コブログ241

12月22日土曜日。ライブで仕事休み。とくに用事はないけど朝実家に行く。

息子の2学期の通知簿見せたら父親が「小遣いやっといてくれ」と3000円ずつくれた。差し出されたお札を私が受け取ろうとすると父親は一瞬手を引っ込め「ちゃんとわたせよ」と一言添えてから渡してくれた。はなしのネタでHAPPYカレンダーを母親に1枚あげる。母親はカレンダーの私が描いた私の似顔絵を指し「これアンタにようにてるな」と云うてたが、似顔絵やからそらまぁ似てるかもな。これから父親と母親で一緒に買いもんに出掛けるとのことで、いつもより機嫌良さげだった。お互いの体調と気分とが足並み揃って好調なタイミングも歳いってくると減るんだろうなと思う。

夕方からライブしに車で元町に行く。ライブさしてもらう「お好み焼きさか田」さんは元町の中華街の近くにあり、その周辺はめっちゃ駐車場代が高く、けどスマホのアプリで小マシなとこ探せて5時間1400円。ライブが押したり片付けが遅くなったりして30分オーバーすると1800円まで上がってしまう。

 

駐車場から中華街を通ってさか田さんに向う。休みの日で中華街は賑わっていた。道端に座って胡麻だんご喰うてる観光客のおばちゃん可愛かった。

ライブは大盛況でした。HAPPY缶バッチと巾着袋もどんどん買ってもらって有難うございました。ミュージックマガジンのベスト10にカニコーセン入れて下さったライターの安田さんも見に来てくださって気合い入ったのですが、飯喰うてなかったからか後半バテバテになってしまい、めっちゃギター間違えまくりました。すみません。ライブをお世話してくださった佐藤さんと三宗くんのお姉さんが機材の片付け手伝ってくれたおかげで駐車場も間に合い1400円でいけました。おめでとう。翌日は次男の空手大会に朝早く出掛けるので嫁さんは車で先に帰宅。そのあとお店に戻って鉄板焼きとか奢ってもらってお酒も呑ませてもらう。今年一年なんどもライブに足を運んでくださった常連メンバーのみなさん、本当にありがとうございました。いつも同じ曲ばっかし聞かせて申し訳なく思いますが、曲とかネタとかバリエーション増やして頑張りますので、また来年もどうぞよろしくお願いします。

お客さんが帰ったあと、さか田さんにご馳走してもらった焼豚。めっちゃ旨かった。嫁さんと息子らが年末実家に帰ったあと、絶対焼豚買うて一人で喰うたんねん。佐藤さんと三宗くんのお姉さんと焼豚よばれながらビール呑んで、あっという間に終電の時間。バタバタと帰る準備してお店を出てしばらくしたら「カニさーん」と三宗くんのお姉さんが走って来て、何かくれるのかな?と思ったら財布を忘れていた。年末にやらかしてしまうところだった。

三宮駅までの帰り道。この交差点の角にリンリンハウスがあって火事で何人か死んでいる。大島てるに書き込んでおかんとやな。

阪急のガード下。見慣れた景色やけど、観光した先でこんな風景に出くわしたら結構感動すると思う。

終電を待つ間に差し入れでもらったキクマサをびゃんびゃん呑んでしまう。加古川駅からタクシー乗るつもりだったけど、待ってる列が長かったので諦めて歩いて帰った。いつ自宅について何時に寝たのか記憶がない。

12月23日日曜日。嫁さんと次男が空手大会出掛けたあと洗濯もんとかして、わたしも大阪まで空手大会見に行く。自宅を出るころ長男が起きてきたので「お母ちゃん昼飯置いてくれてるし、朝パンやから自分でしてな」と云うと「あやうく起きて誰も居ない状況だった」とボソボソ呟いたあと便所で小便ジョバジョバしていた。

 

電車で二度寝しつつ大阪の朝潮橋到着。

次男の空手大会を見にくるのは初めて。わたしが着いた時にはカタの部門」は終わってしまってて、というか1回戦で負けてしまっていた。昼から組み手部門があるので、それまで時間潰しで朝潮橋を散歩してみる。

空手大会してる体育館の近くに八幡屋商店街いうのがあった。

若い人はほとんど見かけなかったが、お年寄りは沢山いた。とくに珍しいことではなく、お年寄りは日本中に沢山いる。

ファンシーな文房具屋さん。

コンテンポラリーアート。何のお店だろう。

レインボーロード。

日曜日で市場は閉まっていた。テントがボロボロになってるのはやっぱこないだの台風のせいやろか。

ホルモン焼き屋はしまっていた。1時間ほど歩いたが公明党のポスターを200枚くらい見たと思う。がんばっておられる。

南ってなに?

ああーああーその南かいやー、おれが一番嫌いな人種の南かいやー、せーやったら南こうせつの方がまだ良かったわー。ていうか自分と南のキャラクター重ねるスナックのおばはんて、とんでもない南やな。

アメリカ人は休みの日にカジキ釣りを楽しんだり、羊を撫でたり、柵に片足を上げて物思いに耽ったりします。

今なら最先端なキャラクターデザインとフォント。

時代がめぐって今またニューライフピーポーの時代。

餃子の大阪王将もあったけど饂飩の王将の方が流行ってたので饂飩の方に昼飯喰い入る。

かやくうどん定食480円。汁もうどんも旨かった。組み手の試合までまだ時間あったので昼飯喰うたあともぶらつく。

餃子の王将(京都)ではなく大阪王将でもなく饂飩の王将でもない中華の王将。

えらいおじいさんの下唇腫れ上がってもうてるな、バイ菌入ったてもたかな。

と思ったら排気口だった。見る角度によって受け口に見えたりもする。

洗った靴を並べて干してある。これが金比羅橋の欄干に列べられてたらゾッとする。

前触れ無く、いきなり二宮金次郎。

大胆に洗濯機が捨てられてる。

と思ったらコンクリで出来たゴミ捨て場かなんかでした。

そして空手の会場に戻り次男を応援。1回戦は黒帯の大きな子が相手だったので、こりゃダメかなと思ってたら、黒帯でも組み手が苦手なタイプの子だったみたいで判定勝ち。2回戦は上段蹴り2回決められてTKO負けでした。個人差もあるけど道場によってもノリが違う感じで、次男が通ってる空手道場はどちらかというとほのぼのした感じなので、本人負けて悔しがってたけど、まぁ仕方なしと思う。空手教室の父兄同士も仲良さそうで、嫁さんが空手の練習に毎回ついていってるのは多分お喋りが楽しいからなんだろうなと思った。嫁さんは「まあアイスでも喰って元気だそうよ」と次男を励ましていた。私はそのあと出勤。