ブログ日誌26

 

おかげさまでSUZURIのTシャツ76枚売れました。儲かったお金はマクドで呑むコーラ代などに使わせてもらいます。ありがとうございました。

 

 

どうゆう話の流れがあってそんな言葉が次男の口から出て来たのかは忘れてしまったのだけど、先日、居間でテレビを見ながら晩飯喰うてるとき、まあ私以外の3人はよく喋るから多分テレビの中のやり取りにコメントする形で言ったのかなとは思うけど

 

「ねぇーねぇー、って言ったときにちゃんと話聞いてくれたら、それでええからなあ、」

 

みたいなことを次男が言うてて(マジか、、、そうやったんか、、、)と深く深く思った。知らんかった、今までそんなん。て具体的に何かの謎が解けたというわけじゃないねんけど、まああんまり頑張らんでええわけやな、人間関係の場に於いて。余計なことベラベラ喋って時にはドツボにハマるようなこともあったけど、家庭でも他でも、なにもそんな自分から動かなくても相手の「ねぇーねぇー」を待つ姿勢でそこに居れば良いだけって考えると、すごい楽な気がする。沈黙は不機嫌を表現する態度やと恐れてたけど、黙ってここに居て構わんてことやんな。けど君、若干11歳にしてなんでこんなええハウツー知っとんや。どこのユーチューバーがそんなええこと教えてくれんのんや。そんなええユーチューバー、おれもチャンネル登録したい。

 

去年、花隈のマルマツネームにカニコーセンジャンパーの刺繍を頼みに行ったとき、ちょうど店のおっちゃんが趣味のオリジナル格言を刺繍してる場面に出くわし、気になってミシンの手元を覗くと「親と子は同時育児」て書いてはったので「あーー、最近よくそう思うんですわーー」て感想を述べたら「なんかあったんかいな」と質問されたので「いや、まあ自分のこととか、家のこととかで悩んでます」とか私が言うと、おっちゃんは「子供の成長云々より、まず親が成長せんことにはな」て言いながらミシンをダダダダダダダダしてはった。子供がユーチューバーから生き方や愛を学ぶように、親もまた子供から学ぶことが多いってことや、目に映るすべてのことがメッセージってこれやなって最近たまに思います。学んでなるべく早く楽になりたい。

 

 

世間はお盆休みっぽくて電車も空いてるけど、ずっと仕事。まあ仕事帰りに発泡酒買うて呑む楽しみもあるしええねんけど、お盆の帰省で久々に集まった友達らと酒呑んで鳥貴族の前でワイワイたむろしてる光景見たりすると、なんか俺ひとりぼっちやな〜みたいな気分にはなる。そうゆうときも酒さえ呑んでたら全然平気やし、あと最近怪談聞くのが流行ってて、シラフで聞くと怖くて涙出たりするのだけど、酒呑んでると夜道で墓の横通ったりしながらでも全然平気で聞けて、やっぱお酒って心強い存在。

 

 

仕事済んで神戸駅を歩いてると、以前たまに行ってた呑み屋さんの主人にバッタリ2年ぶりくらいに出くわし「なんかカニさん変わったなぁ」と言われ、まあナゲットと発泡酒でだいぶ肥えたし、白髪染めもしてないから髪型ソフトバンクの城島みたいやし、何より年いったからな、、みたいに言うと「いや、なんかそうゆうんやなくて、憑きものがちょっと取れた感じする」と言われて嬉しかった。そら1年前の今頃言うたら絶賛ノイローゼ中やったし、あのときの胸のザワつきとかは今は無くなったけど「2年前もわしそんな感じやったんかなあ?」と聞くと、なんかそんな感じだったらしい。その頃は多分キクマサ飲みまくって死んだろ思うてたから、そらまあ呪われてたといえば呪われてたかもな。

 

憑きもの取れてるかもって言われて結構嬉しくなって、去年ノイローゼなった話とか立ち話で喋りまくってたら「ちょっとあたし弁当食べなあかんから、お店で続き聞こか」いうことになり、神戸駅の近くでされてるエステサロンに行き、ヒーリング音楽みたいなん聞きながらノイローゼの話を上下巻一通り聞いてもらう。もう多分100人近い人に500回くらい喋ってる内容の話やけど、やっぱ話すとスッキリするねん、ありがとう、とお礼を言うと「そうやって聞いてもらえる人が居るゆうのも、カニさんの人徳なんやから」て言うてもろて、まあそうなんかなぁ、ただ優しそうな人を強引に捕まえてひたすらゲロ吐き出してるだけのように思うけど、でも去年の今頃よりは人の善意を信じられると言うか、助けられたなって体験が自分の中に積み重なってるから、前よりは素直な感じになってるんかもしれんなと思った。

 

 

一時間くらいめちゃめちゃ喋りまくって自宅に戻り、なんかもっと喋ってスッキリしたい気分になり、大鍋さんにラインしてヤマトヤシキの2階フリースペースで呑む。酎ハイ買いに駅前のスーパーに行くと友達のフクモトくんが駅前へ呑みに来てるのにバッタリ出会って、後で合流したりして、結局ヤマトヤシキで夜中の1時半まで呑んで、めちゃくちゃ喋った。呑んでる途中に見回りのガードマンの人が通りかかって、怒られるかな?と思ったけど、やんわり「ちゃんと片付けて帰ってなぁ〜」て言われただけで、なんか夜勤のガードマンさんに優しくされると泣きたくなるし、来た時よりも美しくして帰ろうゆう気になって、酎ハイ置いてた石段とか手ぬぐいで拭いてから帰った。なんか昨日半日で80万語くらい喋って、めっちゃスッキリしました。ありがとうございました。

 

 

写真はフクモトくんが娘さんとニケツ(二人乗り)するために自転車に取り付けたステップ。「ニケツ」「ステップ」って懐かしい単語も、娘さんと二人乗りしたいフクモトくんの親心も、全部愛おしい夜でした。