ブログ日誌128

 

月末なると、もう月末か、時間過ぎるんめちゃ早いなとかブログの書き出しに書くここ何年かのパターンやけど、そのスピードもどんどん早まってきてて、もう月初めなんか月末なんかよう分からんなってきました。けど所詮忙しそうなフリをして大事なことから目を逸らしてるだけで、録音も出来てないし、家族と喋れてないし、一番大事なテーマがそこなんはわかってますが、なんとなく手がつけれない、どうしたええか判らんまま、どんどん時間が過ぎてモーテル。

 

まあ仕方ないはと諦めるしかないねんけど、こないだは京都でライブがありました。

 

 

私ら世代的に解釈すると、やわらかな風が吹くこの丘で的なザックリした言い回し。でもこうゆう大雑把なこと言うてた方が、受け手がそれぞれ勝手に意味を考えてくれていいんかもですね。光に満ち溢れた情景も状態も、私の頭では全くどんなんか描けないんですが、それは私の心に光が満ち溢れた経験がないからなんでしょう。光って何?ファミチキ食うて発泡酒飲んだ時に口から吹き出るゲップみたいんとはちょと違うんでしょうか。それやったら未来がゲップで満ち溢れてまいますもんね。では何なんだろか光って。ていうか「どうか」ってどうなん。誰に託すわけでも頼むわけでもなく、自分の未来は自分にしか作り出せないのだから、「どうか」ってクリーニング屋にワイシャツの染抜きお願いする時みたいな言い回しする感じでええんやろか。自分で物事をなんとかしようと目標立てる場合は「我々の未来を絶対に明るくします!東芝みたく!」でええんやないのか。と、しばらくHawaiian6の貼り紙の前で考えてたら、貼り紙の真下にビックリマンチョコのシールが貼ってあって、これはたぶんスーパーゼウスに「どうか」ってお願いしてる感じなんかなで話まとまりました。

 

 

ライブの間隔が1月以上空いてもーてるので、わりかし真面目に音チェックさしてもろたあと、開演時間まで時間潰す場所を探すため、西院駅周辺をうろつく。ライブ前に出来れば酒は飲まん方がええけど、酒の情報にばかり目が行ってしまう。これはコンビニバーという新しいタイプのバーらしい。併設のファミマで買った食べもんを持ち込んでええことになってるみたいで、でも併設のファミマで食べもん買うんやったら、ついでに酒も買って道端で飲んだ方がリラックス出来てええんやないやろか、白い目で見られるけど。

 

 

ライブ前に酒はあかん、ライブ前に酒はあかんとブツブツ唱えながら、結局は折鶴会館の樫尾酒店に入って酒を飲みました。隣に居てた建具屋の職人さんみたいな男の人二人組が、東大阪にいきつけのスナックがあるらしく、そこの年配のママさんとディープキスできるかどうかみたいな話をしてて、片方の人はディープキスはちょっと無理、もう片方の人はガンガンディープキスできる感じで意見が分かれ、しばらくディープキスするせんの話になってる向こう側のテレビで名探偵コナンくんがずっと流れてて、なんかそれがおかしくて、笑堪えながらお会計頼むと店員さんが「下品な話ばかりで申し訳なかったです」と冗談ぽく謝ってくれたけど、有吉弘行のラジオ聞きながら飲んでる感じで私は楽しかったです。

 

 

年の若い子らのと対バンでしたが、私的には結構面白かった。痛快ぶっちぎりバブーンというバンドはドラムの担当がバブーンくんという映像キャラクターの設定で、小芝居とかも入りつつ、冗談と若者の本音的なんもバブーンくんを通じて放つ感じなんかな思いました。以前も同じライブハウスで対バンだったヘテロズくんも「普通にいい曲を普通に演奏します」というてた通りに、普通にいい曲を普通にええ感じで演奏してました。最後に一人でやってたラップみたいなんも、社会人へ変わる時期の若者の心情みたいなんが真っ当な感じで語られてて後味さわかな曲でした。サウンドクラウドにそのラップっぽい曲のデモあったので載せときます。はんなりしたフロウも好きな感じです。

 

