ブログ日誌9

 

前回、母子だけが共同で暮らす場所を設けて父親は別で暮らすといろんな家庭問題が解決するんじゃないのかなみたいな話の続きで、父親が共同で暮らす村というか、カプセルホテルみたいな寮、サウナとかも付いてて焼酎飲み放題みたいな、そんなん経営して儲けるみたいなこと出来んでしょうか。ちょっとチャイクロ的二次元の世界で一度描き表してみんと判らんな。

 

 

沢田マンションから日曜市やってる高知駅の方に戻る途中、またもや現れるサン・ブランドハウスの看板。なんとなく恩着せがましいコピーがちょっと嫌かも。ほっとけやって気持ちになります。

 

 

 

はりまや橋を見てなかったので、一応チェックしに行く。インスタグラム用に作られたっぽい感じがいい。

 

 

 

10年前にツイッターをはじめ「やなせ」と「たかし」の間に「フル勃起」って挟むことを人から教わり、随分と人生が豊かになりました。

 

 

日曜市。朝の8時くらいやけど結構人がいる。観光客もいるけど地元の人も多そうで、あちこちで世間話に花が咲いてたりする。

 

 

写真はブレて汚いけど、小夏はすごい綺麗かった。荷物になるから買わなかった。

 

 

ヤドカリ売ってた。なんかカサカサ動いてて怖かった。

 

 

高級そうなハチミツ。値段書いてないのが怖い。

 

 

あった!いも天屋!仕事場のパートさんが日曜市のいも天おいしいですよって勧めてくれてたので楽しみにしてたのだ。

 

 

さつまいもにホットケーキミックスみたいな生地付けて揚げた食べ物で5個250円。買ってその場で速攻食べたけど、めちゃくちゃ美味しかった。朝8時の段階でもひっきりなしにお客さん来てて、多分一分間で2000円以上は売り上げてそうやったから、10分で20000円、1時間で120000円、朝7時から昼の3時まで8時間やったとして1日100万円近く売り上げる計算。渋谷パルコ裏のタピオカ屋より儲けてるやろ、これ。渋谷にパルコがあるのかどうかも知らんけど。

 

 

いも天揚げたて熱々で食うて美味かったのだが調子乗ってパクパク食べたため口の中を火傷する。これで日曜市ツアー終了。次どこに行くかはあまり考えてない。

 

 

道端にあった高知出身の有名人を紹介する看板。あんまりよく知らない人ばかりだけど、教養のある人が多かったいうことは裕福な藩だったのかな。

 

 

大逆事件の人。明治天皇を殺したんじゃなくて、殺そうとして殺されるって凄い世の中だなと思う。ツイッターに「殺すぞ」って投稿してアカウント凍結されるんとレベルが違う。昭和天皇をパチンコで狙ってドキュメンタリー映画の人気者になれるとか、すごく平和でいいことだなと思う。

 

 

テプラで修正してるぽい感じが可愛い。コロナでつぶれる前は何でつぶれる店だったんか気になって調べると5年でつぶれる店だった。

 

 

とさでんの車庫。鬼龍院花子の映画の中で鬼政がストライキの仲裁を頼まれてとさでんに一人乗り込んで行くシーンがあるけど、あれはこの場所での出来事なわけやな。

 

 

板垣退助の家があるらしいので、脇道それて向かってみる。

 

 

でっかい蔵とかある伊藤伝右衛門の家みたいなんを想像してたのに、ただの石の棒。がっくし。

 

 

桂浜の方に向かってみよかな思ってると、私が大嫌いなトンネル。けどいつまでも子供みたいにトンネル嫌いトンネル嫌いって同じこと言ってないで、トンネルのこと好きにならないまでも平気でくぐれるようにならなけりゃ成熟した大人って言えないよ、もうすぐ44歳でしょ、と自分で自分にハッパをかけながらトンネルを通過。

 

 

うう、グーグルマップに沿って近道してるとめっちゃ急な登り坂。この坂というか山の頂上のひと気のない場所に看護学校の廃墟があったのだけど、なぜこんな便利の悪いところに学校を作ったのか。足腰鍛えろよっていうことなのかなと思ったけど、そりゃ廃墟になるわなとも思った。

 

 

山を降ると知らない漁港。船にカツオの一本釣り用の竿が装着されている。入江で魚がポチャンポチャン飛び跳ねてた。水面を飛び跳ねる魚は何の目的で飛び跳ねてるんだろう。

 

 

防波堤沿いに漁師の小さな家が並んでて、ええなぁと眺める。ここは網元の家だろうか。誰かんちの車庫に集まって立ち話してる近所のおっさんら楽しそうやった。

 

 

薄っぺらい橋の写真を撮ろうとしてる私を野良猫がジッと見てる。漁港の側に住む猫は毎日新鮮な魚を食べてるんだろうか。どの猫の目も黄ばんでるのはなんかの伝染病なんだろうか。

 

 

いきなり横尾忠則みたいな色彩のローカルアート。

 

 

GT-Rの板の表面に大量の蟻がウヨウヨ蠢いていた。

 

 

観光地の側には個性的な趣味のアトリエとかある場合が多い。新興住宅地とかやと近所の住人の目が気になって出来ないことも、観光地はもともと人目にさらされる場所でもあるから、ちょっと大胆になれるんかもしれない。

 

 

そして桂浜に到着。読む人のことあんまし考えずに、撮った写真をダラダラ並べてるだけのブログですが、実際の旅自体も目的もなくただダラダラ自転車漕いでただけなので、まあこんな感じかな思います。そろそろ仕事に出かけます。