コブログ105

一昨日の仕事の休憩時間。昼飯も喰わずにコンビニで1万円下ろして元町の古本屋さんちんき堂にダッシュ。お店に入ると根本敬先生はもう居られて、作品に値札付けたり忙しそうなのだが、わたしも時間があまりないので「注文色紙、このCDのジャケットを描いてください」とお願いして描いてもらった。描いてる途中も根本先生の携帯にはおそらく出版社とかそんなとこから電話が何回もかかって来て、その都度ちゃんと対応しておられた。注文色紙が出来上がるのを待ってると、お店の常連ぽいおっちゃんが「こないだ買った5万円のん、やっぱ領収書切って、5枚に分けて」と云いながら入って来る。ちんき堂で5万円も何買うたんやろ?と思ったが、どうやら花輪和一先生の絵を買われてたらしく、それを知った根本先生もビジネスチャンスと踏んで、そのお客さんと積極的に会話を始め、しかし売り込みをしながらも色紙の手は休めず、私もそろそろ仕事場に戻らんとヤバいなって時間に色紙は丁度出来上がった。1枚1万円。職場の賞与も少しもらったし自分への褒美じゃと云う感じで色紙をゲット出来て嬉しかった。仕事辞めなくて良かった。

早番のあと大阪へ移動。千日前味園ビルのフェーラーズキッチンと云うBARでトビナッツくんとライブさしてもらった。去年一昨年と12月に同じお店でトビナッツくんに呼んでもらってて、ほんと1年経つのが早く感じます。簡単にリハーサルしたあと、味園ビルの隣りの立ち寿司に行って軽く呑むのも毎回決まってて、今回も2人で行った。お互いちょっとノイローゼやねん云う話しで意気投合し、私は何でもかんでも嫁さんや子供に云うしブログに書くし、調子悪かったら悪い云うのを全面にアピールするのだけど、トビナッツくんは割とひっそり病が癒えるのを待つタイプみたいで、家族とかにもあまり云わないらしく、男らしく思う。というか、わたしみたいに周りにしんどいしんどいって云いまくる奴が異常なのだろう。いつか嫁さんに怒鳴られた「おまえだけ傷ついてるって思うなよ!」が頭の中でぐるぐると回り、目の前で寿司をつまんでるトビナッツくんに対しても、ごめんよと云う気持になった。開演10分前に立ち寿司を出て「ライブのお客さん来てるかなぁ、、」と心配しながらフェーラーズキッチンへ歩く。一昨年は荒みストリートを作ったあとだったのでお客さんは多かったけど、去年は何もなかったので少なかった。

お店に着いたら割とガランとしてて、ヤベエ〜と思ったけど、始まる直前にバタバタと人が来てくださり、ちゃんと席が埋まってホッとした。さっきまで寿司喰いながらドンヨリしてたけど、お客さん来てくれたら嬉しくて、トビナッツくんも愉しそうに歌ってるように見えた。私は根本先生に描いてもらった色紙をお客さんに自慢出来たり愉快でした。ほんで酒2パック呑みながら終電で帰った。

 

昨日は仕事休み。朝は嫁さんを仕事場まで送ったあと饅頭屋でおはぎを買って実家に寄る。お茶飲みながら喋ってると父親が「おまえ、頭、剥げてきたな」と新聞に視線逸らして云うのでなんか哀しくなったけど、まぁ剥げても別におかしくない年令ですから気にしません。夕方からBANBANラジオの生放送に出してもらう事を伝えると「聞くからラジオ合わせといてくれ」云うので、ラジカセの周波数合わせて自宅に戻りました。嫁さんが仕事を昼上がりするので迎えに行き、そのまま昼飯喰いにニッケパークタウンのフードコートに行く。フードコートの隣りの席に座ってる2人組み女の子は、医療系の参考書とスマホと大量のお菓子を机に列べながら勉強してるのだけど、片方の女の子はもうぜんぜんやる気がない。「あたし馬鹿にされてるから」「聞いてよ」「なんで馬鹿にされるんやろ」「なぁ、聞いてる?」「こないだも馬鹿にされてな」「なぁ」みたいに延々自分が馬鹿にされた話をし続けており、もう片方の女の子は適当な相槌で割と真面目に参考書に何かしら書き込んでいた。たぶん真面目に参考書見てる方の子は、友達のことを心の中で馬鹿にしてるんだろうなぁ、と会話を盗み聞きしながらラーメンを喰いつつ、午後からの嫁さんの予定なども聴く。

このあと携帯電話屋に行って、眼科に行って、晩飯の買いもん行って、晩飯作って、夕方のライブの準備してと云う感じで遣ることいっぱいなのだが、取りあえず珈琲を飲んでから遣ろうと云うことになり、サンマルクカフェで珈琲を呑む。朝、背中に貼ったカイロが熱くなってきたので剥がして捨てた。

