コブログ54

8月14日。夕方仕事終わってからまず難波ベアーズへ怪談ナイトと云うのを見に行く。持ち込みのビールやらツマミやら買って開演前にベアーズに入ると既に超満員。なんと開場待ちの行列も出来てたらしい。座る席がなかったので最後列で立ち飲みしながら開演を待ち、しばらくすると姫路のほりゆうじさんとビルさんが見にこられ、一緒に並んで見た。立ちっぱなしだったけど2時間があっという間で、佐伯誠之助さんが下ネタ挟んでくれたおかげで怖すぎず、この程度やったら自宅に戻っても大丈夫そうやったけど、着替えとかも準備してきたのでカプセルに泊まるつもりでとりあえず一人で呑みに行く。30分ほどぶらぶらして串カツアガッタに行き、中瓶4本とレモン酎ハイ1杯飲む。ほんで大東洋に泊まるつもりで梅田に移動し、終電気にしなくてええのでちょっとだけ飲むつもりでジョークへ寄る。ほでん気がついたら明け方5時で結局カプセルには泊まらず、大阪から新快速に乗って石川方面に向かう。8月15日。敗戦記念日。どんな感じで電車に乗ったのか覚えてないけど目が覚めたら近江塩津。ほんでいろいろ乗り換えて福井駅で立ち食い蕎麦食うたり、風呂入ってないから頭とか痒いし体も臭いけど、そんなんも含めてバックパッカーってこんな感じなんかな気分を味わう。目的地の加賀温泉駅に着いたのが11時前で、嫁さんが駅に迎えに来てくれるのが12時半なので、ひとまず駅の障害者用の便所で行水し、服を着替えて、ちょっと仮眠出来そうなベンチを探してると、見覚えのあるバンバンラジオのステッカー貼ってある軽四が通りかかり、たまたま嫁さんらも計算間違えで早く到着してしまったらしく、そこからは飯をよばれたり温泉浸からしてもろたり、ええ思いをさしてもらったり。風呂場の脱衣所で体重を計ると、3月の健康診断の時から体重が4キロも増えていてびっくりした。昼飯食うのが楽しいなぁと思うて定食くうたり贅沢してたら一遍に肥えてしまったのだろう。8月16日。旅館で1泊さしてもらって、昼前から軽四で舞鶴通って加古川に戻る。夕方、長男の自転車のタイヤのパンク貼りをする。手際悪いなりにパンクは貼れたのだけど、自転車の空気入れるのが超大変で、通常の成人男性なら楽に終わらせれる作業なんだろうけど、私はもう体に筋肉がないのでマウンテンバイク調の太いタイヤに空気入れるだけでヘトヘトで、筋肉がプルプル震えだし、何度も休みながら空気入れを上下し、本当に辛かった。長渕剛や松本人志が体鍛え出す気持ちがなんとなくわかると云うか、自分の父親はこんなに貧弱じゃなかったし、持ってた父親像もこんなんじゃなく、多少は力コブとか見せたり、腕相撲強かったり、ムキムキとかじゃなくていいけどタイヤの空気入れくらいまともに出来るようになりたい。

 

9月に1件やばいブッキングの日が決まりました。大津さんとはマロニエ堂のキウチさんと云う天才です。お見逃しなく。

 

◆ 9.6(水)楽しい夕べに

場所)梅田ハードレイン

大阪市北区天神橋4-7-30 B1 / 06-6357-4681

出演)工藤祐次郎(東京)/ おかちめんこ / カニコーセン / 大津光央 

時間)OP18:30 / ST19:00 

料金)1800円(呑別)