コブログ192

何日かまえ金曜日か思うてたら、もう金曜日か。よう解らん言い方やけど、金曜から金曜が早過ぎる。録音が全く進んでない。

夏休み中の私の決めごと『息子に宿題やりやって云わない』は今のところ守られ中。おかげで宿題遣ってる息子の姿も遣ってるフリの息子の姿も見たことがない。心配ではあるが、夏休みの終わりごろになって宿弁みたいに溜まった『宿題やりや』が一挙に噴出しないようにだけ気をつけたい。ブログで何度も言うてるが私は6・3・3の12年に渡って長期休暇の宿題をちゃんと提出したことがなく、そんな奴が息子に宿題やれ云うのもおかしいし、異常に息子の宿題の進み具合が気になるのは、多分は自分の宿題出来てなかった経験の裏返しなんだと思う。

一週間ほど前に次男がアトラスカブトムシの雄雌を買って来て、虫カゴを2つに分けて居間で飼っている。朝とか昼間は姿を見かけないが夜になると動きだし、自分が寝てる枕元あたりにカゴがあるので、ガサガサ云うのが気の毒で眠れない。その辺の山とかで穫ってきたカブトムシなら、しばらく飼って元の山に返すことも出来るが、どっか田舎のチンピラみたいなおっさんがプレハブで繁殖させた外国種のカブトムシを揖保川に捨てられた密輸ワニみたいに簡単に放すことも出来ないし、死ぬまで飼うしかなく、この先あと何年くらいあの怨めしいカサコソを夜中聞かねばならないのだろう。買ってきた次男も嫁さんも、そんなのは全く気にせずグーグー寝てることも怨めしく感じる。しかしわたしが気にしたってアトラスカブトムシの苦痛が和らぐ訳でもないし、世話してるのは次男と嫁さんなので横から嫌味だけ云うのもセコいし、そんなこと云いつつ私だって結局はグーグー寝てるし、昼間はカブトムシもグーグー寝てるし、長男だけがブツブツと正論を云うたりして、こういう感じだとまたユダヤ人が大量に殺される。

7月26日木曜日、仕事早番。朝仕事に出るタイミングでスマホを見るとJR神戸線で人身事故があったばかりで電車が止まってそうだったので、嫁さんに尾上の松駅まで送ってもらい山陽電車で出勤する。JRが止まっても山陽電車はほとんど振替輸送をしてくれず、830円の電車賃は自腹で払う。でもたまに山陽電車に乗るとローカルな風情が味わえて、それはそれで悪くない感じ。電車止まってることに早く気付けたおかげで遅刻も然程はせず、スマホさまさまだった。

仕事の用事でコインランドリー行くついでに昼飯を喰う。安く済ませようと思い、コインランドリーの向いのオリジン弁当に入る。出来れば揚げ物は避けたいなと思いつつも、安く済ませようと思えばノリ弁当しかなく、揚げ物をたらふく喰うてしまう。弁当屋のイートインコーナーにはタクシーの運ちゃんや、病院帰りっぽいおばあさんとかがレンジでチンしたおもいおもいの揚げ物をツンツンいわしており、わたしの隣りの席では中国語の若いカップルが向い合わせで額を寄せ合って立田揚げ弁当を喰うていた。男の子は背丈が180センチくらいあり、女の子も170センチ以上はある高身長カップルで、小さなテーブルを抱え込む格好で竜田揚げの底に敷いてある白く伸びたスパゲティーをズルズル喰うて、なんだか人が飯喰うてる姿って不憫で愛おしい。この若いジャージカップルの間にある愛も、映画の中で涙の別れをするカップルの間にある愛も何一つ変わりはなく、愛ってよく判らないけど、下敷きのスパゲティ啜り合う感じなんかな。適当なこと書き過ぎかな。

仕事のあとカンプリへ鹿児島のライブのチラシを刷りにいき、すぐに郵便で送る。寄り道せず新快速で加古川に戻るが、少し電車が遅れたため本数の少ないバスに上手く乗り継ぎ出来ず、次のバスが来るまで20分ばかし時間が空いてしまう。岩崎酒店で大瓶1本呑んでちょうどええくらいの時間かなと思ったが、買い食いでええわと思い直しヤマトヤシキの地下で発泡酒と半額惣菜を物色。できれば揚げ物は避けたかったが、椎茸の肉詰め揚げたやつが最も割り徳感があり買ってしまう。外で呑むと暑いのでバスが来る時間までヤマトヤシキの入口に置いてある椅子で呑ませてもらう。

ヤマトヤシキの入口の横にエレベーター乗り場があり、その前で屋上ビヤガーデンのバイトらしき男の子がチラシか何かを配っていた。こう暑い日が続くと日が暮れても誰も外で呑む気にはならんだろうから、たぶんビヤガーデンも暇なんだろう。それに、ヤマトヤシキの屋上のビヤガーデンは正直なとこ長所があんまない。人に誘われて2回ほど行ったことがあるが、犬のエサみたいな食いもんをプラスチックの皿に盛ってぺちゃくちゃ喰うてると、ほんと侘しい気持になり悪酔いした。同じ犬のエサなら地下食で半額で買う方がまだましであり、古い相場観で経営を続けてるビヤガーデンの雰囲気は、地方のデパートが衰退していく理由にも通じるもんがあり、雑なテキ屋的な商売はバブルが来なけりゃ最初に滅びる運命にある。景気の良かった頃は冷めたミートボールでも雰囲気次第でグルメだディナーだなんてほんと馬鹿だけど、サイゼリアやアート呑みが私に革命をもたらしてしまった以降の世界では3800円呑み放題のビヤガーデンに最早価値などない。といいつつ、なんとなく行ってみて損した気分になってみたい気もする。バスで自宅に戻ると、木村のコロッケがおかずでまたもや揚げ物。

 

7月27日金曜日。朝起きて雌のカブトの篭を見ると、ゼリーのエサの容器に頭ごと突っ込んだ体勢で雌が止まっており、死んだか?と思って指の爪でカゴをコンコンと鳴らすと、後ろ足の1本だけピクピク3回動かし「生きてますよ」のサイン。

昼休み銀行に給料を下ろしに行く途中の信号待ちで、おばちゃんがスクラッチくじをゴシゴシ削っていた。何枚も削ったウチのたぶん何枚かが200円当ってて、それでまたスクラッチくじを買うていた。ドキドキすることー辞められないーおーうぇー。

 

明日は仕事のあと大阪でライブがありますが、台風が来とるみたいですね。まぁ野外ロックフェスっちゅうわけやなく、室内でするライブなので気にせず来てください。あしたのライブの目標は「絶対に足もとの悪いなか、、って云わない」です。ライブは嫁さんとします。よろしくです。

 

◆ 7.28(土)真黒毛ぼっくすレコ発LIVE & 絵本カフェholoholo10周年祭

場所)北浜雲州堂

   大阪市北区菅原町7-2

出演)真黒毛ぼっくす / カニコーセン / 冬支度with渡瀬千尋・藤江隆

時間)OP18:00 / ST18:30

料金)予約2000円 / 当日2300円(呑別)