携帯屋に機種変更の見積もりを頼みに行き、初めてロボットのペッパーくんと喋る。「僕が手相を見てあげましょう」と云うので観てもらうと「僕の手相占いは結構当るんですよ」「どんな結果を云ってもガッカリしないでくださいね」「あなたはきっとこのあと、、、、」と云ったあと間を置くので、どんな面白いことを云うんだろうと待ち構えてたら「あなたはきっとこのあと、噛んでるガムを捨てるでしょう」だって。あまりの下らなさに思わず嫁さんに向って「こいつ、めっさオモロない、ムカつく」って云うと「それくらいが丁度いいんだよ」とのこと。

 

バタバタしつつ諸々の用事を済ませ、夕方からバスで加古川駅前に出る。このあと直ぐ寺家町商店街のイベント会場でライブをせなならんのに、どうも気分的に愉しくないので、手っ取り早くキクマサを呑んじゃおうと云うことになり、バスを降りてコンビニに向う。商店街には学習塾へ向う中高生が大勢行き交っており、こんな時間からこの子らは勉強するんかぁと思うと、キクマサ呑んでヘラヘラとライブする自分は本当にどうしようもない大人だなと感じる。

18時からと、ライブにしては早い時間にも関わらず、知り合いの方やターザンファンの方が沢山見に来てくださり、気持ち良く演奏さしてもらいました。19時からラジオの公開収録で、予定では10分~20分くらいの出番だったのだけど、最初から最後までずっと出さしてもらって、その間も私は酒を呑み続けたせいで半分ほどしが会話を憶えておらず、まぁでもそんな面白いことも云えず、それなりに済んでしまいました。「スラッジフォークのスラッジって何ですか?」と云うターザンさんからの質問に嫁さんが「カスやな!」って応えてたのが一番面白かったです。

それにしてもターザンさんとアシスタント的な方のコンビネーションがもの凄く、ラジオのDJって喋るだけかと思うてましたが、時計見ながら喋って、喋りながらメモを目まぐるしく遣り取りし、そして曲へCMへお喋りへと流れる様に繋いでいく様子は、なるほど、DJなんだなって思いました。番組が終わったあとはお客さん何人かと外呑みし、けっこうベロベロになりつつ歩いて自宅に戻りました。お客さんやターザンさんからお土産も沢山頂きました。いつもありがとうございます。

 

 

今年もあと半月で終わりですが、来週末に紀伊田辺のギター教室で私の性年表さしてもらうのを除くと、26日のミナエンタウンが最後のライブです。オープンマイクなので、何か人前でやってみたいと云う方は、別に1曲だけどか、一言だけとか、モノマネとか、1発ギャグとか、ミスチルの弾語りとか、詩の朗読とか、今年の1文字をライブペインティングとか、エロ自慢話とか、、、ほんと1本のマイクでいろいろ出来ますんで、どうぞ遠慮なく起こしください。当日ふらっと来られて遣りたい旨云ってもらっても大丈夫ですし、事前に連絡下さったらばそれはそれで助かります。ホームページの問い合わせかブログのコメント欄かにお願いします。今のとこ遣る方向で聞いてるのが、浜口くん、わたし、ハジノブンカ改めDA☆さいとうさん、サン☆パギータのらっこさん、ジョージくんのバンド、などです。もちろん見るだけでも大丈夫ですし、チャージもないのでいつ来ていつ帰ってもらっても大丈夫です。ターザン山下さんも近所なんで見に行くわと仰ってました。カレンダーだけ取りに来るのでも問題ありません。どうぞお気軽にお立ち寄りください。よろしくです。

 

12.26(火)浜口くんの旅的途上ライブ⑫ 忘年会だよ全員集合編

場所)ミナエンタウン cafe Sun

        神戸市兵庫区新開地1-4-3 ミナエンタウン地下

        078-599-5333

出演)誰でも参加自由(私も浜口くんも参加)

司会)浜口富貴 & カニコーセン

時間)ST19:00

料金)チャージなし

       (呑み喰いはしてください【呑】¥300〜【喰】¥100〜)

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    コメ奉行 (日曜日, 17 12月 2017 15:20)

    ハジノブンカさんはお元気なのですね。安心しました。白い人はどうしているのだろう…。( ˘ω˘ )

  • #2

    カニコーセン (日曜日, 17 12月 2017 21:37)

    >コメ奉行さん
    ハジノさん変らずです。白い人は結婚して勤めもすごく頑張ってるとの情報がありました。こちらからは以上です。