コブログ131

加古川駅のすぐ前の広くなってるゾーンでは、天理教の人らが路上ライブやってたり、希望の党所属の新人が演説の練習してたり、ものみの塔が冊子を手に黙って立ってたり、乗馬クラブの教官が生徒勧誘してたり、下校途中の高校生が王将の唐揚げ喰いながらたむろしてたり、真光教が手かざししてたり、バプティスト教会の若者がエレキバンドでイエスキリストを讃えるロックを演奏したり、宗派入り乱れつつ人通りもそれなりにあるのだが、先日からビニールで覆われた大理石のモニュメントのようなものが設置されており、気になっていた。また趣味の悪いもんを税金で作りよってからにと思うていたのだが、今日仕事の行きしに其所を通りかかると、取材のカメラとかスーツ姿のおっさんらが沢山集まっており、モニュメントの除幕式をしていた。モニュメントは石で作った将棋盤のベンチで、趣味の悪いもんには違いないが、税金で作られたのではなく、ライオンズクラブの事業らしい。外呑み普及にあたり、駅前に平たいベンチや台がいくらあってもあり過ぎると云うことはないから、在加古川中小企業ド助平変態社長連合会も、たまには世の中の役に立つことしはるな。また温かい日があったら、将棋盤の上にキクマサとか空豆並べて、先ず独りで詰め将棋呑みをやってみようかなと思う。王手飛車取り!

20年近く前。大学を卒業して実家に戻り、就職先を探したりの間、わたしは加古川プラザホテルで宴会の給仕のアルバイトをしていた。プラザホテルで毎週水曜日にライオンズクラブの昼食を兼ねた定例会があり、クラブから支給される予算の範囲で決められた、弁当やカレーやサンドイッチなんかの献立出すのだが、食後の珈琲が付く日と付かない日があり、それもあくまで予算内でのことなので、珈琲が付かなかったからといって文句を云うとか、せせこましい社長など、この世に居ないと思っていた。しかしある日の定例会。その日の献立はカレーのみで、食後の珈琲は付かなかった。私はカレーを食べ終えた社長らの皿を随時回収してたのだが、こまさくれたどっかの社長が、ぶっきらぼうな感じで「早よ珈琲持って来い」と云うので、私は「今日は珈琲付いてないです」と応えると「ナニっ!」と目を剥いて「カレーの後に珈琲がないなんて!ナンセンスだろっ!君っ!」と怒鳴られた。

カレーの後に珈琲を呑みたくなる社長の気持は判る。濃い味で荒れた口の中を珈琲でゆすいだらスッキリしますもんね。でも何十人かに食後の珈琲を今日出してしまうと、シワ寄せで次回の献立が菓子パン2個とかになってしまうか、もしくは追加で珈琲代を頂かないといけなくなり、どうしても呑みたいのであれば、珈琲代を別に頂ければ1階のラウンジから出前なんてことも出来るけど、社長はお金どうこう云うよりは「ナンセンス」に重きを置いた口ぶりを、わざわざフリーターの若輩者に打つけてたいだけ、みたいな感じもする。東京で大学5年間遊ばしてもろて、すっかり都会人気取りで加古川に戻ったら、田舎の鉄工所の社長に「おまえナンセンス」と云われて、わたしはとてもムカついた。どうせそんな思いつくままの軽口叩く社長なんて、自分の会社の従業員に対しても見下した態度で接するんやろし、現世で多少儲けてノーパンしゃぶしゃぶ喰えたって、あの世じゃお前、ゴキブリの餌やし、フランスで通用せんぞ!そんなセンス!って思いながら、社長に「すみません」と謝ったような記憶。

以降、ライオンズクラブと聞くと、先ずナンセンス社長が頭に浮かぶ様になり、いろいろ社会貢献をなさってくださってる団体なのだろうけど、悪趣味な的外れのオブジェが通りに増えるばっかりで、その金を従業員のボーナスに少しずつでも分けてやれば、どんなに有意義だろうと思うねんけど、われの金の使い道はわれで考えるわな、ごめんな。ていうか、こんな一銭の得にもならんブログを必死で書いてるのが、とにかくナンセンスだよ!君っ!

 

あさっては仕事のあと大阪まで出て、ナンセンスな弾語りをします。41歳厄年です。

 

◆ 2.23(金)para-dice presents『 JUSTICE!!vol.22 』

場所)扇町para-dice

出演)BLONDnewHALF / 漁礁 / カニコーセン / 雨面ナラカシ / creamcan. 

時間)OP18:30 / ST19:00

料金)1700円(呑別)

◎カニコーセンはバンドの間の箸休め的な感じで出番3番目です。頑張ります。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    いまじ (木曜日, 22 2月 2018 05:55)

    いゃあ〜
    最高っスね(^^)

    朝から笑わしてもらいました

  • #2

    カニコーセン (木曜日, 22 2月 2018 06:59)

    早起きですね。今日も一日あひる口で頑張ってらっしゃい!