ブログ日誌121

 

寝る前にちょっとストレッチ的なことをしたらええかなと思って、でも寝る前にやり過ぎると血圧が高くなって寝付きが悪くなるかもだから、あんまり無理せず半分寝てるような感じでやってたら床でそのまま寝てしまい、夜中の4時に目が覚めるみたいなこともたまにあって、けど何日か前、遅番終わりでお酒もいつも通りに呑んで風呂入っての心身ともに解き放たれてる状態があり、もしかしてこの状態でガッツリめにストレッチしたら効果上がるんちゃうかなと思い付いてガッツリめにやってみたらまあまあ効果ある感じで、いつもだと手が回らない背中の箇所に手が回せたり、開脚もいつもよりは座骨立ってる感じで、それにアルコールの効果があってか痛みに鈍感で、ストレッチに伴う筋の突っ張りが平気というか、いつもなら痛くて力込めれないとこにグッと力を加えられたり、すると肩甲骨なんかはワンランク上の動きになってて、この調子で酒呑んでストレッチ続けていけば、思ってるよりも早く肩の関節とか外せるようになるんじゃないかなと思い、それからは毎晩酒を通常より多めに呑んでストレッチをするようにしたら、まあ案の定というか、起きたら右足の外側を痛めてる感じで、それも以前ならそっとしておいたかもやけど、痛いところはあえて動かすようにしないと筋肉が固まってしまうみたいな独自に描いた理論によって、朝の散歩後に膝の横を伸ばす感じのストレッチをし、そして思い切って右膝に体重をかけてみたら「バチ」って焼き栗が爆ぜるような音がして、同時に膝の外側に激痛が走り、右足の膝摩りながらとっさに「ごめん!ごめん!ごめん!」て叫んでしまった。

 

 

一応は膝の曲げ伸ばしは出来るから断裂みたいなことはないけど、おそらくは何本かあるうちの何本かの筋は切れてるような気がして、とくに階段下りるのに結構難儀する。酒呑んで調子こくみたいなこと、これまでに数えきれないほどやってきたけど、ストレッチに於いてもそうゆうやってもうた感て起こせるんやなと、なんか勉強になりました、膝の痛みと引き換えに。次のダンス教室までには治ってほしいけど、年いって怪我の治りも遅いから無理かもな。

 

 

先日。実家の墓参りに行きました。この時はまだ膝もやってなくて、天気もいいから河原を自転車漕ぐのも気持良かった。

 

 

実家の親は体がしんどいらしく、お墓には一人で行きました。お彼岸の前やから墓に人も居てるかと思ってましたが誰もおらず、こんな状況で現れたマムシに噛まれたらどうすればいいのか心配になる。お彼岸の時期は村の山の栗がそこらじゅう沢山落ちてて、ある程度どのあたりに栗が落ちてるのかも知ってるのだけど、去年独りで栗拾いしてたらマムシに遭遇して、だから今年はあんまり栗拾う気になりませんでした。あと栗を拾ったら、栗を拾った人が栗の皮むきをしなきゃいけなくて、こないだのビワジャムのときもそうですが、一旦始めると終わるまで終われないというか、栗もほどほどの量を拾えば皮むきまで楽しくやれるんかもですが、私の性格上、栗を1個拾ったら、もう辺りにある栗を全部拾ってしまわなければ死んだ方がましみたいな精神的に危険なゾーンに入ってしまう可能性もあって、いい塩梅で栗拾いを止めるってことが出来なくて、そうゆう奴やから膝の筋を自力で切ってしまうし、結果的にはただの阿呆なんですけど、でも1個でも栗を拾うとそこで世界が変わってしまうから、今回は落ちてる栗をなるべく観ないようにして墓まで行きました。

 

 

墓参りビフォー

 

 

アフター

 

 

隣りの墓は沢山人が死んでる。寺の常連さんいうわけやな。

 

 

別の道を通って帰るとすごい大きな栗が落ちてて、拾うの我慢するんに一苦労しました。たった一粒の栗が悲劇を招く。覚せい剤と同じかな。人間やめますか栗やめますかの世界。

