ブログ日誌39

 

服の趣味に自信がないので、毎日出来るだけ同じもん着る癖が若い頃からあって、去年の今ぐらいの時期に自分的にはちょっと値段高めの白シャツ2枚と5000円くらいの黒いズボン2本買って、これを仕事着にすれば何年かは服選んだりしなくて済みそうと思ってたのだけど、ズボンがボロくなってり、太ってシャツがピチピチになったり、そろそろ買い替えんといかん感じで、お金のことよりも服選べない自分とまた付き合わないといけないのが面倒というか憂鬱。歳とるほど服買うのが楽しくなくなってくる。

 

 

ライブのチラシとか見てもらったら判るんですが、白黒のチラシばっかり作ってて、印刷の値段が安くつくのも理由ではあるけど、カラーのチラシ作るのがめちゃめちゃ苦手なんです。だから洋服選ぶ時も白か黒か、頑張って紺くらいしか選べなくて、気付くと全身真っ黒みたいなこともよくあり、今日も仕事出がけに気付くと上から下まで真っ黒けで、なんかもう情けなくて裸で出かけたいような気分になりました。

 

 

新宿ぶらぶらの続き。ボーイズセコメンがキャバクラの店員さんにダメだししてるような感じに遭遇。美容師バーテンダーバンドマン山男には着いてくなよ〜着いてくなよ〜。

 

 

ぶらぶらの最後に新宿二丁目の様子を見にいく。ホストクラブ街も人多かったけど、新宿二丁目もかなり賑わっていた。楽しげに金曜の夜を過ごしてる人がほとんどやけど、たまに恋破れてかしょんぼり肩落として歩いてる男の人もいたり、そうゆう人はなんとなくジーッと見てしまうので、私とバッチリ目が合ってしまったり、人それぞれいろんな夜があるっていうのが素敵やな思います。でもやっぱ筋肉モリモリの人がモテるんか、日大アメフト部みたいな人が多かった。危険タックルの交流戦するんかな、このあと。

 

 

カフェラバンデリアにも行ってみる。閉まってるシャッター初めて見たけどめっちゃ可愛いいやん!ラバンリアの向かいに古いラブホテルがあって、外観をしばらく眺めてから宿泊先のビジネスホテルに戻る。やっぱ都会は深夜徘徊し甲斐あるわ。

 

 

翌日はとくに行きたい場所とかも決めてなかったけど、なんとなくたまプラーザに行ってみる。たまプラーザは私が大学1年の時に脱走した野球部の寮とかがある場所で、脱走して以来は大学5年の夏休みに単位取れてない人用の補習授業があって、それに行ったきりだから22年ぶりに訪れた。その頃の駅舎はもっとプレハブっぽい感じだったと思う。

 

 

大学入学前の春休み、ちょうど地下鉄サリン事件が起こる何日か前に私は大学の野球部の寮に入って、翌日の練習初日にグランドへ初めて足を踏み入れ15歩めくらいで散水菅につまずいて左足首を骨折した。自分の人生の分岐点が何個かあるとして、あの骨折は多分3個目の分岐点だったなと思う。それから1ヶ月以上は松葉杖で生活し、寮の先輩のお使いとかも松葉杖で行ってた。先輩にテッシュペーパーを買ってくるよう頼まれ、駅前のイトーヨーカ堂まで行った帰りし、この階段を松葉杖使って5段飛ばしくらいで降りてみようと思い、結局最初のダイブで失敗して一番上の段から一番下まで一気に滑り落ちてしまった。下手してたら折れてない右の足首どころか全身骨折するような勢いだったけど、尻を何度も強打する程度のダメージで済んだ。階段から転落し放心状態で私が座り込んでると、金妻の高橋惠子みたいな奥さんが「大丈夫ですか」と声をかけてくれて、ああこの街にはこーゆードラマの中の人みたいなんが住んでるんやーって思ったな。

 

 

駅前の東急百貨店の雰囲気は多分昔のままだと思う。たしか屋上に広場みたいなんがあって、そこでレオンの野外上映を観たような気がする。なんかそうゆう催しの情報を自分なりにどこしらから入手して、きけわだつみのこえの無料上映に行ったり、千葉のどこかの大学までどんとのライブを一人で観に行ったり、新宿のフリマに行ったり、野球部の寮に居りながらもわりかし積極的に一人で出かけてたように思う。

 

 

たまプラの駅から大学の方へ向かう途中。あのカラオケ屋は前からあった。恥ずかしいけどBOOMとか歌ってたな。ほんと死ぬほど恥ずかしいな。

 

 

たまプラの校舎。こんなんやったかなぁ、、だいぶ変わってる気がする。

 

 

野球部のグランド。全然こんなキレイじゃなかった。外野はもっと雑草みたいなんが生えててガタガタしてたと思う。ちょうど今立ってるところくらいに入り口があって、そこからライトのファールグラウンドを小走りしてる途中に足を骨折した。その日は激痛に耐えながらそのまま練習に参加したけど、それが多分あかんかったんやと思う。なんか足折れてるけど足折れてる現実を受け入れるより激痛に耐える方が楽やったのか、それか人見知りすぎて誰にも相談出来なかったか、その日の自分には他の方法がとれなかった。

 

グランドの向こうにある左側の建物が短大の幼児教育科みたいな感じで、右側の工事用シートに覆われてるのが食堂とかトレーニング室とかがある建物。あの入り口で革マル何某とかの内ゲバみたいなんがあって、早稲田大学のそーゆー人が鉄パイプでどつき殺されたり、詳しくは知らんけどなんかそんなんもあった。最上階にヒルトップていう学食もあった。

 

 

野球部にいる1年生の間はたまプラの校舎で授業を受けた。でも大学の単位制のルールがちゃんと解ったんが大学3年の時で、それまで何が何か分からんまま学校に行ったり行かなかったりしてた。だから1年で取れた単位が4で、卒業するには125くらい取らなあかんことを考えると、もう滅茶苦茶な状態だった。そもそも入試も受けずに作文と面接だけの推薦枠で入ってるし、偏差値50未満の高校で赤点取ってるような奴やから、大学の英語の授業とかも全然ついて行けなくて、なんとか恥かかないように教材の英語にカタカナのふりがな振ったりしてた。野球部の練習終わって自販機でサイダー買って、今解体されてる校舎のベンチでサイダー飲みながらセブンスター2本吸うのが自分の中でめっちゃ流行ってる時期あったな。

 

つづく。