場のパートさんが「新開地のおっちゃん本当幸せそう」と言ってが、わりかし気候の影響とか受けそうなので、花見の時期から梅雨くらいにかけてが一番見頃かな思いますので、サンデー5時までライブのついでに、新開地のボートピア周辺にも寄って見てはいかがでしょうか。

 

ライブのチラシクリックすると、詳細ページにいきます。よろしくどうぞ。↓