コブログ226

11月17日の福岡遠征続き。レンタカーで田川らへんをぶらぶらしたあと、芫さんでライブさしてもらいに博多へ戻る。博多でライブさしてもらうのを決めたのが2ヶ月程前で、そのとき宿を取ろうとしたらぜんぜん空きがなく、おかしいなと思ってたらエグザイルが福岡ドームでライブする日と被ってたらしい。

昨年の冬、とんちピクルスさんにお世話してもらって芫ではじめてライブさしてもらって、お洒落やな思ったので「さざなみ」置かしてもらったり、今回またライブをお願いしようと思ったのだけど、音楽仲間とか知り合いのつてがないので、直接お店にお願いして独りでライブすることにした。知り合いが少ないのでお客さんが来てくれる当てもなく、お店には迷惑かけるかもだけど、ライブはお店の2階を借りてするので、普段の営業にはそれほど影響ないかなとも思っていたり、3人来てくれたらエエかなと思っていた。

音チェックとかも勝手に自分で済ませ、早めに来て下さったお客さんと1階のカウンターで呑んだりしてるうちに、何人かお客さん来てくれて、大阪からサブリミナルコントのピー助くんも来てくれた。ピー助くんは2ヶ月に一回一人旅をしてるらしく、ライブ見るついでに福岡をぶらぶらするとのことで有難う。この日は「わたしの性年表」という出し物で、保育園のときからカニコーセン始める頃までの性にまつわる自分のアレコレを喋ったり歌ったりした。ライブ中もお客さんがどんどん来てくださり、知らないうちに満席になり、外の廊下で聞いてくれてる人も居られて、いつの間にか大盛況。芫のマスター、頑張って宣伝して下さって有難うございました。お客さんの反応も良くて楽しく出来たのだけど、何個か話し忘れたネタがあり、折角たくさん見に来てもらえたのに勿体ないことしてもうた感じもする。その反省をいかす感じで来月大阪と加古川で予定してるわたしの性年表」はバシっと決めたい思います。

ライブ後、お客さんらとお店で呑む。どんな話で盛り上がったのかは、もう忘れてしまったけど、夜中にクイーンのライブ動画とテレホン人生相談をパソコンでシンクロさして笑いながら見るいうのを遣ったように思う。

閉店時間の2時まで呑ませてもらい打ち上げ終了。ピー助くんとギャーギャー喋りながら博多を歩いてるのが面白く思った。あんましカニコーセン知らんけど集まって下さったお客さん、無理矢理お願いしたライブをちゃんと成り立たせて下さった芫のマスターお世話になりました。またどうぞよろしくお願いします。

11月18日日曜日。朝起きてまだお酒が残ってそうな感じもしたけど、レンタカーで長崎方面に移動。早朝に親不孝通りを通ったら本当に親不孝してそうな不良っぽい若者が道端にたむろしていた。

佐世保に向う途中、伊万里のドライブインで小便休憩する。農協のお祭りみたいなんをしてて賑わっていた。自動販売機でペットボトルの水を買おうとすると団体旅行っぽい聾唖の人らが手話で雑談していた。旅先でテンションも上がってる感じで、手話しながらみんなゲラゲラ笑っていた。多分笑い声の音量を自分で計りにくいから、たまにめっちゃどデカい声で笑ってるのが見てて微笑ましかった。

焼き物の産地だけあってお皿や茶碗のガレージセールみたいなんもあった。きゅうすの蓋だけが大量に売られている。

佐世保に到着。日本DEEP案内とかを参考にしてとんねる横丁いうのを見に行く。

しかし日曜日で残念ながらお店は全部閉まってました。

防空壕だった場所をお店にしてるらしく、変わった形の店もあるみたいで見たかった。丘のふもとにずらっと店が列んでて、思ってたより大きな商店街でした。お店は見れなかったけど、鶏のもも肉に無心でムシャぶりついてる人は見れてラッキー。