 

 

休みの日。空空クラブの歌の録音をしに大阪駅前ビルの貸しスタジオへ行きました。少し早めについたので録音の前に飯喰っとこ思って、出来れば昔梅田でバイトしてたころに良く行ってた、めん二郎っていう安いうどん屋に行こうと思ってたら、コロナでか休業してて、それ切欠でパニックに陥り、ほかにも飯喰えるとこなんぼでもあるのに、全然店決められなくてウロウロするばかり。結局時間なくなってしまい、コンビニでサンドイッチとメカブの惣菜買って通路で立食いしました。

 

 

スタジオは4時間で、録れるだけ録ろいう流れ。ライブでよく唱ってるわけでもないから音程もグラついてたけど、一応4曲くらい録って無事終了。おつかれさまでした。

 

駅前ビルの中の居酒屋は普通にお酒出してるとこもあって、一応呑みましょかいうことでサッカさんと二人ウロウロしだすも、満席やったりいろいろあってここでもパニックに陥り、結局またコンビニでビール買って路上呑みしました。まあ外も涼しいし外で呑んだら換気100%やからウイルスも夜風に乗って空へ消えていくしで、何の気兼ねもせず楽しく呑めました。

 

サッカさんやサッカさん周りの友達の間でも筋トレ的なんとかエクササイズ系が流行ってて、そうゆう話で盛り上がる。ていうか、自分はサッカさんに動画教えてもらってからハマったんやった。普段そうゆうトレーニング的なこと誰とも共有せず一人でシコシコやってるから、人の話聞くとわりかし面白くて、自分は最近野菜を沢山食べるようにしたり、あんまり揚げ物は喰わんかったりしてたけど、サッカさんの方でも蒸し野菜パーティーしたりオートミール喰ったり、そんなん聞いたらわしかてオートミール喰ってみよって思うし、もう走り出したら止まらん感じで、でもそんなことより酒を呑むの止めたら一番健康になれる気もするけんけど、不健康も残しておきたいみたいな気持もたぶんある。

 

 

ちなみに私がなりたい身体はこれで

 

 

サッカさんがこれ。どちらにせよハイレベルな体つきなので道のりは遠い。

 

駅ビルの側で外呑みしたあと、兎我野町とか堂山をビール呑みながらパトロールしてると、開いてる呑み屋はどこも流行ってるし、涼しいから外呑みしてる若い子も多くて、なんか土曜の夜やな~云う感じが少しだけ味わえました。

 

サッカさんとバイバイしたあと、大阪の橋本さんからメールがあって、ちょうど一年前の9月25日が空空クラブの初ライブの日ですよと教えてもらった。1年間でまだ2回しかライブしてないんかって思ったりもするけどそれで充分楽しめてるし、自分は自分で他にもやりたいこと、立ち飲み行ったり、肩甲骨のストレッチしたり、カニコーセンの録音したりいろいろあるし、もっと時間とお金があったら一つ一つ丁寧にやるんやけど、全部やれな気が済まん、全部やれんかったら意味ないから辞めや!みたいな神経症的思考がたまに浮上してきそうだったので

 

 

食い止めるために駅のコンビニでチキンカツサンド買ってホームで丸呑みし、持参した水筒の水で胃袋に押し込みました。おかげで神経症的発作を起こさずに自宅で爆睡出来ました。爆睡いうてもいつも決まって4時間半だけど。

 

10月後半からライブがちょこちょこ決まってきてます。稼ぎたいのもあるし、人と会って喋りたいのもあるし、ライブで唱ったり喋ったりするんも勿論楽しいし、なんかいい事しか云わんブログになってきてますが、もともと私はそうゆう人間なんかもしれんくて、けどグランジブームのときに何かおかしな洗脳みたいなんされたのか、カートコバーンの怨霊に取り憑かれたのか、その洗脳や呪が最近ようやく解けてきたような気もします。私はもっと酒を呑みたいのです。よろしくお願いします。