コブログ196

8月10日金曜日。翌日あるライブに備えて朝5時に起きCDの内職と曲順決め。ほんで8時に家族4人軽四乗って出発し、まずお盆のお供えもんしに実家に寄る。ヤクルトよばれてからまた軽四で石川県に向う。家族で軽四乗る時いつもは前の座席に私と嫁さんが乗り息子ら二人は後ろに乗るのだが、そうなるとたぶん息子らは喧嘩するだろうし本人らもそうなる事が判ってるので、今回は助手席に長男が乗って嫁さんは次男と後ろに乗る。効果は絶大で加賀温泉駅までの5時間の車中はとても穏やかだった。長男から物部氏と蘇我氏のことをいろいろ聞けて楽しかった。長男が一番尊敬する歴史上の人物は以前と変わらず雪舟らしい。

高速道路で福知山とか丹波あたりを通る時、結構いろんなところで土砂崩れのあとがあった。そういえば先日の大雨の時この辺りはずっと雨雲レーダーが真っ赤っかだった気がする。敦賀ICの手前でも通行止めになっていて一旦高速を下り、ついでにマクドで昼飯を喰うた。歯茎の調子が最近また悪い。口の中も荒れ気味でチキンフィレオみたいなん喰うたらコロモがカチカチで、噛んだ拍子に歯茎もガリガリなって、ハンバーガーのパンに歯茎から出た血がベッチョリついていた。病院行った方がいいのかもだけど、お金と時間が勿体ないので行きたくない。歯茎が駄目になる前に死ねたらいいのだけど、それも無理だろう。

1時50分頃に加賀温泉駅に到着。待ち合わせの時間が2時だったので全然間に合ってるのだが、嫁さんの実家からのグループが40分前に着いてたので「お父ちゃん遅れてるやん、急いでや」と次男に云われムカついた。待ち合わせ場所から旅館までは車だと20分ほどで、旅館のチェックインが3時なので結局時間を潰さねばならず、平和堂のボロいフードコートみたいなとこでジュースを飲んだりする。そばにガチャガチャが何台もあり、調子こいた次男が金遣い荒く下らん景品をガチャガチャしまくっていた。

フードコートのゴミ箱の上にあったメモ。こう云うの徘徊写真家の市田響くん喜ぶんかなと思いながらメモの指示通りウラへ行ってみる。

全然処分品じゃなく売りもんだった。この骨董が幾らぐらいするものなのか詳しくないので判らないが、只でも要らんと思った。

 

その後旅館に行き、温泉入らしてもらったり、ビールをよばれたりし、出来るだけ家族団らんを邪魔しないように私は別室でフテ寝し、計12時間くらい寝て翌朝7時過ぎのしらさぎに乗って加古川へ戻った。

 

ガラガラのしらさぎで缶ビールを呑み、もっかい寝るつもりだったが、12時間寝たのでぜんぜん眠たくならず、スマホで有吉弘行のラジオのまとめ録音を聞く。腹が捩れそうなくらい激しく面白いハガキ投稿の総集編で、手で口を抑えて必死に笑い声を堪えながらヒクヒクする。めちゃくちゃ面白い。

 

米原で新幹線に乗り換えるとUターンラッシュで車内はデッキまでババ混みしていた。新大阪で鈍行に乗り換え西明石で席があくまでずっと立ちっぱなしだったが、有吉のラジオをずっと聞いて楽しく過ごす。

 

自宅に戻り洗濯もんとか片付けたあと、中学校の同窓会がある実家の近くのレストランまでバスで出掛ける。私が着くと会は始まっており、見覚えがあるようなないような顔が沢山。相手から「おーーー、マーーくんやーーん」と声をかけてもらい、こちらも「おおおおーーーぜんぜん変わらへんやーーーん」とか返すが、初対面なんじゃなかろうかいうくらい思い出せない相手もいたりする。大学1年で野球部の寮を脱走するときに卒業アルバムの類いは全部ゴミ捨て場に捨てたので余計に顔と名前を忘れまくってるのかもしれない。

