コブログ243

12月26日水曜日。仕事早番。さざなみとか年賀状とかいろいろ用事あったけど、なんか遊び行きたいな思って、仕事のあと茨木までとんちピクルスさんとナオユキさんのライブ見に行くことにした。阪急で十三向かう車内に若い女の子何人かが乗っていた。みんな若くて美しいし可愛いな思いながら眺めていたのだけど、なんかお洒落な服着てる子より、ちょっと流行りでなさそうなサイズ合ってない服着てる子の方が魅了あるな思ったのは何でだろう。流行察知しすぎてアホに見えるとか、そんなんかな思ったけど、ほっといたるわ。

茨木駅ついて20分ほど余裕あったので、安そうな居酒屋を探す。駅の周りウロウロしてると、キジの剥製を大切そうに撫でてる男の子がいた。(ヤバい奴や)と思って気づかれないよう写真撮ろうとしたら目が合ってしまい、慌てて逃げる。キジの剥製は何の役割果たしてるんだろう。じゃりん子チエのお好み焼き屋のおっさんが猫の剥製持ち歩いてるのと同じ感じなんだろうか。

とんちさんとナオユキさんが一緒に見れてお得な会ということでライブは大盛況でした。前座されてた木村ライダーさんは見た感じ桑名正博の息子みたいだったけど、そんなにイケイケな大阪ノリでもなくて、好感持てる面白ソングを歌っていた。ナオユキさんのライブ見るのは2年ぶりくらいで、また随分と進化しておられた。2〜3人の登場人物/それぞれの心の声/ナレーション役/ツッコミ役を全部一人でやるのだが、声色を全部違うのがすごいなと思った。酔っ払いのおっさんの演技も過剰な感じが面白く、見てて内心(そんな奴らへんで〜)とか思って可笑しいし、ツッコミでもう一回笑えて、それをずっと繰り返すのでずっと笑ってて、ほんまはそれほど面白くないネタが挟まってたとしても、見てる側は何ゆうても面白いモードに入ってしまってるので、ナオユキさんが何をやっても面白かった。

ナオユキさんのあと、引き続きとんちさんも笑かすモードでラップしたり人形と喋ったり。私は大分お酒飲んでいたので、何で笑ってるのかあまり分からないまま、とにかくとんちさんが笑かしにきてるのは全部笑っとけみたいな感じで終始笑っていた。逆に自分がなんでそこまで笑おうとしてるのか考えると、多分チャージの何千円か分は笑って取り戻したいみたいなケチな考えが根底にあると思う。

最後から2曲めに名曲「夢の中で泣いた」を演奏。木村ライダーさん→ナオユキさん→とんちさんのここまで、ずーっと面白モードで時間が進んできたので、見事ピタっ!とシンミリモードにお客さん足並みが揃って、どんどんお客さん皆んなの背中が丸まって行くのでめっちゃ面白かった。ナオユキさん、とんちさん、どちらのライブもとても勉強になりました。見に行って良かった。

帰りは終電だったと思うけど、向かいに座ってる人が手紙を読んでボロボロと泣いていた。最初は(男に振られたんかな)と思ってたけど、泣き笑いしてはったので多分寄せ書きみたいなもんを読んでたんだと思う。自分は若い頃から仕事をなんども辞めてきたけど、円満に辞めたことがないので寄せ書きとか貰ったことがないし、もし貰ってたとしても申し訳ない気持ちになって、嬉し泣きなんて到底無理だったと思う。

12月27日木曜日。仕事遅番。自宅の掃除もできてないけど、年賀状もまだなので年賀状を書いた。毎年家族の写真みたいなのにしてたけど、もう息子も声変わりして見ため可愛くないし、写真は辞めて絵を書くことにした。長男に習字の墨を借りて絵を描いてると、長男も「俺も描こかな」とスマホで調べた兼六園の写真を鉛筆でシャシャシャシャ描いていた。わしは線の細い絵があまり好きではなく、長男が硬い鉛筆でシャシャシャシャやってるのを見ると、なんかムズムズしてきて、もっとギュウっと鉛筆擦り付けんかい!紙に!と心の中で叫びながら、力強いイノシシの絵が墨で描けました。

12月28日金曜日。早番。仕事のあと汎芽舎レコードにライブのチラシとカレンダーを届けに行く。前からお店でライブやってみたどうですかと声をかけてもらってたのだけど、来年から3ヶ月おきに汎芽舎の店内で60分のワンマンライブをすることになりました。企業の決算が3ヶ月とか4ヶ月おきにあることを考えると、趣味のフォーク活動でも決算みたいなんあってもええかと思うし、3ヶ月ごとに新しい曲とかネタとか作るの大変だけど、なんとかその周期に間に合わせれるように取り組めば、それはそれで何かしら体に馴染んで来ないかな?という考えで、とりあえず来年2月22日に1回めがあります。よろしくです。そのあとスペースオーにカレンダーとチラシ持って行って帰る。

