コブログ117

 下腹エクササイズの効果をガーリーフォト風に撮影する深夜2時。昨日は扇町パラダイスで今年最初のライブがありました。お客さんは少なかったけれど、それでも私が一人になっては可哀想だからといって最後まで残って見てくれた方もおられ有難かったです。新しい曲はできませんでしたが、せめて新規の面白コーナーくらいは準備しなきゃと思い、2つ遣りました。どちらも凄く下らないのですが、遣ってる本人は楽しかったです。人前でタダで歌えることの有難さ、無益な寸劇を冷ややかな視線に晒す悦びで、ライブ終盤は興奮し、珠のような汗が全身から吹き出しました。ドキドキすること、やめられない。

 

 昨日は仕事が休みだったので、久々にリハーサルをさしてもらった。パラダイスは音響も照明もアレコレしてもらえるので嬉しいのだけど、そのアレコレしてもらえる分の費用と云うのは私の集客とかでは全く賄えず、私以外の出演者が払ってくださってるチケットノルマが源泉である。私はチケットノルマを支払っていない。ライブハウスのチケットノルマに関して、それこそ何十年もの間、いろんな場所であれこれと意見が出ては消え、結局どうなるのが理想なのかも具体的じゃないまま、そのお店ごとの方法で経営努力がなされてる状況なのだと思う。私なりにパラダイスのいいなと思うところは、お店の人が出演者からの要求にわりかし真面目に対応してるところである。少しセッテイングに手間どって時間が押そうが、大体は気持ち良く演奏させてあげている。あとどの出演者に対しても愛想が分け隔てなく均一である。お店から差別されると出演者はテンションが下がる。楽しくなれない。これからライブしようと云うのに、お店の人の愛想が悪くて楽しくなれないのは辛いし、ましてや最終的には自腹でチケットノルマを支払う相手から、差別されたり白眼視されるのは理不尽きわまりない。出演者はノルマを払ってる関係からすると、お店にとってはお客さんでもあり、そのお客さんが気持よくライブして、また来月もこのお店で遣りたいと思えたら、商売として成立してるってことちゃうやろか?と昨日は思った。まぁ自分に支払いがないから悠長なことが考えれてるだけとも云えるし、そもそもお客さん不在でも商売が成り立つシステムが成り立ってしまったことが不幸の始まりとか、そう云うの考え出すと終わりがなく、根本的な不合理はある状況でも、愛想とマメマメしさでカバーしようとする姿勢は好ましく思う。リハーサルのあとはミスドで時間を潰す予定で、読もう思て藤圭子の本もって来たのに、ミスドは潰れて不動産屋になっていた。

 

 自宅の方での今後の予定として、外壁と屋根の塗り直し、車検、スマホの機種変更などがあり、我が家の蓄えがはたしてどのくらいあるのかは嫁さんがしか知らないので、全部の支払いを問題なく出来るのか私には判らないのだけれど、嫁さんが何も云わないってことは大丈夫なんだろう。もし足りないような事があれば、わたしも貯金出すから云うてやとは云うたものの、全部を外壁工事に取られてしまうのは哀しいので、買いたいもんはあらかじめ先に買うといたれと思って、録音用の新しいオーディオインターフェイスを買った。ほんで今朝それが届いたのだけど、外国製のんで、セットアップとかの説明書きが読めず、使えるようになるまで難儀しそう。早くこれで新しいCDを作って減った貯金を取戻したいわ。

 

 そういえば来月7日にハードレインでお題ライブがあります。今回のお題は「赤」と「オリンピック」で、どうなんやろ。案外難しいかもしれん。世田谷ピンポンズくんも出ます。どんな風に作ってくるのか、楽しみ。

 

◆ 2.7(水)実験室の夜

場所)梅田HARDRAIN 

出演)いおかゆうみ / 世田谷ピンポンズ / 加納良英 / 松井洋介 / カニコーセン / 河野宏子 他

時間)OP18:30 / ST19:00

 料金)500円(共に呑別) 

◎1ヶ月前に出されたお題で曲をつくる会。今回のお題は"赤"と "オリンピック"。 

◎1組3曲のみの演奏。