ブログ日誌106

 

竹脇先生の動画とともにするエクササイズも最初は部屋の隅っこで20分くらいしかしなかったけど、最近は部屋も片付けてそれ用のスペースを作り、50分くらいはなんやかんやしてて、ストレッチみたいなんも大事やなぁと股関節のストレッチを動画見ながらしたりしてます。

 

 

その途中で足の付け根のマッサージみたいなんがあって、足の付け根にはリンパが沢山あって老廃物が溜まりやすいので、しっかり揉みましょうと言われるがまま、股の付け根、ちんぽの周り、金玉のうら、肛門の周りなどグイグイ揉んでたら、どこのツボがどう刺激されたのかちんぽが軽めの勃起し始め、すごく気持ちがいい。思い返せば生まれて一度も足の付け根や肛門の周りなんか手で揉んだことなんかなく、もしかしてわしのちんぽが小学4年生くらいから成長止まってるのは、足の付け根あたりのどこかのリンパが詰まってたりして、ちんぽを大きく長く成長させるための情報伝達物質がどこぞのゴミと一緒くたになったまま吹き溜まりに澱んでいるように思えてきて、ゴミをかき分けグイグイと揉んでるうちにちんぽ大きく長く成長させるボタンみたいなのを偶然に発見し、押した途端、あれよあれよとちんぽが大きく長く成長、ああ〜やっと人並みのちんぽになれた、今世紀最大のコンプレックスが解消された、これで真人間として健やかや気持ちで銭湯に行ける、みたいに思ってたらパソコンのエラーログみたいに溜まりに溜まったちんぽ大きく長く成長させる伝達物質が一気にちんぽに押し寄せすぎて、足のくるぶしに届くくらいまでちんぽが巨大化してしまい、真人間通り越してビックリ人間、ライブしててもみんな俺の顔じゃなくて股の間に垂れ下がった象の鼻みたいなんをジロジロ眺めて歌も全然聞いてくれへんし、仕事するときもちんぽが邪魔で仕方なくなり、結局は高須クリニックにちんぽ短くしてもらいに行くみたいな、そんなおとぎ話ってありましたっけ。

 

 

昨日は大阪の難波宮公園というところで路上ライブの集まりみたいなんをするんでカニさんもどうですかと大阪で弾き語りしてるささきたかしくんに誘ってもらい、夕方から出かけました。

 

 

地下鉄谷町4丁目で降りてコンビニで缶ビール2本買って難波宮公園に向かう。途中で雑草が大きくなりすぎて樹木みたいになってるのを発見。これも放射能のせいなんかな。ちんぽに放射能あてるゆうのもありやな。

 

 

集合場所はデッカい土台の上。私が着くと既に何人か土台の上で待っていて、永遠の少年がおるわと笑けた。後ろの団地と空の感じが果てしない。

 

 

ビルの向こうに日が落ち始めると結構涼しくはなって、土台がちょっと高なってるから風通しも良く過ごしやすい。なぜか蚊も少なかった。交代で弾き語りしてるうちに酒もすすんで人もぼつぼつ集まりだす。冬支度の安田さんは家がわりかし近いみたで、玉出の唐揚げをお土産に持ってきてくださり、久々に色々喋った。カリキ監督も後から来て、難波宮の土台を見ながらラストエンペラーの満州国のやつみたいやな言うてて、あれは悲しいお話やった。結局20人くらいは人が集まって、子供とかも居てたし一緒に走り回って楽しかった。私も何曲か弾き語りさせてもらって、まあ、弾き語りというか酒飲んでふざけて叫んでるみたいな感じでしたが、ええストレス発散になりました。

 

トラディショナルスピーチの森田さんも仕事上がりで来られて、シンディーローパーのマネー チェンジズエヴリシングのめちゃくちゃな替え歌されてて、笑いまくった。やっぱ森田さんおもろいっすわー言いながら安田さんと喋ってると「なんか森田さんの写真撮ったら高級マンションのチラシっぽくなりましたわ」いうて転送してもろた写真がこちら。

 

 

結構飲んで裸踊りしたり、かなり楽しんで終電くらいで帰る。自宅に戻って風呂に入り、寝る前にまた竹脇先生の寝る前10分ストレッチいうのをやって寝る。竹脇先生の「今日も1日おつかれさまでした」の声はとても癒されます。

 

ほんで今日。森田さんのシンディーローパーの歌詞やばかったな、できれば歌詞売ってもらって自分で作り直したいなと思い、森田さんにシンディーローパーの歌詞売ってくださいとメールしたら「浜省やで」とのことでした。「あげるよ」ってもらったので、またなんか録音してみます。

 

で来週は延期になってた光玄さんとのライブが十三であります。ライブの時間早めで終わるのも早いんで十三で飲めたらええな思うてます。ご都合いい方よろしくですー。

 

8.1(日)俺たちのサマーバケーション

場所)十三BAR RAINCOAT

出演)光玄 / カニコーセン

時間)OPEN15:30 / START16:00

料金)1000円(と呑み代)

予約はこちら→ こちら