 

naonari uedaくんの90年代ポップスDJも楽しかった。私のライブの直後に流してくれたオナニ渕剛いう人の乾杯の替え歌がヤバくて、私もまあまあライブ頑張ったけど結局その曲に全部持って行かれる感じで悔しかったです。ライブ後の打ち上げも何かと若い対バンの子らが気を回してくれる感じで、おっさん的にはありがたかったです。ありがとうございました。

 

 

翌日は西成で昼間にライブがあって入り時間が午前中なので、加古川に戻らず兎我野町のホテル関西に泊まる予定。終電で梅田について、なんとなく小便するタイミングを失ったままホテルのフロントについた時には膀胱が破裂しそうな状態で、チェックインの申込書いてる間にジョン、、、、ジョンジョンとパンツの中で小便が少し漏れてしまい、全部は漏らすまいとアウアウ言いながら部屋の便所で小便出せた時の気持ち良さ言うたら、これが一人SMプレイかなと思いましたが、後でパンツの股間部分を確認するとまあまま小便が染み込んでもうてる感じだったので、風呂場でパンツの染み箇所だけを摘み洗いさしてもらい、直接ズボンでコンビニへカップラーメンを買いに出る。ズボンの裾から忍び込んだ冷たい夜の空気が金玉袋をゆらゆらと柳みたいに揺らしていい気持ち。

 

 

自粛要請的なんはなくなって、夜中だったけど飲み屋とかも結構お客さん居てました。ちょっと風俗街パトロールしつつ、コンビニでカップ麺にお湯入れてホテルに戻り、麺のびのびのラーメンうまかった。ラーメン食って歯磨きもせずに寝たら翌朝の歯磨きで久しぶりに歯茎から血が噴き出し、最近歯茎から血が出ないのは真面目に歯磨きしてたからなだけで、歯周病的なんは治ってなかったんだなと思いました。

 

 

翌朝の兎我野町。ビルの掃除のおばちゃんが休憩でタバコ吸うてたり、酒屋が空き瓶回収してたり街っぽい風景。1泊3000円のホテルに泊まったけど、朝飯はなんか高級ビュツフェみたいなん食うたろかなと思い、スマホであれこれ探しながら、とりあえず梅田駅まで歩く。

 

 

高級ビュッフェ探してたのに結局は御堂筋線で動物園前まで来てしまって高級ビュッフェ諦める。朝飯食うとこ探しながら商店街とかぶらつく。

 

 

私ら世代、平成といえば光ゲンジやったけど、30年後の今は折坂悠太くんやもんな。時代も芸術的に変わった。

 

 

トビタシネマ跡。昔、夜中にこの前通ってたら明らかに覚せい剤で白目剥いてるおっさんが街灯の下におばけみたいにポツンと立ってて、最初お化け屋敷のバイトの練習してるんやろか思って結構ビビった。

 

 

ああゆう使われてない屋外広告に下手くそな落書きあるのん大阪っぽくて好き。神戸の人はああゆう汚い下手くそな落書きは元町の高架下とか人目につかんとこにする。

 

 

西成区やから自民党嫌いな人多いんかもしれんな。また選挙あるけど、私なんかも選挙のことあんまり興味がなくて、どの候補者がどんな感じとか調べるのも面倒やから、もう自民党以外の女性議員を選ぶんで大外しは避けれるやないかな思てます。

 

 

いきなり抱きつくのか。どうゆう衝動なんやろか。その衝動を電力に変える仕組みを発明したらNO原発でノーベル賞やな。

 

 

あいりん地区に入ると自民党嫌い感がグンと増してた。このセピアな感じが中国残留孤児の写真みたいで懐かしい。萩之茶屋の商店街にうどん屋があって、鰹節配る仕事してた時に先輩の横乗りで確かこの店にも納品してたなと思い出し、食いに入る。私の担当区は生野区とか東成区とか東大阪やったので西成に来ることはあまりなかったけど、たまに先輩に頼まれて納品に寄ったりして、やっぱあいりん地区の店はバックヤードも癖あって面白かった。鯛よし百番の厨房入った時は強烈で、追回しみたいなおばちゃんが従業員全員から怒鳴りまくられてて完全にいじめや思うたけど、おばちゃん自身は長年いじめられてるからか全く気にせず黙々と仕事してる感じで、こうゆう世界があるのかと結構衝撃やった。一方、千成屋のおばちゃんは気さくな感じで、私がうどん食うてると「音楽やってはんのか」と声かけてくれて、短い時間だったけど色々喋って面白かった。