ほんで堤酒店を発見。看板の文字は世にも奇妙な物語とかに使いそうな不気味なフォント。

カモが葱しょってる感じで、コアラが昆布しょってる。クマかもしれない。

折角なので佐世保バーガー喰おかな思って辿り着いたお店は大繁盛。列ぶのは嫌なので空いてそうな別の店を探す。

5メートルも離れてない場所に同じ店の別店舗があり、なぜかこちらは誰も列んでいない。

800円くらいのバーガー。800円の値打ちがあるかどうか判らんが旨かった。もう一個喰いたいと思うたが我慢した。

ハンバーガー屋のキャラクター。歯がピンク色。

ミュージック&スポーツ。以外と無かった組み合わせ。

商店街をぶらぶらした後、米軍佐世保基地がどんなんか見に行く。沖縄に行ったときも思ったけど、基地の回りにはやっぱしアジア系アメリカ人ぽい人がよく目につく。

隣りに海上自衛隊の基地もあった。あの船一艘で佐世保バーガー何個喰えるんだろう。

佐世保から1時間半ほど移動して長崎の原爆資料館に行く。新婚旅行で広島に行ったときも原爆資料館に行ったのだが、展示がものすご怖かったので、長崎もちょっと覚悟してたけど、お客さんも多かったせいかそんなに怖くなかった。

平和祈念公園にも一応行ってみたが見るとこがないので10秒ぐらいで車へ戻る。今まで訪れた観光地の中で滞在時間が一番短かったのはここかもしれない。

駐車場に戻る途中「被爆者の店」の案内が目に止まる。被爆者の店ってどんな店やろ。被爆して生き残ったおばあさんとかが細々と遣ってるお店だろうか。それとも松葉杖をついてるおじいさんが仕入れた助六とか売ってる店だろうか。気になったので向ってみる。

矢印の方へ進んでみると、たぶんここが被爆者の店だろう場所に普通の土産もんやがあった。もともとからこんな雰囲気なのか判らないけど被爆者っぽさが全くなく、そう云う平和な時代になったんやなと云うことで自分を納得させる。

原爆資料館に小さい子供と一緒に来てる人も結構居たので、こんな感じの玩具も売れたりするんかもしれない。資料館の足元に置かれた展示モニターに映ってる丸焦げの死体の映像を、3歳くらいの女の子がポンポンと叩いてる時はちょっと笑ってもうたりした。

ハンバーガー喰うたけどちゃんぽん麺も喰いたいなと思って中華街をぶらついたが、高級なお店ばかりなので諦めた。気休めで豚の角煮饅頭を喰う。ほんでまた博多のレンタカー屋まで2時間かけて戻る。観光に来たつもりが殆どの時間が車の運転いうのが最近のパターンになってしまって、もうちょい効率よく旅を満喫する方法はないだろうかと思う。レンタカー返す時も店員さんは覇気がなかった。博多駅に戻ったあと新幹線が出るまで1時間ほどあったので、駅のテナントに入ってる立ち飲み屋で呑む。路面店じゃないので期待してなかったのだけど、値段が安くて良く流行ってるお店で、焼酎ロックが190円で呑めたので何杯か呑んだ。入ってる焼酎の量も多くて、とてもいいお店だと思うので、博多駅で時間潰す時はぜひご利用ください。→ よかたい

帰りの新幹線の車内はやっぱりエグザイルのファンの人だらけで、みんな何かしら顔に落書きしたり、リストバンドやタオルを体に巻き付けたりしていた。駅で焼酎呑んだせいで帰りの新幹線はずっと寝ていた。姫路駅で新快速の上り最終に乗るが、乗り継ぎ待ちの播但線最終電車に鹿が衝突したとのことで15分くらい遅れ、ほんで加古川到着。

 

いま職場でリリーフランキーの東京タワーが上映されてて、築豊の炭坑町とかが出て来たり、九州のことば訛りとか聞こえてくると、ええなぁと思う。長崎は一瞬しか見れなかったけど、出来るならもっとゆっくり歩き回ってみたい。この先どうやって人生設計すればキャンピングカーとかで日本全国ぶらぶら出来るような生活が出来るんだろう。

 

明日は春日野道と須磨でライブがあります。どっちも嫁さんとします。

 

◆ 11.25(日)春日野道サウンドフェスタ

場所)春日野道商店街(のぞみ青果)

出演)カニコーセンと定岡くん(ドラム&MC)

時間)13:30〜15:00

料金)無料

 

◆ 11.25(日)加藤さんラココット個展ライブ

場所)須磨 ギャラリー喫茶 あいうゑむ

   神戸市須磨区須磨寺町1-6-12

   078-735-3975

出演)カニコーセン演奏・加藤さんのライブペイント・ラココットさんライブおにぎり

時間)17:00

 

料金)300円