コブログ211

「ザッカーバーグが輪を描いて」の冒頭に出て来る中学時代の同級生が、夜中見た夢に出て来た。わりかし美人のその子が運転する赤いスポーツカーの助手席に私は乗っている。結構荒い運転すんねんなーとか思いながら、何処が目的地なのか判らないけど何処へは向っていて、途中にヒラキの立体駐車場みたいな錆び錆びのラブホテルの側を通りかかり、するとその子はハンドルを急旋回してヒラキの立駐に突入する。そこから先はディズニーランドのビッグサンダーマウンテンのように錆びたホテルの内部を猛スピードで上に下に駆け回り、どうやらこのホテルはガレージ式のカップル喫茶の様なシステムらしく、アメ車なんかが停めてある向こうでムキムキの男とムチムチの女がズコバコやってるのが見えたりして、そういえばこの子、アメリカで働いてたらしいからガタイのええ外人ともそういうことあったやろし、そんな段持ち黒帯みたいな性体験がある人が私の貧相な包茎チンポ見たらどう思うんだろう、、とか段々悲しい気持になる。でもタダで遣らしてもらえんねんし、それはそれで気にせんと思っきしぶつかっていって、駄目なら駄目で謝ればいいか、よっしゃーよっしゃーと興奮してくる。ほんでその子が急にブレーキキキーッして止まった目の前に、無印良品で売ってそうな大人しめのソファーが置いてある。もつれ込む前にとりあえずシャワー室でちんぽの皮だけ綺麗に洗うかと思い、男女別々になってる銭湯の脱衣所みたいとこに入ると、壁に沿って置かれたガラスケースに根本敬先生の漫画の原画がズラーっと列べられており、見入ってるうちに目を覚ます。夢の内容を忘れないうちに「カップル喫茶、夢」とスマホにメモしてまた寝た。

 

人工島みたいなとこのダダっ広い駐車場はアスファルトで舗装されておらずデコボコで、大小さまざまな水たまりには泥水がタプタプに溜まっている。その駐車場に野外ライブ用のトラスが組まれ、舞台にはDJブースらしきものがあり、その前にいろんな形の和太鼓が円形に配置されてある。しばらくしてDJが流し始めたカラオケにのって袖からクリトリックリスさんが登場する。クリトリックリスさんはテルミン内蔵したいつもの黒パンツではなく、天狗のお面を股間に充てたいでたち。天狗の面は赤く塗られておらず白木のままなのでクリトリックリスさんの皮膚の色と区別がつきにくく、あれは天狗の面ではなくギンギンに勃起したクリトリックリスさんのイチモツなんちゃうん?だとしたら、あんなデカいちんぽ今までよくあんな小さい黒パンツの中に収まってたもんだなと感心する。しかし目を凝らしてよく見ると、ちゃんと口とか目とかがあって、やっぱり天狗のお面だと分かる。

 

DJが流すテンポの速い打ち込み曲に合わせて、クリトリックリスさんは一番端の大太鼓から順に叩いていき、一通り回ると今度は2〜3台の太鼓をタム回しの様にドカドカと叩きだし、なかなか華麗なバチさばき。なんでも出来る人なんやな〜と惚れ惚れしながら天狗のお面に目をやると、どうやら急あつらえな感じで無理矢理に紐でお面を腰に巻き付けてるらしく、激しくバチを振り回す勢いで徐々に紐が緩まってきてるように見受けられる。こんなフェスみたいな大勢の前でお面取れてチンポ丸出しとかならなけりゃいいけどなと心配してたが、次に股間を見た時にはもう天狗のお面はどこにも見当たらず、完全にクリトリックリスさんのちんぽが丸出しの状態になっていた。しかしこれがまたなかなかに立派なイチモツで、さっきの天狗のお面と比べても見劣りせず、大したもんだわと思いながら回りを見回すと、みんな天狗のお面が取れたことに全く気付いてない様子で、いやはやフェス上手く行って良かったなと思ったら演奏は終わっており、舞台には誰もいない。

 

さっきの和太鼓ショーはクリトリックリスワンマンライブの前半1部らしく、後半2部はモノレールみたいな乗り物で駅2つくらいのとこにある駐車場へ場所を移して行われるとのアナウンスが流れ、会場にいた大勢のフェス好きっぽい格好の人々がゾロゾロと移動を始める。

 

私は独りでライブを観に来ているのだが、どういう流れだか隣りで観覧していた背中の広くてガタイの良い女性と気心が知れる間柄になっており、2部の会場に移るにあたり「一緒に行きましょう」とお互い体をくっ付け合いながらモノレールの駅に向っている。ライブ会場で好みのタイプの女性といきなり仲良くなって、早々と体もくっつけあえてるなんて、クリトリックリスのライブ最高だなと思いながら駅に着き「ちょっと自分は小便をして参ります」とかたせ梨乃みたいな女性に告げ男子便所に行くと、やっぱフェスの便所ってとても汚く、チキンラーメンの残り汁みたいなんが便器にナミナミ溜まっており、自分が次に小便をここに注ぎ込んだら絶対溢れるわと思い、諦めて別の便所探そうと思うのだけど、便所捜してる間に駅のお土産物コーナーで待たせてるかたせ梨乃が何処かに行ってしまわないかが心配で、一旦我慢してかたせ梨乃のもとへスタスタ歩いてる途中で目が覚め、膀胱がパンパン。なんかエロめの夢ばっかり見るなぁと思い返せば1週間くらい千摺りしておらず、体と心って密接に繋がってるのねと改めて思う。

