コブログ205

9月15日土曜日。歌舞伎町のカプセルで朝起きて先ずキャリーカバンの中身を整頓。60枚くらい持って来てた新譜CDを数えると9枚しかなく、ていうことはお店に納品した分を差し引いて昨晩のライブで30枚売れてることになり、今日のライブでお客さんが例え少なかったとしても手持ち20枚はないと安心出来ない。どうしようかと考え、前日に納品したお店から何枚かづつ引き上げに行く事にする。

CDが売れるのは嬉しいことなのだが、なんでもっと持ってこなかったのかと悔やむ。なんか裏目に出だしたなと思いながらカプセルホテルをチェックアウトすると、わりかし雨が降っていた。CDを引き上げに行くお店の開店するまで何処かで時間を潰さねばならず、雨が降っててブラブラも出来ないのでドトールでお茶して雨の様子を見る。

1時間ほどドトールで待ったが雨はおさまらず、仕方なくコンビニでビニール傘を買う。ほんでコンビニの出口は新宿の地下道へ続いてるので下りて行き、駅まで歩き、電車乗って円盤レコードがある高円寺に着いたころには雨が止んでいた。結局600円で買った雨傘は加古川に帰るまで全く使わなかった。日本死ね。

円盤レコードと古書ほうろうで夫々CDを一旦回収さしてもらって時計を見たら、ライブの入り時間まで3時間くらいあったので、取手にあるちくわ朋彦くんの学生服屋に行ってみることにした。

取手駅から学生服屋がある駅までは可愛いディーゼル電車で行く。

 

最寄りの新取手駅に到着。駅名に“新”と付いてるが駅前はかなり古びてて好ましい。

 

グーグルナビに従って目抜き通りを進むと奇面組の一堂零の実家みたいなおもちゃ屋があった。隣りにはミニ四駆のレース場もあり、ひと気のない駅前でこの店だけ賑わっていた。

通りを抜けて直ぐのとこにちくわ朋彦くんが営む学生服屋「スクールショップオカミ」がある。お店の看板はウクレレのとんちピクルスさんが描かれたとのこと。プロの仕事。

加古川の寺家町商店街にある学生服屋の固い雰囲気とは違ってオカミはフランクな店構え。学生服自体が色味に乏しいからちくわ君所有の趣味の小物で楽しくディスプレイしてある。ちくわ君のそういう頑張りを想像すると涙が出てくる。

駄菓子屋が併設してあり、上靴を買いに来た学生が憩えるようにもなってる。中古のCDや漫画も扱っており、ココではないドコかへ行きたくてしかたない中高生が現実逃避する手助けを地元の学生服屋のおっちゃんがしているのだ。地元でガロ的世界に出会える機会があるだけで、君たち恵まれてるぞ。

30分ほど世間話し、お互い仕事家庭趣味頑張ろうね、と励まし合ってバイバイする。ほんで北浦和へ移動。つくばエクスプレスに始めて乗る。どこがどうエクスプレスなのかは判らず。

ほんで夜はいつもお世話になってる北浦和の居酒屋ちどりでライブ。対バンはこないだ神戸でバックバンドのギターをしてもらった野津くん。ほのぼのした即興演奏と歌で良かった。

北浦和でライブする時たまに見に来てくれる高校の時の同級生がおり、今は漫画家として大成してる様子。20年くらい前から出版社に作品を持込んだり、漫画の賞レースに応募したり、その都度それなりの成果を納めてるようではあったが、地元から東京に移って以降も葬儀屋の仕事をしながらアシスタントをして家族を養ってたような感じで、そんな時期が長かったから勝手に貧乏そうなイメージが私の中で定着してしまっていた。

何年か前から少年誌に連載を持ち、単行本も出て、ほんで加古川の書店にも売ってたりもするので、自分ちの長男とかも買って読んだりしており、だからまあまあは売れてるのかもなと思っていた。でもあまり詳しく聞く機会もないので、昔の貧乏そうなイメージが私から抜けることがなく、自分とあんま変わりないような庶民の生活してると思うてたのだが、その日のライブ後なんとなく発行部数の話とかになり、さりげに聞いてみると単行本の累計は少なくとも100万部は売れとるらしく、赤羽のカプセルホテルに泊って寝る前、スマホで印税率とか調べてみたら、馬鹿みたいに儲かってることが判り、うわ、、、うわ、、、とスマホ持ってる手が震えた。都会でひと山当てる云うのはこう云うことかと溜息し、ひと山当てた奴はひと山当てるコツも掴んでるやろから、堤くんの120年分くらいの収入をあの子はこの先たった数年でまた稼ぎ出すのかと思うと、もうなんかヒッピーなってもたろかな思った。まぁヒッピーも成ろうと思ったら大変なんだろうけど。

 

翌朝始発の新幹線で自宅に戻り荷物の整理をする。残ったCDの枚数をカウントすると新譜が13枚あり、前日に円盤レコードと古書ほうろうから回収した枚数とピッタリジャストする。厄年で体の調子は崩さんかったけど、なんかこれから凄い悪いこと起こりそうな予感がする。東京へ行った知り合いの成功を羨んでばかりでは虚しいし、自分は自分のドゥーイットユアセルフでコツコツ稼がなきゃならないが、6ヶ月定期が買えないくらい貯金の残高が減っておることに関東から戻って気が付き、青ヒゲになっています。10月6日のライブも決して儲かる仕組みではないけど、とにかくこれ以上の赤字はまたキャッシングに繋がるので、どうか人助けの気持で神戸喫茶コマヤに来てください。どうぞよろしくお願いします。ちょっとキクマサ呑む本数減らします。

 

◆ 10.6(土「初期のカニコーセン」完成おめでたライブSP

場所)神戸コマヤ

   神戸市中央区相生町5丁目10-22

出演)メヒカブレスタンダード / カニコーセン

時間)OP18:30 / ST19:00

料金)1500円(飲食持込自由)