ブログ日誌117

 

ちょっと用事があって空空クラブのサッカさんに連絡したら、用件とは別に「カニさん、最近どんなトレーニングしてますか?」と聞かれたので「相変わらず竹内まりな先生の動画ですわ」と返すと、タイのまりな先生みたいな人とかいろいろ良さげな動画を送ってきてくれて、結構ええ感じですねとかエクササイズについての会話が続いてたのだけど、ふと、我々はいつからこんな筋トレとかで会話するようになってもたのか、ならばこの路線でレオタードでライブしながら水分補給はこまめにするユニットに路線変更してもええんちゃうかなと思ったりした。そうすれば今までは物販もTシャツとかトートカバンくらいしか作れなかったのが、ウォーターボトルとかヘアバンドとかスポーツタオルとかロゴ入りグッズが展開一気に広がってええんちゃうか思たんですが、その前に腹筋を割らんといけないので、もうちょいエクササイズ頑張ります。

 

 

先日はテレビ電話1時間するレンタルバイトの依頼頂いて、仕事前の空いてる時間にお悩み相談みたいななことしました。私もカウンセリング行ってたことあるんでよく判るんですが、机の引き出しの中のもんを一回全部出して整理しながら元に戻す作業というか、なんか考え事して気持ちが詰まる時って喋るとわりかし整理ついたりすることもある思います。けどあんまり身近な人が相談相手やと込み入った話題で言うてええことあかんことあるし、自分のことあんまり知らない人の方が相談するには都合がよくて、だからカウンセラーて仕事があるんやと思います。カウンセラーの仕事はなるべく意見せずに全部聞くのが方法としてええんやろう思うんですが、わしも専門家やないので先日はつい話を取ってまうようなこともあって、ちょっとその辺申し訳なかったかなーと反省してます。

 

 

仕事の昼休憩。久しぶりに鉄棒にでもぶら下がってみるかなと思って湊川公園に行く。私が鉄棒にぶら下がってると小学生の女の子二人組が自転車でやってきて、一人の子が自転車でバーンと転んでしまった。とっさに私もアッて叫んで鉄棒から飛び降り、近くのベンチで缶酎ハイ飲んでたおっちゃん二人も「大丈夫か!」て一瞬総立ちになる。で、もう一人の女の子が転んだ女の子に駆け寄りながら「スマホ!大丈夫!?」て声をかけてて、ほしたら転んだ女の子が呆れた感じで「ちょっと、スマホより、あたしの体のこと心配してよ」て言いながら立ち上がり、まあ怪我なくて良かったのだけど、会話が大人びてるというか、湊川の子供は鍛えられてるな思いました。

 

 

水曜日はヴォーギング教室。この日の振り付けも1時間では全然覚えきらない感じで情けなかったですが、練習をビデオで撮ってるので、それ見ながら後で練習することで諦めました。ヴォーギング習い始めてから肩や腕の上げ下げの動作を今までの100倍くらいするようになり、すると肩甲骨周りとか肩もなんとなく疲れ気味で、あと年齢的に四十肩の時期も重なってか右肩をやや痛めてる感がして心配。

 

 

教室の帰りし、加古川に着くとゲリラ豪雨的なんが降ってたのでシャッター商店街で小降りになるのを待つ。待ってる間にやることがないので、撮った練習のビデオ見ながら振り付けを信用金庫の窓ガラスに写して練習してみる。もうなんか自分がフラッシュダンスの世界にいるような気分でウットリし、ワラフィーリン!(What a Feeling)て歌ってたら真っ黒い雨合羽着た自転車のおっさんとガラス越しに目が合って、急にシュンてなる。

 

 

仕事帰り。神戸駅と新開地を地下でつなぐメトロ神戸という通路があって、確かそこに姿見があったなと思い出し、ちょっと立ち寄ってヴォーギングの振り付けを練習する。カニコーセンやって人前で踊ったりするのも殆ど恥ずかしく感じないんで、路上の鏡の前で下手なヴォーギングするのも全く問題なく、そうゆう意味でカニコーセンやってて良かったなと思います。30分もやれば振り付け覚えれると思ったけど、脳みそが年いってるせいか全然覚えられず、マイペースでコツコツ続けるのみ。

 

 

あんまり自宅に早く着きすぎるんも嫌やなと思ってヤマトヤシキの地下でビール買って2階のエントランスで飲む。日が暮れると涼しい風が吹いて、これから真冬の寒くなるまでが外飲みのベストシーズンや思うんですが、やっぱ同じ考えの人も居てて、仕事帰りのサラリーマンがロング缶飲みながら楽しそうに喋ってました。

 

 

ここだと人目も気にならないし、風もよく通って過ごしやすいし、お月見代わりのヤマトヤシキのロゴも眩いし、なんかもう緊急事態宣言で飲み屋がこの先開かなくても外があれば構わんわって気分になってきている。

 

 

ヤマトヤシキの6階に移転する加古川図書館は10月かららしい。意外と便利な気がせんでもないけど、大北海道展やってる場所に本が並んでる感じは味気ない気もする。しかしなにもかもが時代の流れだからしょうがないし、わしが早い時間に自宅へ帰りたくないのもそうゆう時代のニーズに応えてるだけ。

 

 

ほんで今日はレンタルバイトしに神戸のコマヤさんへ行きました。内容はハンドパン演奏のこぶねさんが多重録音のアルバムを制作中で、録音のミキシングとかCDのマスタリングとかをどんな感じでするかいうご相談。その場で自分がミキシングとかやってしまえれば良かったのですが、使ったことないソフトだったりで実際に作業はできず、代わりにお弁当を食べたり、お酒を飲んだり、世間話などをして楽しく過ごし、録音作業的なことは1ミリも進ませられないまま、帰宅。これでお金取るとかかなり極悪な感じもしますが、またこぶねさんには何かしらでコツコツお返しできたらと思います。お弁当・お酒・お金、全部ありがとうございました。

 

帰りしに自転車屋のポートに寄ったらユーチューバーみたいな男の子が居てて、初対面でしたが今度その子がしてるポッドキャスとに出してもらうことになりました。なんか生きとし生ける人が無限に自分を発信できるみたいな時代が来て良かったなと思いますが、発信することに追われすぎてるというか、わしなんかモロにそれで、ロードローラーに追いかけられてるみたいな神経症の世界にまた足を踏み入れてるような気もします。でも行くとこまで行って下半身くらい潰されないと流れが止められないような気もします。中途半端に下半身潰されて生き延びるなら、いっそペチャンコにされて死んだ方がマシや思うて切腹したんで三島由紀男です。

 

明後日12日はレンタルバイトで大阪のラッコさんがやってるツイキャスに出ます。15時半頃からの予定で、またその都度ツイッターなどでお知らせします。良かったら聴いてみてください。チャンネルはこちら → https://twitcasting.tv/c:yanafukin

 

あとレンタルも随時募集してます。交通費もらえればどこでも行きますし、1時間800円もらえれば出来ること何でもします。オンライン人生相談もいたします。もろもろ宜しくです。