コブログ267

あした私はあなたやあなた達の罪を背負って十字架にかけられますので、一人さみしく最後の晩餐さして頂きましたですが、よろしかったでしょうか。

あした殺されるのだから栄養のバランス考える必要や、そもそも栄養とる必要もないんだけど、やっぱ腹膨らまして現状は満足得たかったいうか、殺されるにあたり体力を蓄えておかねばならない云うのは一見矛盾してるようで、けど十字架担いで丘を登る途中で倒れてそれきりでは良い画にならないし、ハーイ、カットカットー、そこで倒れると流れ悪くなっちゃうからー、十字架担いで辛そうな顔しつつもー、一気に坂のぼりきっちゃってー、あとー、十字架かぶっちゃってぜんぜん顔撮れてないからー、利き腕と逆になっちゃうけどー、左腕で十字架担いでくんないー、いけるー?おーけー?申し訳ないっ!よろしくっ!じゃあもっかいシーンゴジューヨーン!ゴルゴダの丘登るのとこー!サーン!ニー!、カチッ)」って何回もやり撮りなおし出来ないし、最後にどのくらいの量のナゲットを摂取しておくかが、役者の腕の見せ所でもある。

 

2月28日木曜日。遅番。前の日に熱出してダウンしてた次男もやや回復し、けどまだ微熱あるので大事をとって休ませる。学校休ませるにあたり連絡ノートにその旨記して担任の先生に届けなくてはならず、前日は長男に頼んだら届けてくれた。ほんで今日も休ませるので嫁さんが連絡ノートに一筆書こうとしたら、昨日置いてたはずの場所に連絡ノートがなく、あれ?と思った嫁さんが長男に「ここにあった連絡ノート知らない?」と聞くと、長男はいきなりキレ気味で「オレがどっかやったっていうのかよ!」と怒鳴るのだが、嫁さん曰く犯人は長男しかおらず、けどそれ以上追求しても時間と体力の無駄だし、直接学校に電話することで対応したらしい。長男が学校に出掛けたあと、その出来事を嫁さんから伝え聞いた私は、なんか連絡ノート隠しそうなところゴソゴソと探してみたが、直ぐには見つからなさそうなので辞めた。前の晩から長男は虫の居所が悪く、寝込んでる次男を指して仮病だとか云いたい放題だったらしく「難しい時期”なのかね〜」とか、息子らのすべての行為を時期”で片付けがちよなとも思うが、まあ長男の行為の理由は(親の愛情の至らなさ:時期:父親からの遺伝)で三等分出来るだらう。

 

 

出勤時間まで内職部屋でさざなみ16号つくる作業をする。下の階で寝込んでる次男が何度かトイレに行ってる気配がし、しばらくして自分が便所にいくと大便の臭いがしたので(沢山うんこ出たんだな、これで一気に熱下がりそうだな)と思って、布団で寝てる次男を見にいくと顔色もスッキリし、全快した様子。

3月1日金曜日。遅番。次男も元気に登校。息子らが出たあと嫁さんに「連絡ノートどうなった?」と聞くと「昨日仕事から帰ってきたらコタツの上にのってた」とのこと。こういうシレっと何事もなかったように失せもの出してくる感じ、むかし実家とかでよくあったなと思い出す。

 

仕事の休憩時間は郵便局の机でさざなみの発送作業をやる。仕事のあと、4月7日のライブのチラシを春日野道ののぞみ青果に届けにいく。春日野道駅前のコープが23時で閉まりかけてたが、帰りの電車で呑むキクマサ買うとこ思うて飛び込む。お会計で列んでるレジの横に、売れ残りで処分されそうな感じの惣菜や和菓子が買物カゴ2コ分くらい山盛りで置いてあり、従業員は安く買えるのか、タダでもらえるのか、もしくは通常の割引率で買うのか判らないけれど、R君ていう外国苗字のアルバイトの男の子が少し笑顔でカゴの中身を品定めしていて、他に2人いる日本人の学生っぽいアルバイトの子は割りと真面目に閉店作業してるけど、別にR君を咎めるふうもなく、なんかええ光景だった。それにしても品定めしてるRはほんと愉しそうだった。

