ブログ日誌7

梅雨になってジメジメして、精神的にもカラッとしない感じだけど、不機嫌になって何かに当たり散らす系の悪いこと一切してないし、お酒もほどほどだし、宅録とかそれなりに楽しめてるし、とくに問題なしです。

 

 

お正月にプラスチック製の衣装ケースの上に乗って掃除してたらバキって壊れてしまって、ビニールテープ貼ってごまかしてたけど、やっぱり買いなおそうと思い近所のホームセンターに行く。ニトリにもっと安い衣装ケースあるかもなと思って、一応ニトリまで行って店内ぶらぶらしてると、そうえいば息子の部屋の机、息子はほとんど使ってないけど、わしがライブとかで使う折りたたみのショボい机やったなと思い出し、なんかええ感じの机ないかな?って探したら、まあまあ安くてええ感じの机があった。

 

しかし思いつきで家の物を買うと、怒られるほどじゃないけど「なんで?」て嫁さんに言われることがたまにあり、「なんで?」て言われると「なんで?って、なんで?」て逆に聞き返す禅問答になり、場合によっては険悪なムードになる可能性もあるので、一度相談してから買うのが普通の旦那のやり方かなと思い直し、机は買わずにスルーする。自分をコントロール出来る自分、えらいな〜と思う。

 

衝動的に何か始めることって悪いことばかりではないとは思うけど、何も考えてない分、やっぱり人がどう思うとか全然考えてないので、周りの人の気分を損ねてしまうことがよくある。

 

途中、袋とじ(100円) ※今回から込み入った話だけ有料にします。

 

 

夜は火力発電所のバイトでお世話になった村西工業の社長さん、大鍋さんと3人で呑みにいく。飲み物が全品100円期間の焼肉屋へ行ったのだけど、家族には「呑みにいく」とだけ行って出かけ、焼肉と伝える根性がなかった。焼肉のあともちょっと呑んで3人でぶらぶらし、夫婦や子供の話でいろいろ盛り上がり、青春やなと思った。

 

でもお酒を大量に呑んだ日の翌日は、調子放いて喋ったこととかを反すうしては恥ずかしくなったりして、けど最近はそうゆう鬱もアルコールの副作用だと思うようにしている。薬で無理に気持ちを大らかにしてるんだから、その反動があるのも自然なことだと思う。

 

 

休みの日。午前中にサロンド毘沙門のサッカさんから、自分で動画作ってみたんですけど、天才かも、ってメールで動画が送られてくる。動画を見ると確かに天才的で、それより午前中から超ハイテンションなメールどうしたん?と思って聞くと、前の日の夜にふと自分で動画作ってみよと思いつき12時間ずっと動画編集し、徹夜+動画完成した喜びでアドレナリン出まくってるらしく、やっぱもの作るって中毒なりますね!と二人して頷きあう。

 

 

ほんまの麻薬は警察捕まるし、お酒は鬱伴うし、ギャンブルは破産するし、やっぱ日曜大工とかスポーツ、音楽制作とか動画とかプラモとか趣味でアドレナリン分泌させるんが理想的かなと思う。それよりアドレナリンとかなんも必要なく、普通にのんびり過ごせる人が最高なんやけどな。

 

サッカさんのハイテンションに触発されて、自分もサッカさんの曲「ありふれたドラマ」を別バージョンで録ってみようと思い、夜まで12時間ずっとパソコンいじりまくる。

 

 

夜9時から空空クラブのミーティングいうことでサッカさんとテレビ電話する。サッカさんの手元はモニターには映らないんだけど、何かしらメモを録ってるような仕草が見えたので、自分も真似してやったが、翌朝見ると「ビーマイそらそらベイビーおんど」って多分は曲のタイトルと「おしりかじり虫トラック」「米なが9段」「ジェームス三木」とか、何のことが判らない。

 

 

翌日。最近ずっとYouTubeでずっと聞いてる曲があり、仕事帰りにその曲聞きながら外飲みしようと思いコンビニで缶酎ハイ買って、ヤマトヤシキの2階の踊り場でしばらく過ごす。踊り場には全くひと気もないし、道路から死角になってるので、ここで青姦とか出来んことないなと思いながら、valknee + ANTIC 「悪夢」という曲を10回ほどリピート再生する。

 

 

valkneeちゃんのバシバシぶった切る感じのラップも格好いいのだが、ANTICという方のこのトラックが本当に聞いてて気持ちいい。こうゆうシンセの音はどんな感じで作るんでしょうか。こうゆうシンセの音色はなんか自分の無意識と深く結びついてるような感じで、聞くだけで泣けちゃうんですよね。ちょっと雰囲気違うけど、昔聞いて泣いちゃったCommon「Be」のイントロのシンセの音もめちゃくちゃ気持ち良くて、これもどうやったら出る音なんか知りたいです。知ってる方いてたら教えてください。有力な情報には800円振り込みます。

 

 

涼しい夜風と缶酎ハイでいい気分。サンライズビルの壁の電光掲示板が流してる地元のお知らせ情報を眺めながら、気持ちいいシンセの音に酔う。アコギを捨てて、トラックメーカーと呼ばれる感じのことしたい。イヤホンしてるから周りの音が聞こえず気づかなかったけど、さっきからそばで何かが動く気配があって、そっと振り後ろを返ると、白いスエット上下のおっさんが、その場片足ケンケンでピョンピョン飛び跳ねながら、右腕で自分の左肩をトントン叩いていて、それも結構激しく、おそらくあれはあのおっさんが独自に編み出した健康体操っぽいけど、この動作どっかで見たな?て記憶を手繰ると、風見しんご「僕笑っちゃいます」のサビの振り付けだ!

 

おっさんの健康体操のピョンピョンと、valknee + ANTIC 「悪夢」のBPMがほぼ同じやったので、なんか俺今ヤバいとこ居るなって気がして、ちょっと時の流れに身を任せてみる。しばらくするとおっさんは私にガン見されてることに気づき、気まずくなったのかどこかへ行ってしまった。邪魔して申し訳なかったっす。

 

 

翌日。「ありふれたドラマ」の録音を朝から晩までずっとやる。夕方ひとしきり出来て、しかしネットに上げるにあたって、簡単にでも動画的なもん付けといた方が聞いてもらえるかなと思って、歌詞流すような動画を作ってみる。途中テレビ電話相談で留学生のホンソネちゃんと1時間喋る。映画学校の課題で出てる長いシナリオを頑張って書いて提出したらしく、ホンソネちゃんもアドレナリン出したんやなと思った。その後また動画作りに戻り、夜の22時くらいにネットに上げれる感じまで辿り着くと、やっぱ出てる!アドレナリンが!幸せ汁が!

 

 

朝から部屋に篭って作業してたので、ちょっと開放的な気分になろうと近くのコンビニに行って外飲みした。缶酎ハイ飲みながらイヤホンで自分の録音を聞くとニヤニヤが止まらない。嬉しい、楽しい、大好き!俺が俺のこと大好き!ほとんど一気に缶酎ハイ飲み干してしまい、もう一本飲もうかなと思ったけど、そういえば去年の今頃、嫁さんと喧嘩して、ライブでお客さんにもらった鬼ころパックを外歩きしながら飲みまくって、記憶失って気づいたら世界のどん底に辿りついてたみたいな、もう死んでもあの状態には戻りたくないから、追加オーダーせずにしれーっと自分の部屋に戻って寝ました。