会費もそこそこしたし呑まな損やと思って出来るだけ呑む。でも車で来てる人が多くて誰も呑んでないので、自分ばっかり顔赤くして酔っぱらってるような気がして虚しかった。いましろたかしの漫画の世界みたいな同級生が一人居て、その子のやや暗黒な話を楽しませてもらってると幹事してくれてるMさんが写真を撮りに回って来る。同窓会にあたってのグループラインで観たMさんのアカウントがエグザイルとか三代目JSBとかやったので気になってたのだが、写真撮ろうとしてくれてるそのスマホがやっぱりそれでとても嬉しくなり「やっぱMさんがエグザイルとかあそこまでビッグに育てたんやな」と私がいうと「あたりまえやん」と真直ぐ返してくれベタだけど笑った。当然だが全員42才で、中には美魔女みたいな人も居てて話しかけてみると、吞み屋っぽい上沼恵美子口調で面白く、話してる途中不意にその人のスマホにメールが届き「あ」と云うので、どうしたかと聞くと「三浦大知のコンサートのチケット当ってるわ」とのこと。三浦大知の大ファンだと云うその人にも「やっぱKさんが三浦大地をあそこまでビッグにしたんやな」とエグザイルと同じ流れで聞くとやっぱり「あたりまえやん」と返って来る。「あたしが応援する人はだいたいみんなビッグになる、旦那以外、ワハハハ」と、子供を産んでおばちゃんになるとみんな面白くなるの不思議。

 

自分はちょっと緊張してたのか、呑んで楽しならんと思ってガンガン呑んでると、しまいにベロベロになってしまういつものパターン。ほんでそのあとの野外ライブはボロボロで、40分の持ち時間20分でストップがかかり、同窓会からそのまま観に来てくた人も何人か居る前で、めっちゃ格好悪いことしてしまい、激烈鬱状態に突入。

首括って死ねたら死にたいと思いながら加古川線に乗って加古川駅に戻る。観に来てくれてた同窓生の一人はこれから大阪に帰るとのことで、ライブを観て「反抗するんだったら体制側にも反体制側に反抗せなアカンのんちゃう、おれは体制側だから」とアドバイスをくれたのだけど、むつかしくて判らない。張り裂けろ!ってことなんだろうか、リーバイスのようにまっ二つに。ほんで私のこと反体制側の人やと思ったんだろうか。反体制から体制に対して「やぎあきこのおまんこふやけるまでシャブりたい」と反抗してるんだろうか。自分でも判らないが、これからはそう自覚しとこうと思った。姫路から観に来てくださった男の子が「加古川に来たついでに石棺仏の写真撮ってきました」とお地蔵さんの顔アップ写真を見せてくれて、少し癒された。加古川駅に戻り大鍋さんにキクマサ奢ってもらって、ベンチで鬱話グチュグチュ云うのを聞いてもらい大分スッキりする。グチュグチュのまま自宅に戻って家族も居らず一人だったら首吊るか気絶するまで呑むしかなく、昨夜は大鍋さんに助けてもらった感です。田渕くんの歌ではないけど、その日その日で助けてくれる人は居てくれたりもする。居らん日もあるし、追い打ちかけられる日も勿論ある。

今朝は6時に目が覚める。家族も居らんから家事もなく、水だけキューっと呑んでニューCDの音調整を始める。7年前に歌作り出したころは二日酔いやお酒呑んで虚しくなってる曲が多く、ヘッドホンで自分の曲を繰り返し聞きながら涙をボロボロ流し、フェーダーやツマミをカチカチと動かす。仕事もあかんしライブもあかんし、もう今自分が頑張れる場所が録音ソフト上で自分の歌いじくるとこしかなく、チクショーーーとヘッドホンの奥の世界でドタバタしてると、あっと云う間に5時間経って出勤。

 

生活のために「ハイわかりました」としか云えない時間が人生の殆どで、それに耐えきれず発狂するなら、折角だしその発狂をみんなに観てもらって、楽しんでもらえる人には楽しんでもらえたら自分もきっと嬉しいだろうし、わたしが読みたい漫画や聞きたいラジオや観たい映画や憧れのフィードバックギターの渦の底には発狂する人間がきっと居るだろうし、発狂こそが最高に面白いと思うから頑張ってそこを目指したいなと思うているが、自分はそんなん目指せる器じゃないんかもしれないし、またそんな理想を掲げた活動に於いてでも、お金を出す人と貰う自分みたいな関係も常に存在し「ハイわかりました」しか答えが用意されてなくて、そんなもん自殺せんと生きること自体が「ハイわかりました」なんやから、覚悟を決めて「ハイ、ハイ、ハイ、、、」と活動したいところだけど、それやったら仕事と変わらへんやんけと云うことになり、やっぱり張り裂けれる方向で頑張らなあかんよなと思うが、もう最近はシコぶる調子も悪く、自分の真面目と不真面目の自家中毒ダブル処方で、こんなんやったら夏休みの最初から息子らに「宿題やれやーーーーー」って云いまくっとった良かったわ。

 

次の週末は久々にライブハウスですが、サンプラーとかなしで普通に歌とお喋りだけやってみよ思います。

 

◆ 8.17(金)

場所)扇町para-dice

出演)HUGE NEKO TIGER LION / 彗星ミトコンドリア / BLONDnewHALF / カニコーセン

時間)OP19:00 / ST19:30

料金)1200円(呑別)