コープでええシーンに出くわした反動か、のぞみ青果は臨時休業。ううっ〜とか思って立ち尽くしてると、のぞみ青果の向かいの銀行の石段に座ってる若者3人がメチャクチャなラップでサイファーしてて、なんか人生どうでも良くなってくる。帰る途中、ハナ金の三宮パトロールしといたろ思って、阪急ガード下とか10分だけぶらつく。道端で2人組みのサラリーマンが口論してて、怒り狂った片方の男の人が透明のアクリル窓を拳でガコン!ガコン!殴りつけて怒りの度合いアピールしていたが、相手の方は半笑いで、あんな半笑いされたらそらアクリルどついてまうわなぁ、と怒ってる側に同情しつつ通り過ぎる。あとよく見受けられたのがサラリーマンがあおってる缶は、だいたいストロングゼロでした。ニッポン総アル中時代、右肩上がりで突入傾向です、三宮阪急ガード下からは以上です、スタジオにお返しします。

3月2日土曜日。休憩時間、汎芽舎→スペースオー→ポエムの順にさざなみ配って回る。ポエムに入ると店長も従業員の女の子も二人ともいつにもましてクッキリした二重まぶたで、聞くと2日ほど寝てなくて、急遽だった3店舗目のオープン初日の昨日も忙しかったらしい。商売を順調に拡げつつも「日本の喫茶王として君臨すべく野心に燃えるキャラクター作りだして自ら楽しんでる店長のパフォーマンスが面白く、私以外の常連さんもきっとみんな楽しんでると思う。

わしもカニコーセン頑張らなな〜とか思いつつ、東京で2日連続でレンタルスペース借りて「わたしの性年表」「The Family Afair」を飲食持込ありでする云う案が浮上し、ネットでレンタルスタジオ探す。やっぱ結構どこもレンタル代高くて、けど駒込らへんに良さげなとこ発見し、さらに調べるとMCビル風くんとかがライブで使った形跡もあり、なら大丈夫かなと思ってサイトのフォーマットに従ってゴールデンウィーク前の2日間でレンタルを申し込む。レンタル代の銀行引き落としもされた感じだったので、ライブの詳細も決めてしまい、チラシをどうするかとか往復の電車と宿の段取りとか考えてると、レンタルサイトから「申し込んだ会場が3月末で閉店するので申込は承認されませんでした」のお知らせが届く。なんだったんだろう、案浮上からバタバタ盛り上がったこの1時間は。また焦らず別の会場探してみます。

3月3日日曜日。遅番。朝起きると嫁さんがコタツの上で、神戸新聞とってたら毎月タダで貰える冊子「奥さま手帳」をペラペラめくってたので「なんかあんの?」と聞くと「あのさ、温泉探さなくちゃいけなくてさ」と云う。3月末に嫁さんの実家の両親と甥っ子2人が遊びに来て、私以外の家族とで淡路島の宿に泊まる予定なのは聞いてたので、それがなんらかの事情で変更になったのかなと思って聞くと、わたしの実家からも「どっか温泉さがしといて」と連絡があったらしい。たぶん長男が中学に上がるので、孫らと出掛ける最後の機会かもなと思ったんだろう。嫁さんは村の何かしらの役員や、次男の空手教室の会計や、さらに来年からは中学校のPTAの会計とかも当っており、淡路島の件もあるし、長男の入学準備も忙しく、土日はカニコーセンのライブに借り出されたり、もともとの仕事や家事も加わって、全く自分の時間とかない感じで、傍目から見つつも「よくブチ切れへんもんやな」と感心する。PTAとか村のんとかは、わたしもよく判らないので無理に首突っ込むより、黙って自分はカニコーセンしてた方がええかなと思うが、実家の温泉の段取りくらいは私がやらんとマズいわなと思い引き継ぐ。すぐさま新舞子荘に電話し、どうせ親のお金やからと気軽にお店の人が云う通りのプランを予約し任務終了。しかし実家と姉の家族合わせて9人分の宿泊費となるとまあまあな金額で、いつも人に奢ってもらうの平気なくせに、金額聞くとテンション下がってしまうって、そらちんぽの皮いつまでたっても剥けへんわな、と自分の器の小ささにちょっと悲しくなりました。

 

次のライブは一人でします。出番最後です。カモンしてください。

 

◆ 3.10(日)第七回大阪福島クッ!ダラナ庄助祭り!!

場所)カンテグランデうつぼ公園店

   大阪市西区靱本1丁目9−23

   06-6445-3955

出演)あうんさんすぅじいグループ/伊藤せい子/カニコーセン/キチュウ/The Alan Smithy Band/桜川春子&八戸ノ里和夫/ザンネンズ/スロウプス/寺町ヨーコ&ミノハーポ/まっちゃき/ペニー・スー/ミヤガワ修虫/村山堅治/山川のりを/良元優作/リー・ルード

時間)11:00〜20:00

料金)2ドリンク券(1000円)購入&投げ銭 ※持ち込み自由