ブログ日誌76

 

こないだ立ち飲みで、わしのあとから来て隣のグループに合流したおっさん、つぼ八のテーブル席おるみたいな注文の仕方しよるので、なんか野暮ったいなあと思いチラ見すると、白いジーパンにうすピンクのシャツ着て、耳の周りと襟足結構刈り上げてるスタイルで、うわーなんか俺がいっつもプラージュで注文するんと感じ一緒やんけ、ださーって思い、立ち飲みでこんな野暮な振る舞いするおっさんと同じ髪型に今後は絶対したくないので、一切の刈り上げ禁止をここに誓います。

 

 

もうどうなることが調子良いんかよく判らんから、精神状態・体調含めこのままの状態が続けば良しとしますわ、って一体誰と何の交渉してる続きやねん、ちゅう話ですわ。ブログでブツブツ言うてますが、ブツブツいいながら時間稼いだり、甘いもん食べたり酒飲んだりしてその都度自分の機嫌とるみたいなやり方しか、今は思いつきませんし、何の話なんか自分でもよく判らないんですが、こうやってパソコンのキーボードをカタカタしてたら、気持ちが鬱な方向へ行ってまうのを止めとける気がするんすわ。悩みある時は手ぇ動かせってね、バイトの先輩も言うてましたわ。掃除したり鶴折ったりね。

 

 

一昨日は破壊的に天気が良く、チャリンコでうろついた話の続きです。ボロいめの住宅街をジグザグ進んでると聖徳太子が建立したと言われるラムーに到着。加古川市民にとってラムーはマジ法隆寺。

 

随分前に遅番の帰りし独りでラムー呑みしに来たことがあって、有料ですがそちらのブログもございます。読んでみてちょ。→ 【100円の記〜夜中ラムーへ行く】

 

 

あんまり昼間ラムーに買いもんに来ることもないんで、一応どんなんか見ておく。100円のたこ焼き屋の前にはいつも人が並んでる。

 

 

入ってすぐのパンコーナー。どのパンもダンボール工場で作られてて、原料は再生パルプやから安い。

 

 

カスタードプリンもコンビニで売ってるやつの4倍くらいの大きさ。ラムーのこうゆうヤケくそ感は眺めてて清々しいもんがあります。

 

 

ちょっとサイズ感が伝わりにくいですけど、卵焼きとお米を同じ長さにする大胆なレイアウト弁当、税込298円。

 

 

これも福神漬けとの比較でしかサイズ感伝わらん感じですが、まあまあメガなカレー弁当税込298円。

 

 

野球の一塁ベースくらいあるメガモダン焼き税込498円。比較しやすいかな思って横にシャケのおにぎり置いてみました。格子状に編まれたマヨネーズはもちろん球場のバックネットを表現しています。

 

 

豆ごはんもでかい。おばあちゃんがちょっと買って、おじいさんと晩飯に食う感じのデカさではない。おばあちゃんが買い物カゴに豆ごはん何個も入れてるのを見かけたら認知症の可能性もあるので、丁寧な感じで本人に確認とるか、保護者の人に連絡取るかしてください。

 

 

メガというより殆どバイオレンス。ラムー言うたらこのナポリタンですな。死刑執行の朝に独房の扉の隙間からそっとメガナポリタン差し込まれたら、最後の力振り絞って食べきって、そして首吊り台からスパごと垂れ流す、それが日本の死刑制度における必殺奥義ですわ。

 

 

これはチャーハンを盛り付ける用のパックやないと思うんすよね。中学校も今年の2学期から給食始まるらしいんですが、盛り付けこんな感じやったら悲しいですよね。

 

 

税込205円。なんやろな、見てるだけで喉につまりそうな感じ。もはや餌の貫禄だな。こうゆう食生活は嫌いじゃないけど。

 

しかしそう思うと、毎晩それなりの品数のおかずを用意してくれる嫁さん、子供にとってはお母さん、のおかげで我が家の生活がそれほど荒まずにやっていけてるんだろうし、私もギリギリ社会人面保ててんだろうな思います。晩飯に205円の焼きそばとストロング系酎ハイ1リットルばっかりだったら、食費は安くつくけど荒むだろうな。

 

 

コロッケ1個あたり25円。ラーメンとかコロッケとか何かしら枕詞に使われる「昔ながらの」っていうのがどんな感じのことなのか、未だハッキリとは判らない。

 

 

チャーハンと同じ容器に入れられたモツ。100グラムあたり91円也。居酒屋始めるにあたりこの食材は利幅も取れて使えそう。あとは料理の腕次第。

 

 

もともとこれが生き物だったんだな、って思うとなんか笑けてくる。ゴータマシッタールダの時代にラムーの合挽きメガミンチが存在してたら、悟りの開け方ももっと別の感じになってただろう。メキシコの麻薬カルテルより食肉加工の方がやることエグい。

 

 

ちりめんじゃこ大好きっ子の私でも、こんなには食べれない。私が摂取するちりめんじゃこの1週間分が500円そこそこで買えるなんてヤバすぎる。

 

 

量が多すぎるとありがたみに欠ける。この釘煮で食える白米の量を考えると果てしない。

 

 

恨めしやなハタハタの目つき。

 

 

ガリンペイロという名前の何ものか屋さん。ブラジルアマゾン奥地のヤバい金鉱山で働く人を指してガリンペイロ言うんや思うんですが、金沢町の製鉄所で働く人のことも地元じゃそう呼んでるんかしらと勘ぐったりする店名。

 

 

なんてったってアイドルの書体どこかで見たことあるな思たら、

 

 

BUCKU-TICKの今井寿モデルやったわ。

 

 

ラムーら辺をあとにして、神戸製鋼沿いに東へ進む。なんか土地がものすご余ってる感じやけど、どうゆう場所なんやろか、ここは。新しい建売があったり、焼けたタイヤが積み重なってるようなメキシコチックな風景もあったり、スタンハンセンがドラム缶風呂浸かって長靴食ってそうな開拓地っぽい風が吹いてるぞ。

 

 

何かしらDIYっぽい小屋や畑を見かけるのだが、このトタンの柄はなんだろう。近くでみると判りにくいけど、遠くから見たらレオナルドダビンチの最後の晩餐に見えるらしいど。

 

 

いきなり秦の始皇帝の墓があるわと思ったら多木化学の人の墓。

 

 

これが多木化学のマーク。わしずっとマッチが燃えてるんかな思てたんですが、鍬らしいですわ。化学肥料の会社やから鍬。

 

 

デッカい亀の背中に羊羹みたいな墓石が乗ってるデザイン。所謂ひとつの成金趣味。

 

 

ハウス名作劇場でおなじみ金髪の少女ナンシー。アル中の親に育てられたのに、パーマ屋勤めながらカツラ売るマルチ商法の会社作ってからの立身出世がやばくて、最終的に美容業界の女王とまで呼ばれるようになり、チャウセスク夫人に化粧品押し売りしまくったで有名。

 

 

なんも考えんと東に進んでたら別府港にぶちあたる。45歳からでも漁師になることは可能だろうか。加古川の職安で今度聞いてみよ。どんくさい人間ですけど、海に対する憧れみたいなんが加山雄三の10分の1くらいは自分にもあります。

 

 

まあコンクリートの壁に何か書け!って急に言われたらうんこやわな。急に言われんでもうんこやわ、俺もうんこって書く、それ以外はダサいな。何となく今日の自分が進むべき方向が判って来たわ、寝るわ。読まんでもええブログ読んだあんたもお疲れさん、また明日な。

 

明後日ライブな。