ブログ日誌28

 

noteで小野ほりでいいう人の「平気で生きるということ(β版)」を1500円で買って少しずつ読んでいるのだけど、依存症について

 

「好き」が「依存」になるときの大きな変化として、行為の主導権が自我から無意識に引き渡されるということが起こる。つまり、「私は好きでそれをすることができる」という自由意志の選択による行為から、「私は(何かの力によって)それをしないことができない」という強迫的な行為にすり替わってしまう。

 

と書いてあり、ここでもまた強迫。昔ほどは呑まなくなってるけど、それは単に体力が落ちてる理由が大きくて、本当はお酒も辞めれるなら辞めたい、それなのに飲んでしまう、俺は意思が弱い、ダメだ、死のう、、、ていう苦痛から逃れるためまた飲んでしまう、そんな負のサイクルから抜け出すには単にお酒飲むのを我慢するより「俺は飲みたくて飲むんだっ!」ていう積極的な気持ちで飲んだ方が案外ええのかなと思って、仕事帰り積極的に飲みに行くことにした。

 

 

コンビニで缶酎ハイ買って帰りの電車で飲むっていう行為は、アルコール摂取したいだけ感がありありしてて、だからもうちょい「飲みました!楽しみました!」みたいな印象が欲しい。なのでお店で飲んでみることにし、加古川駅前で晩遅くまで開いてるトリキや吉野家などチェーン店で飲むとこから始め、3日目の夜は駅前の老舗中華屋「胡蝶苑」に行ってみた。

 

 

夜12時前だったけど10席ほどあるカウンターは満席で、簡易的な丸椅子に通されてラーメンとハイボールを注文。「コロナのご時世にお客さんこんな来てくれんの、ほんまありがたいこっちゃなぁ、なぁ、なぁ、」という女将さんのセリフはあまり心がこもってない感じで、鼻歌みたいに今帰った客(おそらくは近所の同業者)の悪口を言っては、常連客の冗談に爆笑し、阿修羅マンのように喜怒哀楽の表情をコロコロと変えながら、氷の入ったジョッキと缶のハイボールを出してくれた。ラーメンのスープには豚の脂的なんがこってり浮かんでて旨いんは旨いねんけど、食いながら自分の体にすごい悪いことしてるような気分になる。サウナと水風呂みたいな要領で、ラーメンの脂とハイボールの爽やかを交互に胃袋へ入れて、ゲフーって感じで自宅に戻り速攻で寝た。

 

ほんで明け方4時ごろ目が覚める。熟睡できた感じが全くなく、トイレへ小便行こうと体を起こすと胃に鉛が入ってるみたいに重い。胡蝶苑のラーメンとハイボールの食べ合わせが悪すぎたにしても、もうあんまり無茶なことはやめようと思った。

 

 

こないだの日曜日は、神戸のポートていう自転車屋さんと、その店が入ってる中央ビルの改装記念のイベントにライブで呼んでもらいました。コロナ後、神戸でライブするの久々やったので、安否確認的に人が沢山集まって賑やかでした。

 

 

ビルの屋上にプールを出したり、カレー屋さん、ケーキ屋さん、左官屋さんのパフォーマンス的なんもあって面白かったです。でもまあ基本的には酒飲んでお喋りするのがメインで、昼間っから結構たむろってましたな。

 

 

ブログで「スズリのTシャツ着て来てーっ」てお願いしてたら義理堅くみんな着て来てくれてサンキューです。

 

 

密になっちゃおは一番売れた種類やけど、実際不謹慎でもあるから、着て電車乗ったりするの勇気いるかもな。私もこの日はライブの集客祈願も込めて密になっちゃお着て参加しました。

 

 

78枚売れた中、2枚しか売れてない九州わくわくTシャツ。でもこれが一番可愛かったかも。着こなしバッチリやと思います。

 

 

おっちゃんはハエなことが多かった。お客さんのリクエストで作ったけど、結局は2番目に売れた種類で、おかげで売り上げも伸びました。リクエストしてくださった方に感謝です。

 

 

こちらのハエはラコステのポロシャツみたく左胸に小さくプリント。おっさんの休日感が漂うのもやっぱラコステ系かな。

 

 

出た。インナーチャイルド。心霊写真ぽくて不気味な感じが結構いい。忙しい家事の合間を抜けてTシャツ見せに来てくださった皆さまありがとうございました。愛感じますわー。

 

 

番外編で、こちらはセイメンさんTシャツ。村井徳松くん専用で儲け取らずに1枚だけ注文受けました。利益取ると絶対バチが当たるし、村井くん自身も怖くて着れない言うてました。ていう記念の1枚。

 

 

ライブの合間。石仏マニアの松井くんの提案で近くのビリケンさんを見に行きました。ビリケンさんとセイメンさん(Tシャツ)ご対面のチャンスやと密かにワクワクしてましたが、さすがマニアだけあってそーゆーゲスいことはやんない。ちゃんとTシャツ着替えたうえで稲荷神社の敷居またぐあたりしっかりした子やからB級スポットで記念撮影。

 

 

ライブは2回さしてもらいました。夏終わりのハーモニーていうことやったので、最後みんなでサライ合唱しよ思うて準備してたのですが、いろいろ盛り込みすぎて結局失敗しました。去年の8月末も神戸でライブあって、そんときと比べてもやっぱ私は元気になった。カリカリした感じが薄まって楽になった。イラつく奴はシャットアウトして、自分にとって都合のいい人ばっかりで周り固めたって別にええんやと思たら断然楽になったです。

 

 

というても普段の生活で周りええ感じに固めるん無理やから内心カリカリすることもあるし、どんより浮かない気分のときもあるし、そんなん別にフツーのことだと思ってたけど、小野ほりでい読んでたらそーでもないらしく、だからせめてライブのときだけでも楽しく過ごしたいな思います。まあそうゆう機会を持ててる自分はラッキーです。ブログ用の写真たくさん送ってくださったお客さん助かりました、サンキューです。

 

コロナ渦生活ももう正直嫌になって来た。自分で自分楽しませるん今のとこライブくらいしかないから、少しずつライブの機会も増やしていこかな思います。以下決まってるライブです。よろしくお願いします。

 

●ちどりのライブ、各日予約10名なったら締め切ります。決断はお早めに→決断