コブログ250

もう月末かいな、おそろしい。ファミリーアフェアの会が一応終わって、次は2月22日の定期発表会に向けて、何かすること考えていかないといけない。自分でなんとなく思いついた「悪態」と云うテーマに沿って、歌うか踊るか朗読するか書き初めするか芝居するか、60分とにかく間を持たせるルールで、ルールでって、自分で決めたんだけど、もう既に嫌になってきてて、なんで「悪態」なんか云うテーマにしたんやろうか。いまのとこ朗読する作文を1個だけつくれて、画像とサントラと効果音を用意できれば、それで8分くらいは何とかなりそうやから、あと52分なにするか考えなければ。

職場に自分のパソコンを持込んで、仕事でする作業も一応それを使っている。入ってるソフトが古いので、10年くらい前の型のマックブックをずっと使っており、今使ってるのは2台目。1台目はキーボードの何個かが押しても反応しなくなってしまい、同じ古い型を中古で買い直した。それから3年くらいした今、また2台目も調子悪くて、モニターを開くと液晶が消えてしまう。開く角度が60度くらいまでだったら、なんとか消えなくて、なのでデスクトップを下から覗きこむような格好でしか作業出来ず、超やりにくい。どこか修理に持込みたいけど、バックアップ取るのにまた時間がかかるし、パソコンが手元に無くなる間、作業出来ないことを考えると、もうパソコンぶっ壊して、明石海峡大橋の上から砂利タンカーめがけて放り投げ、後追いで自分も身投げしたい気分。

雲遊天下の原稿を書いてる最中、ふと思いつき、青空文庫で何個か短い小説を読み、そのあと自分の書きさしの作文に戻ると、ゲロ吐きそうなくらい拙い作文で、一瞬なにもかも嫌になる。何を目指してるわけでもないけど、名文とか名曲とかに触れない方が気分良く過ごせそうに思う。失恋のあと最初から恋なんかしなきゃ良かったて思う感じ。

1月19日土曜日。遅番。家族4人でテレビ見ながら朝飯くう。テレビで東大の安田講堂事件の映像が流れていて、長男が「この東大は赤門がある東大なん?」と聞いてくる。長男のクラスに水道橋博士みたいな秀才の男の子が一人おり、私立中学受験に向けて3学期は殆ど学校に来てないらしく、たぶん赤門”とかいう言葉も、その秀才くんから教えてもらったのだろう。安田講堂と赤門が同じ場所にあるかどうかについてはよく判らんけど、多分そうなんちゃう」と適当に応える。安田講堂から火炎瓶を投げたり、プラカードを持った大勢の学生が腕を組んで広場をぐるぐる回ったり、盾を持った機動隊がその群れに突っ込んだり、催涙弾が飛んだり、消火ホースで水をぶっ掛けられたりする映像を見ながら、長男は「これみんな東大の人なん」と質問してくるが、詳しく知らないので応えられない。「まあ東大の人は国を背負って立つ人らやし、ちゃんと考えて、こういうことせなあかん思たからやってんちゃう」と応えると「なんのために」と云うので、「そらまあ、理想というか、晴生がファミコン買うて欲しいのに、買うてもらえんかったら、泣いたり拗ねたりするやん」と滅茶苦茶な例えをしてしまうと、長男はすかさず「でもこの人らは我がままでこう云うことしてないよね」と返されハウウウってなる。ハウウウってなってる親見て、ちょっつ嬉しそうにすんなや。クラスの秀才くんと喋ってるおかげか、口が達者になったね、君。

 

あした京都でライブあります。チャージないので良かったらカレンダーとシールもらいに来てビール呑んで帰ってください。出番は3番目です、よろしく。

 

◆ 1.22(火) 平日ノーチャージデイ

場所)西院ネガポジ

出演)カニコーセン / 東海林 / 佐伯英紀 / 矢本健士

時間)OP18:30 / ST19:30

 

料金)無料(飲食してください)