ブログ日誌116

 

仕事終わってヴォーグダンス教室までの時間、お金があんまり掛からなくてフリーWi-Fiがつながる涼しい場所でアマゾンプライムの映画でも見たいなと思い、どっかええ場所ないかなとウミエの中をウロウロ探す。エスカレーターの柵の横とかに椅子が3個くらいあってタダで座れるけど、できればパソコンを置く机があった方がいいなってなり、結局4階のフードコートに行きました。フードコートのお店で何も買わずに座席を利用してそうな人もいて、けど結構敷地が広いので目立たなくて、お金使いたくないからわしもそうしよかなと思ったけど、この日はたまたま見栄っ張りモードというか、つるピカハゲ丸みたいなことをする勇気が出ず、なのでウエンディーズで500円のハンバーガセットを買って端の方の席でムーンライトという映画を見ました。

 

 

ムーンライトの主人公は小学3年くらいの黒人の少年、学校で滅茶苦茶いじめらてて、家は母子家庭で貧乏、お母さんはヤク中で育児放棄、学校にも家庭にも居場所はなく、庇ってくれるのは近所に住む麻薬ディーラーの小金持ち夫婦と、親友の男の子だけ。少年がいじめられてる理由は家が貧乏なこと、お母さんがヤク中なこととか、少年自身幼くてあまりわかってないけどゲイであり、ちょっとナヨっとして大人しく、いつもヤンキーにボコボコにされるけど家にも居場所がないので引きこもることも出来ず、だから学校にはずっと行ってて、ほんでずっといじめられている。庇ってくれる麻薬ディーラーの兄ちゃんはすごいいい人なんだけど、少年のお母さんにも麻薬を売ってて、街自体が貧乏なのでヤクザみたいな商売でしか経済が循環してなくて、そこが悲惨だなと思った。でも例えば加古川なんかの場合で考えてみると、ヘロインをパチンコやストロングゼロに置き換えてみれば似たような話はありそうな気もする。

 

フードコートの席でハンバーガー食べながら映画を見てると「ちょっとー、座席でパソコン開けないでー」と声をかけられ、見上げると警備員の人が立っていた。何かしら注文してれば自由に席を使ってええもんと思ってたし、平日の夕方なので人も全然いなくて、パソコンくらい見てもええやんけと思ったけど、確かに座席の横の注意書きみたいんを見ると、飲食以外で席を利用しないでくださいと書いてあり、仕方なくフードコートを離れ、エスカレーターの横の椅子に場所を変えて、スマホでムーンライトの続きを見る。

 

 

 

アメリカの学校の制度をよく知らんのだけど、そのあと少年がたぶん高校生くらいになった時には世話してくれてた麻薬ディーラーは死んでもうてて、一方お母さんの麻薬中毒はいよいよ酷くなり、麻薬買うお金欲しさに自宅で売春したり、少年にお金の無心したり最悪の状態で、また唯一の親友もやむなしな流れがあって少年を裏切り、いじめグループに加わってしまったりする。アメリカで銃乱射事件を起こす人がどんな環境に育ったかは知らんし其々だろうけど、孤立無縁状態になった少年を見ながら銃乱射してもおかしくないなと思った。でも少年は銃買うお金もないし、神経症のおっさんみたいな弱いハートじゃないから、いじめグループのリーダーを椅子でボコボコにしばき、街から去る。去ると言うか警察に捕まって少年院に入る。その後、少年は金のネックレスがバリバリ似合いそうなガチムチのヤクザに成長してて、あるきっかけで自分を裏切った親友と再会するために、親友が働いてるキューバ料理店に行って、まあええ感じで心打ち解け合うような流れなんだけど、親友が働いてるキューバ料理店の内装というか、アメリカの食堂ってなんであんな居心地良さげなんですかね。作り的には日本のファミレスとかが真似てるから似てるのは似てるねんけど、なんかめっちゃオシャレに見える。沖縄とかいったら有りそうな感じもするけど、加古川にもガストじゃなくて、ああゆうキューバ料理店みたいな食堂があってほしい。もしくは昔のドライブインみたいな。俺がパチンコ屋経営してるヤクザの息子やったら親父に頼んでキューバ料理店するのにな。

 

 

遅番の帰りし。セブイレ前のゴキブリ広場で白角水割飲みながらYOUTUBEで中島らもが徹子の部屋出たときのを見る。シンナーやってたとき全然体が動かなくなって、仮に今、灰皿のタバコが床に転がってもどうすることも出来ずに焼け死ぬなと思ってシンナーやめましたとか、ブロン1日何本か飲んでると月10万円くらいかかるんでブロンやめましたとか、なんかムーンライトのヤク中のおかんに比べたら中島らものヤク中の話は殺伐としてなくていいなと思った。あと、教養とは一人で時間を潰せる能力やと思います言うてはって、なるほどなと思いました。確かに自分も大人になってから休みの日をどうやって過ごすかでうまくいかんくてパチンコはまってもうてたから、もし社会人として学生の人に何か良いアドバイスありますか?みたいな街頭インタビューを受ける機会があったら、一人で遊ぶんて結構難しいから何か趣味を探した方がいいよ、って答えるだろうなとずっと思ってた。まあ35歳で宅録始めるまでずっと趣味見つからずにパチンコで借金作って身内に散々迷惑かけてもうたのでアドバイスなんかできる立場じゃないんですけどね。なんか改めて失敗の多い人生やな思います。

 

 

9月はライブがなかったんですが、前回のブログに書いてた「かこフェス」のオーデイョンが公開形式みたいなんで、お暇な方いたら応援しに来てください。持ち時間は20分しかないですが、まあいつも通り自分を盛り上げる感じでやりたいと思います。よろしくです。

 

9.18(土)かこフェス公開オーデション

場所)東播磨生活創造センター かこむ

   加古川市加古川町寺家町天神木97-1

時間)カニコーセンは16:45から20分間

料金)無料