こないだ土曜日、ライブから夜中1時に自宅に戻ると息子らが夜更かししてモノポリーを遣っていた。聞くと夕方6時から7時間ぶっ続けでやってたらしい。主に長男が遣りたがってる様子なのだが、長男はもともとジャンケンとか福引きが我が家の中に於いては強く、ボードゲームのサイコロ振ったりカード引いたりも得意にしており、嫁さんや次男を相手に勝ち誇れるのが嬉しくてモノポリーを遣りたがってるんだろうと思われる。

ライブの翌日、10月7日日曜日。私は仕事に出て、嫁さんと次男は師匠ら一行と待ち合わせして六甲山牧場とかに行ったらしい。長男も誘ったのだがついては行かず留守番し、でも夜はみんなでモノポリーしたいから早く帰って来てほしい、そんな流れだったらしい。夜、嫁さんと次男が出先から戻ると、居間のテーブルにビシーっとモノポリーいつでも始めれる準備が整っていたらしく、その話聞いてなんかちょっと怖いなと思った。

昨日は振替休日だったが嫁さんは午前中仕事に出て、昼戻るとやっぱりモノポリーがスタンバイされており、夕方まで3時間モノポリーしたらしい。まぁ一日中任天堂の小さな画面見てるよりは、会話とかも出来るしボードゲームの方が健全だと思うが、なんか軽々と度を超してくる長男のノリ、このままで大丈夫なんだろうかと心配になる。

 

昨日の仕事の休憩中。マクドに行ったら祝日いうこともあってレジに行列が出来ており、なんか配給に列ぶみたいな感じしたのでマクドを辞め、菓子パンと缶珈琲を買って荒田公園と云う近くの公園へ向った。日差しが強いので日陰の石段に座り、掛けてたサングラスを自転車の荷台に引っかけ、スマホを見ながらモサモサと菓子パンを喰うてると、背後から土手をドカドカと誰かが下りて来る靴音が聞こえ、いきなり二人の警察官に詰め寄られる。職務質問はこれまでに何度もされてるので、云われた通りに対応して早く終わらせようと思ってたのだが、なんかいつもに比べて警察官の態度が威圧的で、いきなり「ポケットに入ってるもん全部出して」と云いながら体に触って来る。え?っと思いながらも胸ポケットから手ぬぐいとボールペンを抜いて渡すと、洗濯の防護ネットみたいなんにそれをしまい「もう何ももってないか」と聞いてくる。明らかに私を疑ってる態度だったけど、まぁそう云うタイプの人なんかと思って云われた通りにボティーチェックを受け、持ってたカバンも丸ごと渡す。財布の中のカード類も一枚一枚チェックし、カバンのサイドポケットに入ってた病院の診察券とかも全部見ている。免許証を渡すと「加古川の方ですか、なんで今ここにいらっしゃるんですか?」と聞かれたので「仕事の休憩です」と答える。2日前のライブの売上げをUFJ銀行の封筒に入れ、週明けATMで預け入れしようとカバンの中に入れてたのだが、警察官はその封筒をいぶかしげに見ながら「この封筒の中身も見せてもらいます」と行って封筒を開ける。ほんで千円札の束を見ながら「これは何のお金ですか」と聞くので、また正直に2日前のライブの売上げですと答えると「ロックバンド?」と聞いて来て「はいロックバンドです」といい加減な返事をする。警察官が相当わたしのことを怪しんでるように、私も警察官のことが凄く怪しくなり「ほんとに警察の方ですか?」と聞くと胸のバッチを突き出して私に見せてくる。だから何やねんと思ったが「なんで今日はそんなに馬鹿丁寧に調べるんですか?」と私が聞くと、どうやら近隣で振り込め詐欺が3件続けて起こってるらしく、その手口が詐欺を持ちかける奴とは別に集金担当者みたいな役が居て、そいつが年寄りからキャッシューカードを預かり、口座から全額抜いてしまうとのこと。詐欺の詳細を一通り聞き終わったあと「わたしがその担当者やと思たわけですか」と警察官に聞くと「そうです」とのことで「なんで私やと思ったんですか」と聞くと「白いシャツ着てらっしゃいますし」と云ったあと、警察官はわたしの自転車の荷台に引っかけてあるサングラスを指さすので、ああ、なるほど〜、いや、でも〜、、、と思いながらも「あ!サングラス!って思ったわけですね」と聞くと、警察官から「なんでサングラスあるんですか?」と意外な質問をされ、今なんか、禅問答してるみたいと思いながら「眩しいからです」と答えた。

最初に駆け寄ってる来た勢いからして、絶対アイツや!って思ってた感じで、なんか犯人じゃなくて逆に申し訳なかったっすね、みたいなに思った。一瞬ハラ立ったけど、まぁブログのネタにはなるかと空かさず写真だけ撮る。

 

◆ 10.13(土)再録CD出来ましたライブ

場所)京都サロンド毘沙門

   京都市左京区田中里ノ前町8

   090-1180-9617

出演)カニコーセン

時間)OP19:00 / ST19:30

料金)1000円+オーダー

◎嫁さんとします

◆ 10.17(土)鹿児島ワンマンライブ

場所)鹿児島天文館 珈琲と洋酒 水

   鹿児島市船津町1-2第一島津ビル2F

   099-223-5890

出演)カニコーセン

時間)OP19:00 / ST20:00

料金)1500円+オーダー