ブログ日誌118

 

仕事の昼休憩。昼休憩いうても夕方ごろやねんけど、なるべくお金を使わずに過ごしたいのでダイエーのゲーセンの横にあるベンチでフリーWi-FiつないでYouTubeでも見よかな思たらダイエーの館内全て空調が壊れてて結構蒸し暑く、なので行くあてなくなって、ただブラブラする。

 

 

そういえば私も今年の初めから月に2回くらいは歯医者に通ってて、腐った歯茎を抗生剤で治したり、古くなった被せもんを取り替えたり、虫歯もまだまだあるみたいで、未だに終わりが見えない。だから私の歯もボロボロの歯に入るのかもしれない。ただ歯磨きは毎食後にするようになって歯茎からの大量出血は治った。今ならりんごを丸かじりしても出血しない自信がある。

 

 

仕事帰り。翌日が休みやから酒多めに飲んどこかな思ってセブイレ前のゴキブリ広場へ。石のベンチに胡座かいて私が飲み始めると「あらカニさん今日も来てらしたんですね」ってゴキブリが挨拶しにきてくれる。「おん、もう勝手に飲むから、自分はあっち行っといて」と返事すると、ゴキブリはカサコソ全速力で私が脱いで揃えたスニーカーに潜り込もうとするので「要らんことすな!」てスニーカーの靴底を地面でパシコン!と鳴らして追い払う。どんだけ俺のこと好きやねん、こいつら。

 

 

金曜の夜やからかセブイレ前はいつもに比べたら人も多めで、みんな自由に地べたに座って楽しそうに喋ってた。もう国やら役所の指示で楽しいこと我慢するの辞めにしようやって思う。こんな終わりのない自粛モードが延々続くんやったら生きてても仕方ないとすら思う。ていうか自分がそう思うんやったら自分なりに自由に行動するのみで、他人がやってることにいちいち引っ掛かったり、とやかく言うてる暇なんかない。セブイレ前でしばらくYouTube見て過ごし、帰って風呂上がりにストレッチしてたら、いつの間にか床で寝てしもうてて、目覚めたら明け方4時だった。

 

 

翌日。撮影サークルの用事で朝から京橋へ行く。10時前集合やけどちょっと早めに着いたので駅前の立ち食いそばを食う。京橋に来ると、なぜか必ず立ち食いそば屋に行く習慣で、特に美味いとかでもないんやけど、どうせ京橋行くんやったら立ち食いそば行こ、ってなってまう。290円の天かすそば食うたあと、15分ほど商店街をうろつく。

 

 

ちょうどパチンコ屋のオープン前の時間で、若い子らが小雨降る中を行列していた。わしもこんな感じでパチンコ屋に並んでた時期があって、ほんま時間と金の無駄やったなと今になって凄く後悔している。そうゆう無駄な時間も人生には必要とか思わなくもないけど、借金してまですることじゃない。コロナやからか早朝やからかわからんけど、商店街の店はほとんど閉まってて、なんか一帯がドブ臭かった。

 

 

誰が貼紙してるんか判らんけど、ほとんどファシズム。欲しがりません勝つまではの時代に逆戻りしてる。抑圧していいことないんて何一つないのに、結果原爆落とされて全員丸焼けなって神様やった天皇陛下が人間に格下げなって、みんな最初から嘘かもなって分かってるのに立ち止まろうとしなくて、地平線まで焼け野原になってから「こうなる思っててん」てなるパターン。

 

風俗店や飲み屋がある路地を歩いてると、なんか見覚えあるホテルの看板があった。2〜3年前にシカクの周年イベントでライブさしてもろたホテルで、嫁さんとライブしたんもこの辺りが最後らへんやった。あの時の自分を思いかえすとやっぱり完璧病んでたなと思う。嫁さんが無理ってなるのが普通の流れやと、今は分かり過ぎるほど分かるし、そうゆう記憶ごと自分を消滅させてまいたい。でもそれも神経症人間の考え方で、もう開き直って続きを生きる他ありません。

 

 

京橋駅の外れにある廃業したホテルを改造して、レンタルスペースとして貸し出してるのをカリキ監督が見つけてくれて、音楽スタジオよりも安く借りれるので、そこで歌の録音を5時間しました。作曲とカラオケは空空クラブのサッカさんがやってくれて、歌詞はカリキ監督。歌うのは私とサッカさんと、サッカさんの友達のクリちゃんで、三人各パートを順番で録音しました。結構試行錯誤的な感じで作業進んでて、もっとすんなり行けたらいいのになとも思うけど、こないだSNSで動画流れてたラッパーのNasが、過程がなければ結果もないみたいなこと言うてたので、まどろこしい一つ一つの作業もNasが言うそれなんやったら、まあええかなーって思った。結果って何?って言われたら、多分大した結果もないねんやろけど、それじゃ意味ないって思うような人は、多分何やっても楽しくなられへんねやろなとは思う。カニコーセンを35歳まで始められなかったのも、結果ばかり考えてたからかもしれない。やる気はやらなきゃ起きない。

 

 

録音時の歌詞カードにメモられたクリちゃんのオリジナルな譜面。灰野敬二の譜面みたいで、努力の跡が涙ぐましい。

 

 

録音は時間内に無事済んで、そのあとはレンタルバイトでラッコさんのツイキャスラジオに出ました。去年の春にも確かラッコさんはレンタルしてくれて、その時も京橋のビジネスパークらへんに行ったけど、今回もなぜか同じ道順で同じベンチに座った。ツイキャスの途中で2曲弾き語りしましたが、定番の曲も全くコードが思い出せず、そういえばお盆のライブからかれこれ1月ほとんどギターを弾いてなくて、よくこんなんでフォークシンガーとか言うてるなって自分でも思いました。それなりにツイキャス聞いてくれてる人もいて、ありがとうございました。ラッコさんにはお酒やお菓子もらって自分の愚痴みたいなんも聞いてもらって、その上でお金ももらうとか仕組みがおかしいんですが助かりました、ありがとうございます。今週末は、かこフェスの公開オーディションがあるので、ちょっとヴォーグダンスの振り付けは置いといて、ギターの練習をしよ思います。そういえばオーディション用に「こんにちわ加古川」って新しい曲を作ったので、よかったら聴きに来てください。加古川でしか歌わない曲なんでよろしくです。

 

 

9.18(土)かこフェス公開オーデション

場所)東播磨生活創造センター かこむ

   加古川市加古川町寺家町天神木97-1

時間)カニコーセンは16:45から20分間

料金)入場無料

来年の3月に加古川の河原である、かこフェスという音楽イベントのオーデションライブに参加します。できれば合格したいので応援しに来てください。観覧は無料で12:30から12組出ます。予定通りだと11番目16:45からですが棄権とかそう言うのもあるかもなので、詳しくは当日のツイッターなどチェックしてください。

 

レンタルできることなんでもする人(時給800円)も随時募集してます。できることなんでもしますんで、お気軽にご相談ください。