 

帰ってから年賀状のコピーと宛名書きをする。毎年100枚くらい年賀状を書いてたのだけど、もう面倒くさいので今年は親戚に出すだけにしたらすぐ作業が終わった。年賀状のために飲みの誘い2件断って早く帰って来たので飲みに行っとけば良かったと後悔する。

12月29日土曜日。仕事遅番。朝から家の掃除を始めが要領がめちゃくちゃで収集つかないまま仕事に行く。嫁さんも朝からいろいろ掃除してたのに、なんでか自分ばっかり掃除してる被害妄想みたいな状態になり、ゲーム機見ながらゲラゲラ笑ってる次男にムカつき当たり散らしてから出勤した。

遅番のあと汎芽舎レコードでDJみたいなんやってるので見に行く。風が吹いても倒れなさそうな汎芽舎の看板。

2階のお店からドンチキドンチキした爆音が鳴っている。夜に改めて見ると怪しいビルだわ。もし沖縄の金武町に旅行に出かけて、夜こんな感じのビルがあって、窓からドンチキドンチキ鳴ってたら、絶対怖い外人いっぱい居そうな感じするから入る根性ない。

でも汎芽舎レコードは温和な性格のレコード好きが集まるお店なので、不良外人の怒号が響き渡るとかない替わりに、世界の片隅にいる変態白人音楽家の奇声の録音が流れたりするので、それはそれでビビッたりもする。チャージ500円で安いし、短時間で酔える偽ビールも売ってるし、電車あるうちにお開きなるし、遅番帰り寄るのにちょうどええわ。この日も音楽好きの男の子同士が丸い肩をポンポン叩き合って年末の挨拶とかしてる姿見て、ジーンとした。

12月30日日曜日。仕事遅番。嫁さんと息子らは朝から金沢の実家に帰省した。仕事あるのに全然片付け終わらなくてイリイリが満開になった私は、嫁さんの「いってきます」も無視して完全に拗ねてるモード。家族が出かけたあと手早くシコって心を落ち着け、片付けを再開する。今年も鈴森汐那ちゃんには大変お世話になりました。汐那ちゃん大好きです、お歳暮に焼き穴子送りたいくらい愛してます。

 

なんか掃除も中途半端なまま仕事に出かける。クサクサした気分のまま今年を終えるんかとドンよりした気分でチャリンコ漕いでると、近所の白痴っぽいおばさんが飼い犬の散歩してるとこに遭遇し、なぜかワケわからん田んぼの畦道をワケわからんほど奥の方まで犬に引っ張られる感じで行ってもうてたので爆笑し、一気に心が軽くなる。そのあと加古川駅のホームのベンチに象の皮膚みたいなガサガサのおっちゃんがワンカップ飲むの下手くそで、色のくすんだジャケットにお酒こぼしてボチョボチョになってるのを見てまた笑いが止まらず、天使居ったな〜。

仕事終わって帰っても自宅に誰も居ないので、折角やから早く終わらせて一人で飲みに行ったろ思うてる時に限って、焦って仕事の段取り悪かったり、道端でクレジットカード拾って警察に届けに行ったり。

交番のあと、久々に赤ひげに行く。

閉店時間まであと20分しかないのに、焦って串カツ頼みすぎる。

横で一人で飲んでたおっさんが、かなりデカい鼻歌を歌いだす。おっさんのとこを見るとクリアアサヒの500ミリの缶が置いてあり、空き缶かなと思ってたら持ち込みだった。

おっさんめちゃくちゃするな、と思ってたらお会計の時にやっぱり店長さんに怒られてて、でも「持ち込み、あかんねんで」とめっちゃ優しい感じだったので、赤ひげの店長さんええなと思った。

カウンターの別のお客さん同士は株の話をしており「2億いかんと意味ないわな」とかいうので、どんなおっさんやねんと思って見たら、安そうな黄色いダウンベスト着た貧乏そうなおっさんで、何が2億やねんと思うと可笑しかった。赤ひげに20分いただけやのに2000円も使ってしまったが、面白い会話が聞けたのでまあOK。

12月31日月曜日。仕事休み。朝から昼過ぎまで掃除して、気になってた箇所を一通り掃除でき逆噴射治る。いつも年末の掃除の時は攻撃的な気分になり「全員死ね」とか言いながらやってるが、全部終わればすごい平和な心持ちで、やっぱ俺すごいな、こんな掃除頑張るお父さんオレ以外おらんな思いながら正月の飾りをつけ、今ブログを書いてます。2〜3日前に思い立った今年中にやらなあかんこと全部やれて2018年何も思い残すことございません。本当は嫁さんとセックスしたかったんです。でもお酒飲んでるから誘うの申し訳なかったんです。それで拗ねモードから逆噴射で大掃除始めたけど段取り悪くて終わらなくて、でも今日全部終われてシコれてMANZOKUです。来年もどうぞよろしく。