コブログ74

長男は大きな旅行カバンを担いで、今日から4泊5日の自然学校へ行きました。あいにくの雨だけど地引網とか出来たんだろうか。

 

一昨日は大阪池田市で毎年催される社会人落語大会の手伝いに行きました。今年は出来るだけ客席に居るようにしたので高座が沢山見れました。わりかし上手い人が固まってハイレベルな会場やった気がします。古典落語される方が大体なのですが、大幅にアレンジを加えてる方や、創作の方も居て、わたしはそちらが好み。イソップ童話の「金のおの銀のおの」と落語の「芝浜」を合体させた「シーバハーマーの湖」と云う創作落語をされてる方が居り、湖の底から斧を持って現れる精霊が立川談志で面白かったです。予選会の後は阪急中津のいこいで打ち上げがあり、沢山お酒を呑ませてもらいました。

 

終電で帰り翌朝は6時過ぎに起きて内職。嫁さんと次男は8時に空手大会へ出掛け、わたしと長男は9時から近所にある泊神社の秋祭りの手伝いに行きました。子供会の役は大体嫁さんが遣ってくれてるのだけど、昨日は私が代わりに行って神輿の誘導役。しかし割と父兄の頭数も揃ってそうだったので、わたしはプラプラ神輿の後に付いて回るだけでした。神輿で町内を回って花代を集めて回る途中、ガレージのところに小さなおばあちゃんが杖ついてプルプルと立っており、「こんにちわぁ」と云って前を通り過ぎようとすると「なんもないねんけど、これもってってぇ」と赤い毛糸のかたまりを差し出される。これはきっと花代の代りと云うことなんやなと思って、近くに居た小3くらいの女の子を呼びつけ「おばあちゃんが花くれとってやから、ありがとうて貰い」と指示すると、その子もたいがい空気の読める子で「ありがと〜」云うて、粗品のタオルをお返しに渡すナイスプレイ!太っ腹!田中角栄!おばあちゃんがモゴモゴ喋ってるので聞くと「息子が無駄金つかうなぁ、云うてやかましいから、こんなんしかないねんけんど、ほんま堪忍してなぁ」て、そんな哀しいこと云わんといてください、気持だけで充分ですからとおばあちゃんを励ましつつ、ナイスプレイしてくれた女の子の所に云って「おばあちゃん、ありがとう云うてたよ」と伝え、「さっきの毛糸のん、どんなん?」と見せてもらうと、ほんとにタダの毛糸のかたまりで、女の子も捨てるに捨てられず、微妙の表情しながら体操ズボンのポケットに突っ込んで歩いてました。

 

神社についてからは小さな神輿を担いで何回も神社の回りをグルグルしました。子供用の神輿なのでモノスゴ小さいのですが、担ぐとそれなりに重く、普段から軟弱な生活をしてるので、今朝目覚めると既に節々が筋肉痛でした。

 

「ちょっと夕方から仕事あるんですぅ」云うて、お祭りの手伝いを早上がりさしてもらい、ライブしに西成の釜晴れへ。釜晴れでライブさしてもらうのは始めてやのですが、対バンのアキラさんが地元の方だったので、お客さんも地元のコテコテした人だらけで、ギャーギャーと賑やかでした。正直自分のライブ中は煩いな思いましたが、まぁシーンとしてても西成に来た感じがしないし、昨日は昨日のスペース感で良かったかもな、と終わればそんな気分でした。

 

今週末はいよいよレコ発無料屋外ライブなんですが、週間天気予報だとちょっと雨っぽい。橋の下なので小降りなら出来んこともなかろうと思うんですが、風が加わると多分橋桁が屋根の役目を果たさない思うんで中止にします。当日の17時にツイッター(@kanikoosen)やホームーページ(kanikoosen.com)でお知らせしますので、行くつもりやけど天候が微妙やな思うた時はそちらで確認お願いします。

 

 ◆ 10.6(金)New CD「ヤギアキコのおまんこふやけるまでシャブりたい」初売り&大波止場呑み

場所)ポートアイランド北公園(神戸大橋の下)

出演)カニコーセン(嫁さんと一緒)

時間)1部 18:00 2部 19:00 3部 20:00

料金)無料

◎神戸開港一五〇年 & カニコーセン五枚目のアルバム【ヤギアキコのおまんこふやけるまでシャブりたい】初売を記念し、神戸市が橋の下に建ててくれた野外ステージにおいて夫婦ワンマン無料ライブ & 大アート呑みを執り行ないます。

 

□橋の下の野外イベントです。その辺にゴザを敷いて各自呑み喰いをお楽しみください。

持込自由&ゴミ完全持ち帰りでお願いします。

□悪天候の場合は予定を変更します。

 

UNDER THE BRIDGE サイト

神戸開港150年記念 港都KOBE芸術祭 サイト