コブログ59

1980万円で売りに出てる隣りのお宅がオープンハウス中で、見学の人がちらほら来ている。自由に中を見学出来るんだったら、気になるので私も見学してみたい。

 

昨日はライブで仕事休み。午前中はサンデードライブ云う曲のベースを嫁さんに弾いてもらって録音。夕方から阪神御影でライブがあったので、3時過ぎに嫁さんと家を出る。新快速で三宮に向う途中、明石辺りからウトウトして三宮でハッ!と目覚めて電車を降りる。10分くらいだけど深く眠れた感じで頭もスッキリし、なんか今日のライブええ感じで出来るかもな、やっぱ睡眠て大事やな、そんなことを思いながらホームからのエスカレーターを降り、改札を通る手前になって、自分がギターケースを背負ってない事に気付く。わお。

 

「やば、ギター下ろし忘れてる」と状況そのままの事を宙に向って口にすると、嫁さんが下りて来たエスカレーターを慌てて駆け上がろうとしてたので、取りあえず止める。乗って来た新快速はもうとっくに出てしもうてるのである。駅の落とし物コーナーに走り、ギターを忘れた旨を伝えると、係の人が慣れた感じでテキパキと対応してくれ、新快速が次に止まる芦屋駅でギターを下ろしてもらえ、ほっとする。すぐに芦屋駅へギターを引き取りに行き、ライブの時間にもギリギリ間に合って、会場1軒目の蕎麦屋さんに行くと知り合いの方とか沢山見に来て下さってて、そこから3軒ともみんな一緒に回ってくれて、愉しいライブになりました。とくに最後の熟女スナック・プリンセスが激ヤバい雰囲気で、面白系店員おばちゃんの軽い手拍子やリアクションが完全にツボに入り、歌ってる途中に笑いが堪えきれず、レコード大賞とった松田聖子が涙を堪えて歌うのの逆バージョン云う感じで、笑わずに歌うのがとても苦しかった。いましろたかしの漫画の世界で〜と歌いつつ、自分がまさに間抜けな世界を漂ってることにとても興奮しました。

 

ライブ後はカラオケ歌うなどスナックで暫く過ごし、阪神御影駅前に移動。そこで23時過ぎまで外飲み。昨日は大阪や東京の方、あとオーストラリアの平和活動家の方、良く笑うご夫婦、などなど、賑やかな外飲みで、気が付くとわりかし皆泥酔で、なぜブラジャーをしなくちゃならないのか、ユダヤ人がする下着メーカーのイメージ戦略に我々はハマっておるから駄目だな、と云ったテーマで熱く討論したり、夜は随分と涼しくなって、これから寒くなるまでが外飲みのシーズン到来っちゅう感じで、結構愉しかった。

 

来週末は神戸でオーバーザレインボウの第3回があります。皆さまからの投稿メールを募集しております。今回のメールテーマは「哀しい夏の思い出」「過酷なアルバイト」「こいつ殴りたい」です。ブログのコメント欄でも結構ですし、kanikoosen@gmail.comでも受け付けております。ゲストの工藤祐次郎くんへの質問や応援メッセージも受付中です。どしどしお送りください。

 

◆ 9.1(金)カニコーセンのオーバーザレインボウ③

場所)神戸元町スペースオー

神戸市中央区元町通2丁目6-10ミナト元町ビル3F / 078-381-9767

司会)カニコーセン

お客)工藤祐次郎

時間)OP15:00 / ST20:00

料金)投げ銭(呑別)

◎ラジオめいたお喋り / プロジェクター&サンプラーを駆使した面白コーナー / ゲストとの語らい / 激しいライブ などなど