 

 

うどん食うたあと、100円の缶コーヒー買って三角公園へ時間つぶししに行く。高級ビュッフェ食う案は一体なんだったのか。ちょうど何かしらのデモみたいなんあって、あのデモに参加してる人はバイトとかなんですかねぇ。みんな遣らされてる感がすごくて、タバコ休憩とかちょいちょいあって、どこに向けての何のデモなんかもよくわからんのですが、秋祭りで地車引いて歩くみたいな季節ごとの行事と考えれば、ほのぼのしててええ感じかな思いました。

 

 

ほんでライブ会場の釜晴れにチェックインして音チェックしたり色々する。あらかた用事済んで開演まで外でストレッチしてたら知り合いの人が次々と訪れて、なんか思ってたよりライブは盛況な感じになりました。ありがとうございます。

 

 

ライブは前半後半各40分ぐらいで、やっぱりなって感じに後半ちょっとグラグラしだす。なんとか途中で止まったりせずに最後までは出来て、まあそれで十分かなとも思う。お客さんも私に高望みなんかしてないし、ライブ後に「今日は顔面ピクピクなってなくて良かったよ」とか言うてくれるお客さんも居たり、ブログに書いてる日常込みでライブも見守ってもらってる、カニコーセンとお客さんとの関係性は随分前からそんな感じです。

 

 

小学生と保育園の子供さん3人連れて綱渡り的な勢いでライブ見に来てくれたお母さん、逆にライブしながら私が家族を眺めてるみたいな瞬間もありましたが、お母さんてほんま気の休まる時間がなくて大変な仕事やと思います。小一の息子さんが私の絵を描いてプレゼントしてくれたり、私は一体何様なんやろとか判らんなりますが、その場その場で役割真っ当する感じにライブ後もお客さんと飲みながら話したり、けどちょっと飲みすぎて人のプライベートに口挟むようなこと言うてしまったり、やっぱそういうことしてもた後は変な疲労感ある。ちゃんと人との間に線引いて、踏み込んだり踏み込まれたりで疲れたり疲れさせたりがないよう気をつけます。こないだテントコーヒーのマスターに言われた通り、酒の合間に水飲むようにしたら、帰りとか翌朝とかはかなり体が楽でした。

 

 

写真はライブ後に釜晴れで出してもらったまかないご飯。さらにシチューとかも頂いて、この日の朝考えてた高級ビュッフェ食う目標も叶って良かったです。釜晴れのライブは来月もあって、セットリストを更新できるように曲やネタをまた考えていきます。

 

兎我野町泊まってちょっとライブツアーっぽい2日間でしたが、久々の人に会えたり、売り出しの『Neverland Diner 二度と行けない神戸のあの店で』も沢山買ってもらえたり、ありがたかったです。通販でも何冊か買ってもらって、あと釜晴れの帰りに梅田の駅でばったり会ったポッドキャストのデミズくんに買ってもろたり、今のとこ在庫残り3冊です。買いたいな思うてる方はお急ぎください。→ 通販

 

 

今週末は大阪でライブあります。持ち時間短いですが、出る人沢山なので興味ある方は是非どうぞ。

 

10.31(日)FMステーション

場所)北浜雲州堂

出演)浜谷俊輔 / みのようへい / 鈴木庸聖 / 森田雅章 / ささきたかし / 高岳銘 / 大和川三助 / みられそしお / 藤本恵 / ヤノフトシ / ミノカナコ / 本城タカヒロ / フラフープス / ミカミッヒ / まさとりょう / ムラカミマイ / 水津樹 / 桜川春子 / 多門伸 / カニコーセン

時間)12:00-15:00

料金)1400円(呑別)

※一人セッティング込6〜7分の弾き語リレー